洋画の【ヒューマンドラマ】カテゴリーの作品

洋画の【ヒューマンドラマ】カテゴリーの作品 ヒューマンドラマ

いわゆる感動を誘うような内容の作品が多いジャンルです。
『ショーシャンクの空に』なんてその最たる作品ではないでしょうか。
無実の罪で終身刑を言い渡された男が希望を捨てずに劣悪な刑務所での生活に耐えながら、最後は・・・という内容の名作です。

不思議な感覚になるのが『スタン・バイ・ミー』。
子供の頃に一度観て、その後大人になってからもう一度観てみたら全然印象が違った。
視点が変わったというか、全体を見るようになりましたね。
昔は主人公の少年4人組に主眼を置いていたのに、二度目に観た時は一歩引いた目線で他の登場人物の事も気になるようになっていた。

観る年代によって全く違うイメージを持ってしまう作品。
これもまた間違いなく名作ですな。

ヒューマンドラマ

『50/50 フィフティ・フィフティ』あらすじ・感想 | 弱っている時こそ、バカな友人の存在が心強い

27歳で癌になった青年が、底抜けに明るくて友達想いの友人に支えられて病気と闘っていく実話ベースの物語。友人カイルのお陰で、いつも暗くなりそうな雰囲気がパッと明るくなります。
ヒューマンドラマ

『ラストミッション』あらすじ・感想 | 最強なのに病弱なスパイ

ケヴィン・コスナー主演のスパイ作品。アクション要素よりも家族愛を描いたヒューマンドラマとして観た方が良い作品。脚本は『96時間』のリュック・ベッソンで色々と共通点があるけど、全体的にこちらの方がマイルドな印象だった。
ヒューマンドラマ

『オットーという男』あらすじ・感想 | 幸せなひとりぼっちのリメイク版

スウェーデンの映画『幸せなひとりぼっち』をトム・ハンクス主演でリメイクした作品。地域の嫌われ者の偏屈おやじが、近所に越してきたポジティブ過ぎる家族と触れ合う内に本来の優しさを取り戻すヒューマンドラマ。
ヒューマンドラマ

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』あらすじ・感想 | 実話をモチーフにした作品

レストランをクビになった元料理長がフードトラックで再出発を始めると同時に、家族との絆を取り戻していくロードムービー。前向きで明るい気持ちになる映画です。
ヒューマンドラマ

『ショーシャンクの空に』あらすじ・感想 | 鑑賞後の清々しさが心地良い名作

無実の罪でショーシャンク刑務所に収監された男が数々の苦難を乗り越えて自由を手に入れる感動作。最後までこの作品を観終えると不思議と落ち着いた気持ちになります。
ヒューマンドラマ

『エルヴィス』あらすじ・感想 | 死因に謎が残る伝説のロック歌手プレスリーの実話

エルヴィス・プレスリーの人生を実話を基に描いた映画。トム・ハンクスが演じる剛腕マネージャーのパーカー大佐が伝説の男の人生を語り始める。
ヒューマンドラマ

『マイ・インターン』あらすじ・感想 | プラダを着た悪魔と比較してみると面白い作品

急成長中のファッション通販会社を経営している女性が、インターン制度で入社した70歳の新人アシスタントから様々な事を学んでいく映画。人生経験豊富な40歳も年上の部下の助言により公私ともに悩み多き彼女の日常に変化が訪れる。
ヒューマンドラマ

『ペーパーマン』あらすじ・感想 | コメディと思いきや、ヒューマンドラマだった

ライアン・レイノルズがスーパーマンみたいな衣装を着ているせいでコメディ映画だと思われがちだけど、中身はヒューマンドラマ。売れない作家と高校生の少女が孤独という共通点で友情を育み、それぞれが前に進むために成長する物語。