ドコモユーザーじゃなくても入会できる『dTV』の特徴とデメリット 韓流コンテンツが豊富

dTV(ディーティービー)の特徴とデメリット-01

dTV(ディーティービー)とはエイベックス通信放送(NTTドコモとエイベックスの合弁会社)が運営している動画配信サービス。
別にドコモユーザーじゃないと契約できない事はなく、誰でも入会が可能。

『dTV』は数ある動画配信サービス会社の一つなのですが、特筆すべきは月額料金の安さ。
1ヶ月の料金は税込で550円!

Amazonプライムビデオとほぼ変わらない業界最安クラス。

関連記事 『Amazonプライム』のメリットと不満点

しかし安いからといって侮ってはいけません。
取り扱っているコンテンツ数は2022年4月の時点で約12万点。
映画・ドラマ・アニメ・音楽・オリジナル番組まで様々。

配信されている映画作品に関しては洋画・邦画共に物足りなく感じて好みが別れるかもしれませんが、海外ドラマが充実しています。
海外ドラマの中では韓国ドラマの取り扱い数が突出しています。

全体的に過去の作品が多い気がしますが普段目にする事がない様な作品が多数あって、恐らくすべてをチェックするのは至難の業というくらいに豊富。

dTVの特徴

dTV(ディーティービー)の特徴とデメリット-02

『dTV』はエイベックスが運営に関係しているので、アーティストのライブ映像も楽しめます。
※avex関連アーティストが多いです。

あとはお笑いの舞台。
テレビではなくて舞台で芸を披露しているライブ作品なので、いつもテレビで見ている芸人さんの姿とはちょっと印象が違ったりして何だか新鮮です。

そして海外ドラマ、特に韓国(韓流)ドラマのラインナップが充実。
韓流ドラマをたっぷり楽しみたい方は『dTV』を選択しておけば間違いないと思います。

オリジナル番組は一見の価値あり

dTVのオリジナル番組の中で漫画が読めるコーナーがあるのですが、自分のペースでページをめくって見る電子書籍の一般的な形式ではなくて、一定時間が経過するごとに次のページに進む形式。
アニメではなくて漫画本のページを一定時間ごとに見進めていく構成。
なんだかYouTube感覚ですね。

他に人気タレントが出演しているオリジナル番組があったりして、配信数が多いので偶然見つけた番組とかにハマる可能性もありますし、全体的に楽しいと思います。

サンドウィッチマンの番組とか出川さんがドッキリを仕掛けられる番組とか、dTVは映画よりもバラエティ系に力を入れている感じ。

dTVの映画は旧作が多い

豊富なコンテンツを配信しているdTVだけど、映画に関してはAmazonプライムビデオの方がラインナップは充実している印象。

Amazonは比較的早い段階で劇場公開が終了した作品が配信される印象だけど、dTVが取り扱っている作品はちょっと古い作品が多い。

コンテンツの種類において、力を入れる方向性が違うのかも知れませんね。

dTVはバラエティ番組や海外(特に韓流)ドラマ、Amazonプライムビデオは映画に強い。
同じような月額料金で最安クラスの両者だけど、使い分けるならここがポイント。

公式サイト 【初回初月無料おためし/dTV】月額550円(税込)映画やドラマ、音楽ライブまで、話題作ゾクゾク追加中!

関連記事 『dTV』の入会方法の解説記事を読んでみる

関連記事 『dTV』の解約方法の解説を読んでみる

dTVの特徴まとめ

dTVの解説-02

映画を思いっきり楽しみたい方はAmazonプライムビデオを利用する方が充実した映画ライフを楽しめると思います。

映画ではなくて、バラエティ番組を見たり韓国ドラマを楽しみたい場合は『dTV』がオススメ。

米国のドラマは『プライムビデオ』の方が充実しているかも知れません。
『dTV』はあくまでアジア系に強いと思ってください。

2022年6月15日以降「TSUTAYA TV」の事業を「dTV」が受け継いで、これから一層の発展が出来る動画配信サービスになります。

dTV
コンテンツ・洋画
・邦画
・アニメ
・国内・海外ドラマ
・バラエティ番組
・音楽ライブ
・dTVオリジナル作品
動画のレンタルまたは購入定額サービス未加入でも利用可
マルチデバイス
(TV・PC・スマホ・タブレットなど)
1アカウントで登録できる端末最大5台
作成できるプロフィール
同時視聴×
1アカウントで1機器のみしか再生できない
無料お試し期間初回利用の場合のみ31日間
ダウンロード機能
月額料金550円(税込)
公式サイトリンク dTV

公式サイト 【初回初月無料おためし/dTV】月額550円(税込)映画やドラマ、音楽ライブまで、話題作ゾクゾク追加中!

関連記事 『dTV』の入会方法の解説

関連記事 『dTV』の解約方法の解説

dTVの不満点(デメリット)

■ 無料お試し期間中に解約すると即時解約となり、残り期間も無効となる。

■ 電話やドコモショップでdTVの解約手続きが出来るのは、ドコモユーザー限定。

■ 配信されている全作品が見放題ではない。
新作などは追加料金を支払わないと視聴できない事が多い。

■ アジア系(韓流)ドラマが充実しているけど、欧米のドラマは微妙。

■ 映画(洋画・邦画)の見放題対象のラインナップは微妙。

複数端末で同時視聴が出来ない。

映画・ドラマ・アニメを動画配信サービスで楽しむ

「dTV」をはじめ「Amazonプライムビデオ」・「U-NEXT」など動画配信サービスについてまとめて比較した記事を作成したので、ぜひご活用ください。

動画配信サービスの入会・解約に関する記事

関連記事 動画配信サービスの「入会・解約」には適切なタイミングがある
※解約しても期間満了まで利用できる場合と、即日利用不可になる場合があります。

関連記事 動画配信サービスの解約(一時停止)と退会(アカウント削除)の違い
※再入会の可能性がある場合は「一時停止」、個人情報を消去したい場合は「完全退会」。

関連記事 サブスク動画配信サービスを「無料期間」中に解約する際の注意点
※無料期間中に解約手続きをしないと、自動的に継続会員として扱われます。

関連記事 重要!サブスク動画配信サービスの解約方法まとめ
※各動画配信サービスの解約手続きの方法をまとめた記事。

動画配信サービスの支払い(決済)に関する記事

関連記事 サブスク動画配信サービスで利用可能なクレジットカード
※各サービス毎に利用できるクレジットカードは異なるので注意。

関連記事 携帯キャリア決済(ドコモ・au・ソフトバンク)が可能な動画配信サービスを比較
※サービス毎にキャリア決済の対応に違いがあります。

関連記事 動画配信サービスにパートナー課金(他社のID)で入会する際の注意点
※公式サイトから直接入会する場合とパートナー企業経由で入会した場合の違いを解説。

関連記事 サブスク動画配信サービスの支払い(決済)方法まとめ
※各サービスで利用できる支払い方法をまとめた記事。

動画配信サービスを比較

関連記事 「無料お試し期間」がある動画配信サービス
※無料期間の長さや注意点などを解説。

関連記事 サブスク会員に入会しなくても「レンタル」ができる動画配信サービス
※定額会員にならなくても単品レンタルできるサービスを解説。

関連記事 複数の端末で「同時視聴」ができる動画配信サービス
※同じ時間帯に利用できる端末制限数はサービス毎に異なります。

関連記事 「ダウンロード機能」が使える動画配信サービス
※ダウンロード機能を使うと通信量を気にせずオフラインで視聴可能。

関連記事 サブスク動画配信サービスの運営会社まとめ
※サブスク動画配信サービスを運営している会社の解説。

タイトルとURLをコピーしました