楽天モバイルの料金や無料通話アプリの詳細を解説 | 私自身も乗り換えました♪

今の時代、YouTubeをスマホで観る事が日課になっている人は多いはず。

その延長線上でスマートフォンで動画配信サービス(VOD)を視聴する人も多いと思います。
auはTERASA、ドコモはdTVといった具合に携帯電話会社の関連企業にVODがある時代ですからスマホとVODは切っても切れない間柄な訳ですよ。

といっても別に契約するしないは自由なんですけど。

テレビが無くても別に何ともないけどスマホで動画が見られなくなったらイヤという人はかなりの数に上ると思うのですが、問題はデータ通信料。

自宅などでWi-Fiを利用する場合はデータ通信量を気にする必要はないけど、外出先で利用する場合は常にデータ量を気にしなければならないのが実情。
特に動画を観る人なんですよね。
普通画質で2~3時間視聴すると1GBのデータ量を消費するそうです。

大容量プランとかデータ使い放題プランとか色々とありますけど、結構な追加料金が必要なので何だか勿体ない気がしますよね。

動画をスマホで視聴する時やゲームをする時は必ずWi-Fiでというルールを守っていればデータ通信量を大幅に節約する事は可能だと思いますが、そうは言ってもいつの間にかデータ通信量は蓄積していきます。

何だか知らないけど勝手にネットに繋いで通信するアプリとかがあるんですよ、これが。
設定で自動通信をオフにして節約する事は出来るけど、いつのまにか電池とかもどんどん減っていくし、ハッキリ言って私はスマホを全然使いこなせていません。
私は基本的にインターネットはPCで利用するようにしています。

楽天モバイルを加えて4大キャリア

ところで最近は格安SIMを扱う通称MVNOと呼ばれる通信会社がジワリとシェアを伸ばしてきています。
MVNOは3大キャリア【docomo・au・ソフトバンク】のいずれかの回線をレンタルしてサービスを提供しているので通話品質は問題ありません。
気になるのはデータ通信を行う際の通信速度。
昼休みなど多くの人が利用する時間帯は速度が遅くなることがあるので不満を持つ人が多いようです。

何を隠しましょうか私は楽天モバイルのMVNOと契約しています。
私の場合はスマホで動画を観る事が無いので特にストレスは感じません。

先ほどdocomo・au・ソフトバンクと記述しましたが、現在はMVNOではない独自回線で運営している楽天モバイルを加えて4大キャリアと呼ばないといけないのかも知れません。

私はdocomo回線を借りて運営されているMVNOの方の楽天モバイルユーザーですけどね。

契約しているMVNOの楽天モバイルはいつかサービスが終了する可能性が高いので、独自回線の【Rakuten UN-LIMIT】と契約するか他の通信会社に移るという選択が必要になってきます。

ちなみに現在契約しているのはMVNO(他社の回線を借りている事業者)の楽天モバイル。
独自回線の楽天モバイルはMNO(独自回線の事業者)

2021年3月某日、あまりのお得さに惹かれて独自回線の楽天モバイル(MNO)に契約変更してしまいました。
私の場合は同じ楽天モバイル内でプラン変更をするという扱いたっだので、簡単でしたよ♪

ただ、最初はPCで申し込もうと思ったのですが何故か上手くいかなかった。
最後の申し込みボタンを押した後に白い画面になったまま・・・

仕方なくスマホで試してみたら、すんなり申し込みが完了。
一体何だったのでしょうか!?

楽天モバイルの驚愕の料金プラン

楽天モバイルは使った分だけ支払う料金体系の1プランのみ。

最大料金が2,980円(税込3,278円)、1ヵ月のデータ通信量が1GB未満の場合は基本料が無料という驚くべき料金体系。

仮にデータ通信量で0円になってもユニバーサルサービス料が数円かかるはずなので完全に無料ではないと思いますが、Rakuten Link】という楽天独自のアプリを利用すれば通話料金も一部を除き基本的に無料になるというじゃないですか。
同一名義の2回線目以降の契約は通信料が1GB未満でも980円(税込1,078円)になりますが、それでもお得なのは間違いありません。

料金は非常に魅力的ではあるのだけど、気になるのは楽天モバイルの独自回線の品質ですよ。

三木谷会長によると、人口カバー率を2021年3月末には80%に、さらに2021年夏頃には一気に96%まで引き上げる見通しだそうな。
つまり、あと半年くらいで日本にいる96%の人は楽天モバイルを使用しても問題なく通話が出来るようになるという事。
現在は急ピッチでアンテナを設置しまくっているという事ですな。

通話可能エリアはこれから広がっていくはずなので問題ないと思いますが、データ通信を行う際のスピードはどうなのでしょうか?
他のサイトで実際のユーザーが使用した感想の書き込みを見た限りでは、特に問題はなさそうですけどね。
都市部のランチタイムの混雑時とかでも普通に通信が出来たという人が多いみたいだけど、場所によっては速度が遅くなったり回線が突然切れてしまう事もあるみたいです。

まあ独自回線ですからね、ドコモ・au・ソフトバンクと比較するとまだ発展途上なのは否めないけど、あくまで個人的な感想ですが都市部なら問題が無い様な気がします。

そして他の通信事業者と比べて楽天モバイルの場合はプランが1つだけとシンプルなのが分かりやすい。
1つのプランの中で、利用したデータ量に応じて料金が決まっていくという仕組み。

楽天モバイルの料金体系

■ 0~1GBまで・・・0円/月
■ 1GB~3GBまで・・・980円/月(税込1,078円)
■ 3GB~20GBまで・・・1,980円/月(税込2,178円)
■ 20GB以上は無制限・・・2,980円/月(税込3,278円)

Rakuten Link(楽天リンク)を利用する場合の注意点

通話に関してはRakuten Link】というアプリを利用すると国内通話は無料でかけ放題。
※一部対象外番号アリ(0180)(0570)などから始まる他社接続サービス、特番(188/189)への通話は別途通話料が発生。
※アプリを利用せずに通話した場合は30秒20円

アプリは自分だけがインストールしていれば良いので、相手が他社のスマホでも無料。

しかし無料でかけ放題なのは良いのだけど、初めて使った時に驚いたことがあります。

このアプリは楽天の回線を利用して電話をかけるので、端末がWi-Fiに繋がっている時に電話をかけると自分の電話番号が非通知で相手に発信してしまいます。

つまり端末がWi-Fiではなく楽天回線に繋がっている時じゃないと、相手に番号を通知できない。

家にいる時などに電話をかける場合はWi-Fiをオフにする事をお忘れなく。

この仕様はどうにか改善してもらいたいところです。

ちなみに私はiphoneを利用していますが、Android端末の場合も同様の現象が起きている人がいるみたいです。

SMSは楽天リンクを利用している端末同士のみが無料なのでご注意を。

WEBサイト上の電話番号はコピーしたり紙などにメモした上で、楽天リンクを立ち上げてからコピーした番号を貼り付ける(コピペ)か直接打ち込んで発信しないと無料にならない。
※そのままタップして発信した場合はアプリを利用していないので料金が発生します。

楽天モバイルはiPhoneに対応しているのか!?

楽天モバイル-03

iPhoneに関して2021年3月時点で、楽天モバイルは全般的に動作保証対象外端末となっています。
しかしiosのバージョンや機種によって一部機能を利用できることが確認できていると公式サイトに記載されています。

結論として、利用できるけど自己責任でという事ですね。
ここで注意が必要なのが動作確認が出来ている機種は比較的新しい機種のみ。

上記以外の古い機種は残念ながら楽天モバイルでは利用できないようです。

いつかは楽天モバイルもiPhoneが正式対応するようになると思いますが、まだもう少し待つ必要がありそうです。
要はアップル社からiPhoneの販売許可を貰えるかどうかの話ですね。

2021年4月30日より、楽天モバイルでiphoneが正式に販売される事が決定!

いよいよ始まった感じがしますね。

正式にiPhoneの販売を始めるという事は、当然サポートも正式に受けられるようになります。

そして更なる朗報です!

2021年4月30日からは6s以降の機種が正式に楽天モバイルに対応。
※ただし、iosのバージョンが14.4以降にアップデートされている必要があります。

楽天モバイルはネットをWi-Fiでしか使わない人や子供に持たせるのに最適だと思います。
【Rakuten Link】を使えば通話料も無料だし、現時点では最強ではないでしょうか。
2021年夏ごろには通話エリアの人口カバー率が96%に達する予定。

1年間無料キャンペーンは2021年4月7日に終了。

2021年4月8日から新たなキャンペーンが始まりました(終了日未定)。
「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金3カ月無料キャンペーン

早い話が1年間無料キャンペーンが終わったので、今度は3ヶ月間無料キャンペーンが始まったという事ですが、今回のキャンペーンは終了日が未定です。

現在使用している端末で楽天モバイルに乗り換えるには?

他社で購入した端末を使用して楽天モバイルに乗り換える場合は、SIMロックの解除手続きを行ってSIMフリー化する必要があります。

180日以上利用されない回線は利用停止

2021年7月1日から適用される契約約款の一部変更において、180日間全く利用が無い場合は事前に通知された上で、回線の利用が停止されるようになります。

しかし現時点ではまだ詳しい事は判明していません。

Wi-Fi回線ではなく楽天のネット回線に繋いだ上で、最低でも6ヶ月に一度は通話やネット検索をすれば良いという解釈で良いのでしょうか?

まあこれについては、ある意味仕方が無いと思います。
楽天モバイルだって慈善事業でやっている訳ではないですし、1GBまでなら無料という事自体が破格過ぎるという事ですよね。

いずれ無料ではなくなる可能性も出て来ましたけど、その場合でも1ヵ月500円くらいだったら文句を言う人は少ないのではないでしょうか。
でも、後だしじゃんけん感があるのであまり約款の改悪はしないで頂きたいですけど。

タイトルとURLをコピーしました