サブスク動画配信サービスを比較しながら詳しく解説

動画配信サービスを比較-01

ネット上には様々なサブスクリプション(定額制)の動画配信サービスが存在しますが「興味はあるのだけど何を選べば良いか分からない」という方が多いはず。

簡単な方法は自分の望む条件を挙げてみて、消去法で絞っていくやり方です。

希望条件おすすめ動画配信サービス
基本的に無料で楽しみたいGYAO!・ABEMA
映画を中心に楽しみたいU-NEXT・Amazonプライムビデオ・Netflix・ディズニープラス
日本の名作ドラマやバラエティを楽しみたいTELASA・Paravi・FODプレミアム・Hulu
韓国や欧米の海外ドラマを楽しみたいdTV・Netflix・Amazonプライムビデオ
アダルト動画を楽しみたいU-NEXT・DMM見放題ch ライト

簡単に分類すると上記の表の通りになる訳ですが、当ブログで紹介しているだけで12のサービスがあるのだから、これだけあると確かに迷いますよね。

上記条件である程度絞り込みは出来ますが、今度は気になる月額料金で比較してみましょう。

サービス名月額料金(税込)無料お試し期間
GYAO!(ギャオ)無料(有料レンタル作品有り)
ABEMA(アベマ)無料(有料プラン 960円)(ABEMAプレミアム)2週間
U-NEXT(ユーネクスト)2,189円31日間
Amazonプライムビデオ500円30日間
Hulu(フールー)1,026円2週間
Netflix(ネットフリックス)990円~
Disney+(ディズニープラス)990円~
TELASA(テラサ)618円2週間
Paravi(パラビ)1,017円2週間
FODプレミアム976円2週間
dTV(ディーティービー)550円31日間
DMM見放題chライト550円30日間

定額制動画配信サービスについての解約方法も事前にチェックしておいてください。

関連記事 「無料お試し期間」に解約する際の注意点

関連記事 定額会員にならずに「レンタル」だけ利用できるサービス一覧

無料の動画配信サービス

サブスク動画配信サービスの選び方-03

有料の動画配信サービスを利用する前に入門編としてぜひ利用して頂きたいのが、無料の動画配信サービス。

視聴方法は定額制の有料サービスと同じで、公式サイトにアクセスして観たい動画を選んで再生ボタンを押すだけです。

普段からYouTubeを視聴している方は、特に違和感なく利用できると思います。

もちろんテレビ・PC・スマホ・タブレット等に対応しています。

無料の動画配信サービスは途中でCMが入るのが面倒な点ですが、これはYouTubeやテレビ放送と同じなので仕方ありませんね。

GYAO! 主要テレビ局が株主となっているサービス

『Tver』はテレビ番組の見逃し配信がメインなのですが、もうひとつの無料動画配信サービスで『GYAO!』というものがあります。

こちらはソフトバンク系のZホールディングス傘下の会社が運営しているサービスで、日本テレビ放送網・テレビ朝日ホールディングス・TBSホールディングス・テレビ東京ホールディングス・フジテレビジョンといった民放各局が株主として名を連ねています。

『GYAO!』もテレビ局が関わっているので見逃し配信をやっていて、海外ドラマや映画も無料で配信しています。
これがまた凄いんですよ。

特に映画は頻繁に配信作品の入れ替えがあって、少し前の話題作が無料配信されていたりするので宝探し感覚で定期的にチェックしなければなりません(笑)

定額見放題サービスはやっていないですが、最新の映画を有料レンタルする事も出来たりするのが『Tver』とは一味違う点です。

とはいえ有料レンタルが出来る映画のラインナップに関しては、AmazonプライムビデオやU-NEXTの方が豊富なので基本は無料動画配信サービスの部分だけの利用で良いと思います。

関連記事 『GYAO!』の詳しい解説記事を読んでみる

\ 話題になった映画を無料で配信

ABEMA 独自路線のインターネットテレビ局

サイバーエージェントとテレビ朝日が出資して運営している『ABEMA』は、独自の番組表通りに動画をネット配信しているネットテレビ局です。

無料バージョンでは懐かしのアニメやテレビ朝日系の動画、オリジナル番組などを配信しているのですが、『ABEMAプレミアム』という有料サービスに加入すると視聴できる見放題作品が一気に増えます。

独特のサイトなので、人を選ぶサービスといった感じです。

関連記事 『ABEMA』の詳しい解説記事を読んでみる

無料番組だけでも十分に使える /

(番外編)Tver 民放各局が公式に連携したサービス

テレビ番組を観ていて終了間際になると
「この番組をもう一度観たい方は Tver で。」
みたいな表示が目に付くようになった昨今。

『Tver』とは民放の各テレビ局が連携して運営されている公式テレビポータルサイト。

テレビドラマの最新話が放送される直前まで1話前のエピソードを見逃し配信していたり、スポーツをライブ配信している等、民放各局が動画を公式に提供して運営されているサービスです。

日本テレビ系・テレビ朝日系・TBS系・テレビ東京系・フジテレビ系に加えてNHKの番組も取り扱っていて、過去1週間分のテレビ番組を無料で観ることが出来ます。

ドラマだけじゃなくて報道やスポーツにアニメやバラエティまで揃っていますが、テレビ局で放送された番組が100%配信されている訳ではないみたいです。

その辺は権利関係など色々と兼ね合いがあるのではないでしょうか。

自宅のハードディスク機器で番組を録画しなくても『Tver』で配信されている動画を観れば済むというネット時代ならではの嬉しいサービスですね。
1週間が経過して最新話が放送されると、古いエピソードは配信が終了になる可能性が高いので注意が必要です。

番組を見逃してしまった人は1週間以内なら好きな時間にもう一度観ることが出来ます。」というのがコンセプト。
私はリアルタイムであまりテレビを観なくなったので、こういうサービスは本当にありがたくて愛用しています。
なによりも無料なのがうれしいですな。

「Tver」はあくまでテレビ番組の補完サービスという位置付けなので当ブログでは番外編とします。

\ テレビ番組の見逃し配信はコチラ /

映画(洋画・邦画)が充実しているサービス

ネット動画配信サービスを利用したい人の多くが、映画を視聴する事が目的だと思います。

かつてはレンタルショップでDVDをレンタルしていたのが、現在は自宅や外出先で好きな時間にすぐに映画を楽しめるようになりました。

どの動画配信サービスも映画の配信はしているのですが、映画の取り扱い作品が特に充実しているサービスは4つです。

U-NEXT(ユーネクスト) 料金が高いけど家族で楽しめる

定額会員になると、邦画・洋画に加えて140誌以上の雑誌が読み放題になり、さらに特筆すべきは成人向け作品も追加料金なしで楽しめるようになるという点。
※成人向け作品だけで4万作品以上というラインナップの凄さ。

月額料金は2,189円(税込)なので高いですが、無料お試し期間が終了して正規会員になると毎月1,200ポイントが付与されます。
このポイントを上手く利用すれば、見放題対象に含まれていない新作映画・漫画や一般書籍のデジタル版などを追加料金なしで楽しめます。

関連記事 『U-NEXT(ユーネクスト)』の特徴とデメリット

関連記事 『U-NEXT』の入会手順の解説を読んでみる

関連記事 『U-NEXT』の解約方法の解説を読んでみる

\ 見放題動画の数は業界最大級

Amazonプライムビデオ 様々な映画が充実

通販大手のAmazonが運営している動画見放題サービス。
ここの凄いところはAmazonプライム会員の特典に通販の送料無料や動画見放題サービスが含まれている点です。

プライムビデオとは単独のサービスではなくて、プライム会員の特典の一つという事です。

よほどマニアックな作品ではない限りは、邦画も洋画も目的の作品が見つかるのではないでしょうか。

関連記事 『Amazonプライム』の特徴とデメリット

関連記事 『Amazonプライム』の入会方法を詳しく解説

関連記事 『Amazonプライム』会員の解約方法を詳しく解説

\ 入会すると全ての特典が利用できる /

Netflix(ネットフリックス) オリジナル作品の品質が高い

米国の動画配信サービスなのですが、もちろん日本語完全対応です。

ネットフリックスの特徴は配信している全作品が見放題という事。

料金プランの違いは、
・配信画質の違い
・同時視聴できる端末数の違い

プライムビデオやU-NEXTをはじめとする他の動画配信サービスは見放題の作品と追加料金が必要な作品があって、特にネット配信やレンタルが解禁になったばかりの新作は見放題に含まれない事が多いのが残念な点です。

ネットフリックスは独占オリジナル作品も充実していて、中には著名な映画賞を受賞している作品もあるので洋画を思いっきり楽しみたいという人にオススメです。

関連記事 『Netflix(ネットフリックス)』の特徴とデメリット

関連記事 『Netflix(ネットフリックス)』の入会方法を詳しく解説

関連記事 『Netflix(ネットフリックス)』会員の解約方法を詳しく解説

\ 配信動画が全部見放題

Disney+(ディズニープラス) 配信作品がどんどん増加中

ディズニープラス

ウォルト・ディズニー・カンパニー直営の動画配信サイト。

有名な制作スタジオを数多く傘下に持っているので、映画の他に関連するスピンオフ作品を独占配信しているのが強みです。

主な傘下スタジオ代表的な作品
ディズニー■アナと雪の女王
■アラジン
ピクサー■トイ・ストーリー
■モンスターズ・インク
マーベル■アベンジャーズ
スター・ウォーズ■スター・ウォーズ
ナショナル・ジオグラフィック■自然や科学などのノンフィクション
20世紀スタジオ■アバター
■タイタニック

日本の俳優を起用したオリジナル作品を制作したり、さらに日本のテレビ局や制作スタジオとも提携して、このサービスに加入しないと観ることが出来ない動画が増加中。

最近はディズニー色を薄めて様々なジャンルのコンテンツを意欲的に増やしている印象があり、どうやら本気で世界市場を席捲するつもりの模様。

関連記事 『Disney+(ディズニープラス)』の特徴とデメリット

関連記事 『Disney+(ディズニープラス)』入会登録の方法を解説

関連記事 『Disney+(ディズニープラス)』会員の解約方法の解説

全ての作品が見放題

テレビ局系列【TELASA・Paravi・FODプレミアム・Hulu】

サブスク動画配信サービスの選び方-06

日本のテレビ局の系列会社が運営しているサブスク動画配信サービスもあります。
地上波やBS放送だけではなく、ネット配信にも乗り出さないと生き残れない時代なのでしょうね。

映画も配信しているけど、どちらかというと自局系列の過去のドラマやバラエティ番組の配信を売りにしている印象。
過去の懐かしい作品を観たいという人は多いので、テレビ局の強みが生きています。

TELASA(テラサ)Paravi (パラビ)FODプレミアムHulu(フールー)
系列テレビ朝日・テレビ東京
・TBS
フジテレビ日本テレビ
人気番組・科捜研の女
・相棒
・ドクターX
など
・孤独のグルメ
・カンブリア宮殿
・半沢直樹
など
・コンフィデンスマンJP
・古畑任三郎
・世にも奇妙な物語
など
・家売るオンナ
・名探偵コナン
・ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!
など

連続ドラマなら全てのエピソードを一気に楽しめるのがテレビ局系の動画配信サービスの良いところ。
全てのエピソードを配信していない場合もありますが、大抵は揃っています。

映画は1本で約2時間なのでまとまった時間を確保しなければならないけど、テレビドラマやバラエティ番組なら気軽に楽しめるという部分が利点ですね。

関連記事 テレビ局系動画配信サービス4選をまとめた解説記事を読んでみる

TELASA(テラサ) テレビ朝日系コンテンツが楽しめる

テレビ朝日とKDDIが共同出資している動画配信サービス。

テレビ朝日系列のシリーズドラマの過去作や、現在放送中の作品が楽しめるのが特徴。

映画よりも国内ドラマの配信に力を入れている印象で、見放題対象となっている邦画・洋画のラインナップは物足りない。

しかし定額会員に入会せずに利用できるレンタルでは、幅広い映画作品が配信されています。
一本ごとの単価が少し高めなのが痛いところですが、レンタルは魅力♪

関連記事 『TELASA』の特徴とデメリット

関連記事 『TELASA』の入会方法の解説を読んでみる

関連記事 『TELASA』会員の解約方法の解説を読んでみる

\ 大人向けのドラマシリーズを数多く配信 /

Paravi(パラビ) TBS・テレビ東京・WOWOWが楽しめる

TBS・テレビ東京・WOWOWのコンテンツを楽しめる贅沢な動画配信サービス。

国内ドラマの充実度ではテレビ局系の中では1番ではないでしょうか。

映画の配信は物足りないけど、ドラマとバラエティ番組はかなり多いです。

関連記事 『Paravi』の特徴とデメリット

関連記事 『Paravi』の入会方法の解説を読んでみる

関連記事 『Paravi』会員の解約方法の解説を読んでみる

\ ドラマの充実度は1番かも!? /

FODプレミアム フジテレビの名作ドラマを配信

フジテレビが運営してるサブスク動画配信サービス。

数々の人気ドラマを生み出してきたフジテレビの過去作品を楽しめる他に、コチラも長い歴史を誇るアニメのラインナップが秀逸。

洋画や邦画も配信していますが、どちらかというとドラマやアニメを楽しみたい人向けのサービスです。

他の特徴として、会員になると雑誌が読み放題になる特典付き。
ただし、読むことが出来る雑誌はFull版ではなくライト版になります。

関連記事 『FODプレミアム』の特徴とデメリット

関連記事 『FODプレミアム』の入会方法の解説を読んでみる

関連記事 『FODプレミアム』会員の解約方法の解説を読んでみる

\ 過去の名作ドラマを思いっきり楽しめる /

Hulu(フールー) 日本テレビ系のコンテンツを楽しめる

日本テレビ系列の会社が運営しているので、読売巨人軍主催の公式試合は全試合生中継で楽しめるという特徴があります。

日テレは映画制作に出資している事が多く、出資した映画のスピンオフドラマを独占配信するなど、特に邦画に関しては要チェックです。

関連記事 『Hulu(フールー)』の特徴とデメリット

関連記事 『Hulu(フールー)』の入会方法の解説を読んでみる

関連記事 『Hulu(フールー)』会員の解約方法の解説を読んでみる

映画以外にもアニメやバラエティが充実 /

海外ドラマを楽しみたい

国内ドラマよりも海外ドラマが好きな人にオススメなのは『dTV』と『Netflix』です。

dTV 韓流コンテンツが豊富

韓流ドラマにハマっている人におすすめなのが『dTV(ディーティービー)』

『dTV』はドコモユーザー以外でも利用可能な動画配信サービスですのでご安心ください。
最近は映画配信にも力を入れているけど、韓流などのアジア系コンテンツに強いです。

エイベックス系列の会社が運営しているので、音楽コンテンツもK-POPなどアジア系アーティストのライブ映像などが豊富。

関連記事 『dTV』の特徴とデメリット

関連記事 『dTV』の入会方法の解説記事を読んでみる

関連記事 『dTV』の解約方法の解説記事を読んでみる

韓流ドラマが充実していて、料金は業界最安クラス /

Netflix(ネットフリックス) オリジナル作品が充実

ネットフリックス

『Netflix(ネットフリックス)』は映画配信が中心かと思いきや、ドラマにも力が入っています。
米国ドラマの他に韓流、さらには日本の俳優を起用してオリジナルドラマまで配信しています。

日本映画などのコンテンツも取り扱っていますが、欧米のドラマに面白そうな作品が色々とあります。
世界最大の動画配信サービスなので、世界中の良いコンテンツを積極的に配信している印象です。

関連記事 『Netflix(ネットフリックス)』の特徴とデメリット

関連記事 『Netflix』の入会方法の解説記事を読んでみる

関連記事 『Netflix』会員の解約方法の解説記事を読んでみる

オリジナルドラマが高品質 /

成人向け動画(アダルト系)を配信しているサービス

当ブログではアダルト動画専門の配信サービスの紹介はやっておりませんが、一般動画と一緒に成人向け動画を配信しているサービスがありますのでご紹介します。

U-NEXT アダルト動画も追加料金不要

ユーネクスト

まずは『U-NEXT』ですね。
こちらは映画(洋画・邦画)をはじめアニメ・国内外のドラマ・バラエティ番組、さらには雑誌が読み放題だったり、毎月付与されるポイントで新作映画・漫画・一般書籍などを追加料金なしで楽しめるといったサービスが売りなのですが、18禁(アダルト)動画だってもちろん追加料金なしで楽しめます。

ガソリンスタンドに例えると未だに店員さんが給油の他に窓を拭いてくれたり、タイヤの空気圧を点検してくれたりするフルサービスが実施されている感じでしょうか。

「一般の映画を観たくて契約したけど、アダルト動画見放題も勝手に付いてきちゃった♪」
と都合の良い言い訳が出来るという事です。
別に言い訳なんてしなくても、正規のコンテンツなんだから普通に視聴すれば良いのですけどね。
とはいえ、周囲に都合の悪い人物がいない事を確認する必要はありますが。

関連記事 『U-NEXT』の特徴とデメリット

関連記事 『U-NEXT』の入会手順の解説を読んでみる

関連記事 『U-NEXT』の解約方法の解説を読んでみる

アダルト動画も追加料金なしで見放題 /

DMM見放題chライト 管理人イチ押し!

DMM見放題chライト

『DMM見放題ライト』は一般作品と成人向け作品の両方が楽しめる動画配信サービス。

個別にそれぞれ契約するといった野暮な仕様ではなく『U-NEXT』と同様に、

「一般作品を観たくて契約したけど、アダルト専門のFANZAも勝手に付いてきちゃった♪」
FANZAとはDMMのアダルトコンテンツ専門サービスの事。
と都合の良い言い訳が可能です。

とはいえ一般作品のラインナップを見てみると、グラビア系イメージ作品が多くを占め、パチンコ・麻雀・お笑い系が配信されている。
映画は何だかよく分からないヤンキー系が多い印象。

たごやま
たごやま

もうこれ、完全にFANZAがメインやろ!

もはやアダルト系のFANZAを単独で契約する事に躊躇してしまう男性諸氏へ用意された一般作品という名の言い訳としか思えない。
しかもFANZAに関しては毎月120~150本を更新(入れ替え)しているというユーザーを飽きさせないサービスの行き届きっぷり(笑)

月額550円(税込)で2,000本以上の成人動画(&一般動画7,000本)が見放題だし運営母体がDMM.comで安心。
Amazonプライムビデオの月額500円(税込)と組み合わせても、U-NEXTの半額なのでオススメです。

関連記事 『U-NEXT』vs『DMM見放題chライト&Amazonプライムビデオ』どちらが得か比較

関連記事 『DMM見放題ch ライト』の入会方法の解説

関連記事 『DMM見放題ch ライト』の解約方法を解説

\ 手軽にアダルト動画を楽しみたいならココが一番 /

動画配信サービスの携帯キャリア決済の対応表

動画配信サービスはテレビ・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイスに対応しているので、様々な端末で楽しめます。

中でも最近はスマホを利用して動画を楽しむ人が非常に多くて、サービスに加入する際も携帯料金と合算して支払える携帯キャリア決済の対応状況が大きな決め手になります。

サービス名NTTドコモauソフトバンク楽天モバイル
U-NEXT×
Amazonプライム
※Y!mobileも対応
×
Netflix××
Disney+×××
TELASA×××
Paravi×
FODプレミアム×
Hulu
※Y!mobileも対応
×
dTV×××
DMM見放題ch ライト
※DMMポイントチャージ画面から
×
ABEMAプレミアム×
GYAO!のレンタル対象作品××××

現在のところ楽天モバイルに対応している動画配信サービスは無いみたいです。

格安キャリアと契約している場合は、大手キャリアの回線を利用していたとしても決済は出来ませんのでご注意ください。

Y!mobileモバイルなどの大手キャリア傘下の格安携帯会社であれば、将来的に対応する可能性が考えられますが、現在は利用可能なサービスは少ないです。

動画配信サービスをテレビで楽しむために

動画配信サービスやYouTbeはスマホ・PC・タブレットの他にテレビでも楽しめますが、最初から動画配信サービスを楽しむためのシステムが内蔵されているスマートテレビ以外の古いテレビを利用している場合は、専用のアイテムを購入しなければなりません。

関連記事 【Amazon Fire TV Stick】の詳しい解説記事を読んでみる

タイトルとURLをコピーしました