外国の映画(洋画)を集めたカテゴリー

外国の映画(洋画)を集めたカテゴリー 洋画

海外の映画専門のカテゴリー。
基本はアメリカのハリウッド作品ですが、たまにヨーロッパやアジア系の作品の記事も投稿しています。

邦画と比較するとシリーズ作品が多くて、しかも10年・20年と続いている人気作もあり、その年数分だけ主要俳優は年齢を重ねているので、若い頃と見比べてみるのも面白いと思います。

例えば『ハリー・ポッター』シリーズは、11歳の初々しかったハリーが最終作では青年に成長。
このような作品は稀だけど、『ワイルド・スピード』シリーズも20年続いているので主演のヴィン・ディーゼルは渋みを増してカッコイイ中年になっています。

最近の映画って、若い人よりも30~40代の俳優が主役を務めるケースが増えていますよね。
色々な経験を積んでいる分、演技に厚みがあって見ていて安心感を感じます。
でも字幕版なら自然なのに、吹替え版で観てみると素人声優のせいで台無しになる事もしばしば。
海外の映画は、字幕か吹替えかによって印象も大きく違ってきます。

私は基本的に事前に吹替え声優が誰なのかを調べて、いわゆる素人声優の場合は字幕で観るようにしているのですが、基本吹替え派です。
ただ残念な事に話題作ほど素人声優が起用されてしまうんですよね。
日本のこのシステムはどうにかした方が良いと思います。

文句があるなら字幕で観ろって話ですけど(笑)

ホラー / スリラー

『バイオハザードII アポカリプス』あらすじ・感想 | ジルはゲームの登場キャラ

実写版シリーズ2作目。アリスが地下研究施設から脱出した2日後、ラクーンシティにウィルスが蔓延し街への爆撃が計画される。アリスは地元警察の特殊部隊員ジルたちと協力しながら安全な場所への脱出を試みる。
ホラー / スリラー

『バイオハザード』あらすじ・感想 | ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の実写版1作目

実写版『バイオハザード』の1作目。巨大複合企業アンブレラ社の地下実験施設でウィルス漏洩が発生し特殊部隊が派遣される。公開されたのは2002年だけど今観ても十分に楽しめる非常にクオリティが高い作品。
2022.01.25
ヒューマンドラマ

『ペーパーマン』あらすじ・感想 | コメディと思いきや、ヒューマンドラマだった

ライアン・レイノルズがスーパーマンみたいな衣装を着ているせいでコメディ映画だと思われがちだけど、中身はヒューマンドラマ。売れない作家と高校生の少女が孤独という共通点で友情を育み、それぞれが前に進むために成長する物語です。
関連作品 まとめ

『ジュマンジ』シリーズ全作品をまとめて解説

ロビン・ウィリアムズの初代版『ジュマンジ』から、ドウェイン・ジョンソン主演の最新作までのあらすじや登場人物を解説。1作目と続編は登場人物が異なるけど、物語は最初からずっと同じ世界観で繋がっています。
関連作品 まとめ

『バッドボーイズ』シリーズ全作品をまとめて解説

この作品はウィル・スミスとマーティン・ローレンスがW主演した刑事アクションコメディの傑作シリーズ。猪突猛進型の独身貴族マイクと平和主義者の既婚者マーカスという組み合わせの刑事コンビがフロリダ州マイアミで起こる麻薬絡みの事件の解決に走り回る!
2022.01.06
関連作品 まとめ

『ハングオーバー!』シリーズ全作品をまとめて解説

映画『ハングオーバー!』シリーズの主な登場人物や各作品のあらすじを解説。結婚前夜のバカ騒ぎが大騒動に発展してしまった男達は、騒動を収束させて結婚式会場に無事辿り着くことが出来るのか!?他に番外編をもう1作紹介しています。
2022.01.11
アクション / アドベンチャー

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』あらすじ・感想 | 怪しい仮面男ピースメイカー

DCエクステンデッド・ユニバース11作目。前作の続編ではなくて上書き作品という位置付けで、注目キャラはピースメイカー。部隊の構成メンバーが悪党なので基本的に使い捨て扱いであり、退場者が続出します。
2021.12.29
アクション / アドベンチャー

『ワイルド・スピード / ジェットブレイク』あらすじ・感想 | ミスター・ノーバディの行方は!?

ワイスピ シリーズ9作目。ミスター・ノーバディからの救難信号を受け、ファミリーが現場に到着すると敵に襲撃される。敵対勢力の中にはドミニクの実弟ジェイコブ、さらにサイファーの姿が!そして東京で命を落としたはずのハンが驚きの復活。
タイトルとURLをコピーしました