外国の映画(洋画)を集めたカテゴリー

SF / ファンタジー

『コンティニュー』あらすじ・感想 | ラストシーンの先にある可能性は3つ

目を覚ました直後に暗殺者に命を狙われるタイムループに陥っている男が、何度も同じ1日を繰り返すうちに事態を打開するヒントを見出していく。全体的にゲームっぽい雰囲気が漂ってコメディ要素もある映画。
SF / ファンタジー

『オーロラの彼方へ』あらすじ・感想 |日本のドラマ「シグナル」の原作となった作品

日本のドラマ『シグナル』は韓国版の同名作品のリメイクだけど『オーロラの彼方へ』は韓国版の原作となった作品。つまり両国の『シグナル』のネタ元となった映画。30年前に亡くなった父と大人になった息子が無線機で時を越えて繋がり連携して凶悪犯を追う。
ヒューマンドラマ

『マイ・インターン』あらすじ・感想 | プラダを着た悪魔と比較してみると面白い作品

急成長中のファッション通販会社を経営している女性が、インターン制度で入社した70歳の新人アシスタントから様々な事を学んでいく映画。人生経験豊富な40歳も年上の部下の助言により公私ともに悩み多き彼女の日常に変化が訪れる。
ホラー / スリラー

『元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件』あらすじ・感想 | 元カップルが上空で迷子に!?

乗り合わせたセスナ機のパイロットが急死し上空で孤立した元恋人同士の二人が、試行錯誤しながら生還を目指す映画。邦題のタイトルからコメディと思われがちだけど、空の上で命懸けの行動を続ける男女が描かれるスリラー作品。
コメディ

『ゴーストバスターズ(2016年版)』あらすじ・感想 | 天才科学者とおバカ事務員

1984年公開の1作目を下敷きにしたリブート(再起動)映画。ゴーストバスターズのメンバーが全員女性で事務員が男性に変更。装備品担当のホルツマン・おバカな男性事務員のケヴィンという二人の存在が面白くて他のメンバーの影が少し薄い印象だったけど、1作目よりこの作品の方が個人的に好き。
コメディ

『ゴーストバスターズ2』あらすじ・感想 | 80年代のニューヨークはお化けの巣窟!?

シリーズ2作目。ニューヨークを救ったゴーストバスターズ社はゴーストの消滅と賠償請求により破産していた。そして再び街にゴーストが出現すると彼らは再結成し市民に歓迎される。アメリカ人のドライすぎる感覚が理解できない(笑)
コメディ

『ゴーストバスターズ』あらすじ・感想 | ゴースト捕獲後の処理はどうするの?

1984年に公開されたシリーズ1作目。ゴースト退治専門の会社を立ち上げた専門家たちが怪奇現象についての依頼を引き受ける。ニューヨークで怪奇現象が頻発するようになった原因は、人間界支配を企む邪神の復活が原因だった!
関連作品 まとめ

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演『バイオハザード』シリーズ全作品をまとめて解説

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の実写版『バイオハザード』シリーズ全作品をまとめて解説。あらすじ・主要登場人物などを紹介。この作品はカプコンのホラーゲームを原作とした映画で全部で6作品が公開されています。
タイトルとURLをコピーしました