外国の映画(洋画)を集めたカテゴリー

外国の映画(洋画)を集めたカテゴリー 洋画

海外の映画専門のカテゴリー。
基本はアメリカのハリウッド作品ですが、たまにヨーロッパやアジア系の作品の記事も投稿しています。

邦画と比較するとシリーズ作品が多くて、しかも10年・20年と続いている人気作もあり、その年数分だけ主要俳優は年齢を重ねているので、若い頃と見比べてみるのも面白いと思います。

例えば『ハリー・ポッター』シリーズは、11歳の初々しかったハリーが最終作では青年に成長。
このような作品は稀だけど、『ワイルド・スピード』シリーズも20年続いているので主演のヴィン・ディーゼルは渋みを増してカッコイイ中年になっています。

最近の映画って、若い人よりも30~40代の俳優が主役を務めるケースが増えていますよね。
色々な経験を積んでいる分、演技に厚みがあって見ていて安心感を感じます。
でも字幕版なら自然なのに、吹替え版で観てみると素人声優のせいで台無しになる事もしばしば。
海外の映画は、字幕か吹替えかによって印象も大きく違ってきます。

私は基本的に事前に吹替え声優が誰なのかを調べて、いわゆる素人声優の場合は字幕で観るようにしているのですが、基本吹替え派です。
ただ残念な事に話題作ほど素人声優が起用されてしまうんですよね。
日本のこのシステムはどうにかした方が良いと思います。

文句があるなら字幕で観ろって話ですけど(笑)

コメディ

『砂漠でサーモン・フィッシング』あらすじ・感想 | 人として器が大きいイケメン二人

イエメンの大富豪から「砂漠でサーモン・フィッシング」がしたいとの依頼を受けた英国の水産学者が無理難題に悪戦苦闘する映画。女性キャラクターに強烈な印象の人がいて主役よりも気になってしまう。
サスペンス / ミステリー

『特捜部Q 知りすぎたマルコ』あらすじ・感想 | 主要キャストが一新されたけど意外と違和感がない!?

『特捜部Q』シリーズ実写映画版5作目。今回から主要キャストが全員入れ替わって再スタート。最初は違和感しかなかったけど、ストーリーが良いのでキャスト変更は途中から気にならなくなった。
アクション / アドベンチャー

『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』あらすじ・感想 | ワンダがまさかのラスボス化

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェーズ4に分類される作品。マルチバース(多次元宇宙)の扉を開いてしまったストレンジがアベンジャーズの魔女ワンダに協力を求めたところ、闇落ちしたワンダがまさかのラスボス化。
アクション / アドベンチャー

『ガンパウダー・ミルクシェイク』あらすじ・感想 | ゲームっぽい演出のアクション作品

「ジュマンジ」シリーズ美人戦士役のカレン・ギラン主演作。失踪した母親と同じ暗殺者となったサムが仕事でしくじって組織に追われる身に。コミカルな要素がある作品なので最後まで飽きずに楽しめます。
アクション / アドベンチャー

『モービウス』あらすじ・感想 | ダークヒーローってそもそもどういう立ち位置?コウモリのDNAを体に宿すリアルバットマン

ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース(SSU)3作目。コウモリ由来の血清によりヴァンパイアとなった虚弱体質の天才医師が、同じく血清により超人的なパワーを得た親友と戦う映画。
SF / ファンタジー

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』あらすじ・感想 | もはや大人向けのファンタジー作品

「ファンタスティック・ビースト」シリーズ3作目。今回はダンブルドア陣営に参加したユーラリー・ヒックスという強力な魔女の存在が大きかった。逆にニュートの兄・・・局長なのに頼りない。
アクション / アドベンチャー

『アンビュランス』あらすじ・感想 | カーチェイスしながら救急車内で緊急オペ!?

マイケル・ベイ監督のアクション映画。銀行強盗中のアクシデントで警察官と救命士を人質に救急車で逃走を図るシャープ兄弟がロスの街中で破壊しまくりのカーチェイスを展開。
ホラー / スリラー

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』あらすじ・感想 | ミラ版よりもホラー色が強い

ミラ・ジョヴォヴィッチ版『バイオハザード』からキャストを一新したリブート(再起動)作品。原作ゲームの雰囲気を踏襲していてホラー要素が強くなったように感じる。ラクーン市警察署長はクズです(笑)
タイトルとURLをコピーしました