日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー

日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー 邦画

日本の映画専門のカテゴリー。
最近の映画館は洋画よりも邦画の方が観客動員数が多いと聞きます。

書いている記事は新作から懐かしい旧作まで、様々な作品を取り上げています。

私は洋画を観る比率が高いのですが、これに関してはシリーズものを観始めると最後まで観ないと気持ち悪いじゃないですか!?
そういった理由で、シリーズ作品は全作観るようにしています。
とはいえ、ハリウッド作品は平気で10作近く続くので観る方は大変です。
しかもその後に記事を書かないといけないので、結構な覚悟が必要。

海外の映画と比較すると邦画のシリーズ作品は、『男はつらいよ』シリーズのような例外を除いて、大体3作くらいでシリーズが完結する事が多い印象。

そして邦画の大きな利点は吹替えや字幕じゃなくて、そのまま観ることが出来るという事。
何も考えずに普通に観ることが出来るのは非常に大きいですね。
洋画だと吹替え声優のせいで一気に冷めてしまう事があったりするので。
まあ邦画であっても演技が下手すぎる人がいると同様に冷めますが。

といっても私はよほどの事が無い限りは大丈夫ですけどね。
映画を観ていて多少演技が下手なくらいなら文句は言いません。
記事を書いていない映画を含めると1000本以上の作品を観ていますが、ほぼ大丈夫でした(笑)

関連作品 まとめ

本広克行監督の香川県(さぬき)三部作をまとめて解説

本広克行監督による香川県を舞台にした三部作『サマータイムマシン・ブルース』・『UDON』・『曲がれ!スプーン』を解説。全部10年以上前の作品ですが、キャストが豪華で今観ても十分に楽しめる作品ばかりです。三部作は微妙に繋がっている!?
サスペンス / ミステリー

『騙し絵の牙』あらすじ・感想 | 大泉洋を主人公のモデルにした前代未聞の小説が原作

『騙し絵の牙』は最初から俳優の大泉洋を主人公のモデルとして「当て書き」された小説が原作となっている映画です。速水という人物は掴みどころが無く飄々とした雰囲気で、まさに大泉洋そのもののキャラクターでした。
2022.01.17
関連作品 まとめ

実写版とアニメ版の両方を楽しめる映画まとめ

同じタイトルで実写版とアニメ版が制作された映画をご紹介。全体的に実写版は生々しくて、アニメ版はマイルドな印象です。『君の膵臓をたべたい』・『時をかける少女』・『ジョゼと虎と魚たち』・『シティーハンター』
2022.01.01
関連作品 まとめ

映画『探偵はBARにいる』シリーズをまとめて解説

映画『探偵はBARにいる』シリーズ全作品のあらすじ・主要な登場人物を解説しています。このシリーズは札幌を拠点に活動している探偵(大泉洋)が相棒の高田(松田龍平)と共に様々な依頼を受けて事件解決に奔走するコメディ系のミステリー作品です。
2022.01.01
アクション / アドベンチャー

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』あらすじ・感想 | 宇津帆の最後とヒナコの今後

シリーズ2作目。正体を隠して生活している殺し屋ファブルは過去の仕事で命を救ったヒナコと再会する。しかし彼女はファブルに恨みを抱く宇津帆という男の関係者であり、宇津帆は復讐計画にヒナコを利用する事を思いつく。
2022.01.16
サスペンス / ミステリー

『劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班』あらすじ・感想 | 大山巡査部長がまた消された疑惑

地上波連続ドラマ版・スペシャル版の続きとなる劇場版。2009年と2021年が無線機で繋がり未解決事件の解決を目指す物語。テレビの連続ドラマから観ていないと設定などがよく分からないと思います。そして大山巡査部長は、また消された!?
2021.12.21
関連作品 まとめ

実写映画『カイジ』シリーズ全3作をまとめて解説

人気コミック『賭博黙示録カイジ』を原作とした実写映画『カイジ』シリーズ全3作品のあらすじと登場人物(キャスト)を解説。自分にも他人にも甘いダメ人間要素満載の伊藤カイジが主人公で、命や全財産のかかった数々のゲームに挑みます。
2022.01.01
関連作品 まとめ

実写映画『るろうに剣心』シリーズ全5作をまとめて解説

実写版『るろうに剣心』シリーズ全作品の順番や登場人物・あらすじ、原作コミックとの内容の違いなどを解説しています。映画版と原作で内容が決定的に違ったのは3作目で、志々雄が煉獄で東京に到着するという原作になかった展開になっています。
2022.01.01
タイトルとURLをコピーしました