ネット動画配信サービスをテレビで視聴するのに必要なものを解説

最近はネット回線を通じて動画を楽しむサービス、ビデオ・オン・デマンド(VOD)が大人気です。
月額料金を支払えば映画が見放題という触れ込みで、会員数が急増しているそうな。

実写映画だけではなく、雑誌やテレビドラマ、アニメなんかを配信している会社もあります。

有名どころを挙げてみると、
U-NEXT・Hulu・Amazonプライムビデオ・dTV・Netflix・Disney+
色々とありますね。

そもそもVODは、インターネット回線に接続したテレビ・タブレット・スマホなどの端末で動画を視聴するというサービス。
基本的な視聴方法は、どのサービスと契約しても同じような感じです。

タブレットやスマホ端末は何となく分かるけど、どうやってテレビで見るのかという疑問を持つ方が多いと思うので解説します。

まず最初に、テレビとインターネットを接続しないといけません。

前提として、インターネット回線の契約とWi-Fi環境が必要です。

テレビ本体にWi-Fi機器が内蔵されているスマートテレビ

最近のテレビはインターネット接続が当たり前のような仕様になっています。
内蔵されているWi-Fi機能を利用してVODサービスを利用すれば簡単に動画を楽しめます。
簡単といっても初期設定は必要。

ただし、メーカーや機種によって対応しているVODサービスに差異があるのでご注意ください。
この方法は比較的新しい機種に限られます。

ブルーレイ・レコーダーが対応している場合は、そちらでも操作が可能。

パナソニックやソニーなどテレビのメーカーによって対応しているVODに違いがあります。
この辺はもしかすると大人の事情とかがあるのかも知れません。

ストリーミング端末を利用してVODを楽しむ

よほど古いテレビではない限り、本体の裏側にHDMI端子の差込口があると思います。
ここに機器を差し込むだけでそれが受信機となって、VODが利用できるようになるタイプ。
※電源コードが付いているものもありますので、その場合は電源プラグも繋いでください。

この方法であれば、テレビメーカーごとの対応VODサービスを気にする必要がありません。

その名も、メディアストリーミングデバイス

個別のVOD専用端末から、複数のVODサービスに対応した物まで様々。
中でも主要な動画配信サービスに対応しているAmzonの【Fire TV Stick】が人気。

Amazonプライム・ビデオをはじめ、You Tube、Hulu、Netflix、Apple TV、ABEMA、DAZN、dTV、U-NEXTの他にも様々なVODの視聴に対応しています。
この製品に関してはHDMI端子に接続して、電源コードをコンセントに繋げば利用可。

Amazonの製品なので、Amazonのサイトで購入するのが無難だと思いますが他のショッピングサイトでも購入できます。

FireFoxなどのブラウザアプリをインストールすれば、テレビ画面でネットサーフィンも出来ます。

もう一つ比較するとすれば、【Google Chromecast】という製品があります。

私は【Fire TV Stick】しか利用した事が無いので何とも言えませんが、Googleのロゴが付いていない模造品にご注意。
似たような物が出回っているので間違って購入しないようにしてください。
純正品に比べて妙に安いものとかカタカナ表記の物は、VODに対応していない偽物の可能性があります。

ゲーム機を利用してVODを楽しむ

PlayStation3または4、Xbox、WiiUなどのゲーム機をテレビと接続してVODを見る方法。

基本的にPS4以外の機器では、対応サービスが少なかったりするのであまりお勧めしません。

この方法はゲーム機がネット接続できている事が前提です。

VODをテレビの大画面で楽しむ方法まとめ

どのVODサービスがオススメとかそれ以前に、まずテレビで動画配信サービスを受信できる環境を整えなければなりません。

結局、最新のスマートテレビを買う以外の方法では、メディアストリーミングデバイスを利用する事が一般的になります。
VODサービスの月額会費以外に余計な出費となりますが、一度購入すれば壊れない限りはずっと使えるので、最初だけと割り切って頂ければと思います。

ちなみにテレビの大画面で観られなくても構わないという方であれば、スマホやタブレットやPCで気軽にVODを楽しむ事が可能です。
この場合は、メディアストリーミングデバイスを購入する必要はないかと思います。

とは言っても、せっかくならテレビで観たいじゃないですか。
話題の映画やアニメなど、魅力的な動画は大画面で見てこそですよ。

中には家族に内緒でセクシーな動画をこっそり見たいお父さんがいるかも知れない。
そういう場合は自分のスマホとかで楽しめば良いと思いますけど(笑)、映画はやはり大きな画面で見た方が迫力がありますし、その場にいるみんなで楽しめますからね。

タイトルとURLをコピーしました