おすすめ【YouTubeチャンネル】Part.4 飯テロ・キャンプ・喋る猫

オススメyouTubeチャンネル Part4-i

最近はテレビよりもYouTubeを観る頻度の方が高くなり、テレビ番組はネット動画に飽きた時の箸休め的な存在になっています。

YouTubeの魅力は録画しなくても好きなタイミングで何度でも視聴できる事。
テレビ番組も録画しておけば好きな時に楽しめるのだけど、録画した番組を貯めておけばいつの間にか記録容量が一杯になるのが難点ですよね。

最近は一週間分のテレビ番組を自動的に録画してくれる機器がありますが、古い録画データから順に上書きされるので観ていない番組がいつの間にか消去されてしまいます。
そうなると結局は自分のタイミングで楽しめない仕様という事です
もちろん残しておきたい番組は設定で消去不可にする事も可能。

録画の手間とかを抜きにしても、面白いYouTube番組が増えたので視聴者のテレビ離れは必然なのかも知れませんね。

という訳で、私が個人的にオススメのYouTubeチャンネル紹介企画は今回で第4弾です。

黙飯 MOKU MESHI TOKYO

このチャンネルの概要欄には「美味しいご飯を黙って撮る。」と記載されています。

まさにタイトル通りの「黙飯」ですな。

料理店の厨房にカメラマンが入って撮影するスタイル。
場所は東京が中心となっているそうです。

開店の何時間も前に始まる仕込みの段階から撮影がスタート。
店側は全面協力で、中にはレシピをそのまま公開しているケースも。

家族経営のような小規模店が多くて、昔ながらの懐かしい雰囲気が楽しめます。

客側ではなく店員側の視点で撮影されているので「孤独のグルメ」とは違った飯テロ感。

こういう動画は観ていると食欲を刺激されて、人によっては家を飛び出して近所の大衆食堂に駆け込んでしまう人もいるのではないでしょうか?

YouTube 黙飯 MOKU MESHI TOKYO

少年かむいカレーライス。soto飯

昨今のキャンプブームの中でも、特にソロキャンプというジャンルが流行っているそうです。
文字通り一人で楽しむキャンプの事で、誰にも気兼ねなく好きな時に好きな事が出来るのが醍醐味ですよね。

私自身は完全にインドア派なのでキャンプはやりませんが、キャンプ動画はよく視聴します。

このチャンネルは男性がソロキャンプを楽しんでいる様子を撮影した動画が投稿されているのですが、ポイントは「一人称視点」という事。

撮影者の主観目線、つまり手や足は映るけど体全体は映らないアングルとなっていて、これがまた良いんですよ。

ソロキャンプなので会話は無くて、必要な情報は文字で表示される親切仕様。

チャンネル主のかむいさんは大人の一人時間を満喫している感じで、この動画を観始めると本当に上質な時間を楽しめます。

夜の深い時間に部屋を暗くして視聴するのがオススメ。
もちろん一人で。

YouTube 少年かむいカレーライス。soto飯

ニャンチューバーつくし 【関西弁でしゃべる猫】

猫のつくしちゃんが飼い主家族に対して関西弁で喋りかける楽しすぎる動画。

つくしちゃんが本当に喋っているのではなくアテレコなんですけど、映像とマッチしていてセンス抜群。
さらに関西弁というのが面白さを倍増させていると思います。

他に通称・師匠と呼ばれる先住猫(男の子)がいるのだけど、彼は一切喋らない。
そしてつくしちゃんは師匠の事をオッサンとかゴリラ呼ばわり。
でも師匠の事がなんだかんだで大好き♪

飼い主夫婦の事を「奥さん」・「ご主人」と呼ぶ。

特に「ちょっと奥さん・・・」と話しかけるシリーズが面白い。
この動画のアテレコを担当しているのは、ご主人でしょうかね。

悪事が見つかると師匠に罪を被せようとしたり、影で奥さんの悪口を言ったり、自分の事を「ぼく」と呼ぶつくしちゃんだけど、実は女の子という衝撃の事実(笑)

YouTube ニャンチューバーつくし 【関西弁でしゃべる猫】

YouTubeはテレビの大画面で観た方が楽しい

スマホやタブレットでYouTubeを観る人は多いと思いますが、普段スマホで観ている動画チャンネルをテレビ画面で観てみると印象が全く変わる事があります。

現在家電量販店で販売されているテレビは最初からネット動画を観る機能が備わっているスマートテレビが主流ですが、古いテレビでも【Amazon Fire TV Stick】などを接続すれば簡単にスマートテレビ化が出来るので、まだお持ちでない方はぜひ導入する事をオススメします。

関連記事 【Amazon Fire TV Stick】についての解説

タイトルとURLをコピーしました