外国の映画(洋画)を集めたカテゴリー

外国の映画(洋画)を集めたカテゴリー 洋画

海外の映画専門のカテゴリー。
基本はアメリカのハリウッド作品ですが、たまにヨーロッパやアジア系の作品の記事も投稿しています。

邦画と比較するとシリーズ作品が多くて、しかも10年・20年と続いている人気作もあり、その年数分だけ主要俳優は年齢を重ねているので、若い頃と見比べてみるのも面白いと思います。

例えば『ハリー・ポッター』シリーズは、11歳の初々しかったハリーが最終作では青年に成長。
このような作品は稀だけど、『ワイルド・スピード』シリーズも20年続いているので主演のヴィン・ディーゼルは渋みを増してカッコイイ中年になっています。

最近の映画って、若い人よりも30~40代の俳優が主役を務めるケースが増えていますよね。
色々な経験を積んでいる分、演技に厚みがあって見ていて安心感を感じます。
でも字幕版なら自然なのに、吹替え版で観てみると素人声優のせいで台無しになる事もしばしば。
海外の映画は、字幕か吹替えかによって印象も大きく違ってきます。

私は基本的に事前に吹替え声優が誰なのかを調べて、いわゆる素人声優の場合は字幕で観るようにしているのですが、基本吹替え派です。
ただ残念な事に話題作ほど素人声優が起用されてしまうんですよね。
日本のこのシステムはどうにかした方が良いと思います。

文句があるなら字幕で観ろって話ですけど(笑)

アクション / アドベンチャー

『ザ・ロストシティ』あらすじ・感想 | ジャック・トレーナーの安否はエンドクレジットで判明

サンドラ・ブロック主演のアドベンチャー映画。面白い役で登場するブラッド・ピットの最後のオチが衝撃的な作品です。
サスペンス / ミステリー

『ナイル殺人事件』あらすじ・感想 | 相関図がないと分かりにくい

『オリエント急行殺人事件』に続くケネス・ブラナー監督・主演の2作目。1937年が舞台のエジプト・ナイル川に浮かぶ豪華客船で発生した殺人事件に名探偵ポワロが挑む!
コメディ

『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』あらすじ・感想 | 有名俳優を無駄遣いしまくる社会風刺コメディ

実在の金融事件を題材にして主人公がボケまくる、風刺が効きまくった刑事コメディ作品。サミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソンの無駄遣いも面白い!
ホラー / スリラー

『M3GAN ミーガン』のあらすじ・感想 | 一途すぎる狂気のAI人形

高性能AIが搭載された人形のミーガンが暴走して大事件を引き起こすホラー作品。オカルトではなく科学的なホラー作品ですが、将来的にこの作品のような事件が発生しそうな気がします。
ヒューマンドラマ

『50/50 フィフティ・フィフティ』あらすじ・感想 | 弱っている時こそ、バカな友人の存在が心強い

27歳で癌になった青年が、底抜けに明るくて友達想いの友人に支えられて病気と闘っていく実話ベースの物語。友人カイルのお陰で、いつも暗くなりそうな雰囲気がパッと明るくなります。
コメディ

『ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー』あらすじ・感想 | クリスマスイブにバカな男達が人生を見つめ直すコメディ映画

幼馴染みの男3人組がクリスマスイブにバカ騒ぎをして楽しむコメディ作品。ただのおバカ映画ではなく人生を前向きに生きる為のきっかけを得るシーンが描かれていて本家「ハングオーバー」とは一味違います。
アクション / アドベンチャー

『ワイルド・スピード/ファイヤーブースト』あらすじ・感想 | もはや何でもありの展開

「ワイルド・スピード」シリーズ10作目。最強の敵ダンテのキャラが素晴らしい。もはや何でもありとなった「ワイスピ」に驚きの展開が待っています。
アクション / アドベンチャー

『オペレーション・フォーチュン』あらすじ・感想 | ジェイソン・ステイサムが相変わらず無敵

ジェイソン・ステイサム主演のスパイアクション映画。この作品は主役のフォーチュン以外のキャラクターにも見せ場が用意されていて登場人物が無駄遣いになっていません。