日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー

日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー 邦画

日本の映画専門のカテゴリー。
最近の映画館は洋画よりも邦画の方が観客動員数が多いと聞きます。

書いている記事は新作から懐かしい旧作まで、様々な作品を取り上げています。

私は洋画を観る比率が高いのですが、これに関してはシリーズものを観始めると最後まで観ないと気持ち悪いじゃないですか!?
そういった理由で、シリーズ作品は全作観るようにしています。
とはいえ、ハリウッド作品は平気で10作近く続くので観る方は大変です。
しかもその後に記事を書かないといけないので、結構な覚悟が必要。

海外の映画と比較すると邦画のシリーズ作品は、『男はつらいよ』シリーズのような例外を除いて、大体3作くらいでシリーズが完結する事が多い印象。

そして邦画の大きな利点は吹替えや字幕じゃなくて、そのまま観ることが出来るという事。
何も考えずに普通に観ることが出来るのは非常に大きいですね。
洋画だと吹替え声優のせいで一気に冷めてしまう事があったりするので。
まあ邦画であっても演技が下手すぎる人がいると同様に冷めますが。

といっても私はよほどの事が無い限りは大丈夫ですけどね。
映画を観ていて多少演技が下手なくらいなら文句は言いません。
記事を書いていない映画を含めると1000本以上の作品を観ていますが、ほぼ大丈夫でした(笑)

サスペンス / ミステリー

『マスカレード・ナイト』あらすじ・感想 | 犯人が最後まで推理できない

木村拓哉・長澤まさみ共演の映画『マスカレード・ホテル』の続編。匿名の密告により再びホテル・コルテシア東京で潜入捜査を行う事になった捜査一課。私は犯人の動機が特殊過ぎて最後まで特定する事ができなかった。
2022.06.22
アニメ

『竜とそばかすの姫』あらすじ・感想 | グラフィックが素晴らしく奇麗なアニメ映画

全世界で50億人が利用している仮想空間「U」で人気歌姫として活動しているベルは突然出現した竜の存在が気になり行方を追う。現実世界でトラウマを抱える主人公が、竜との交流を通して前に踏み出し成長していく物語。周囲の人達がみんな優しいのが良い。
2022.06.22
サスペンス / ミステリー

『鳩の撃退法』あらすじ・感想 | 秀吉と倉田は同一人物!?

藤原竜也主演のミステリー映画『鳩の撃退法』のあらすじ・感想。どの部分が事実で、どこからが創作なのか・・・天才小説家が執筆した作品の中のウソと真実の交差が面白い。そしてこの作品は考察が難しい。
2022.06.22
コメディ

『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』あらすじ・感想 | 小池栄子のダミ声(笑)

大泉洋と小池栄子がニセの夫婦役を演じながら愛人宅を回るコメディ映画。戦後間もない時代、文芸雑誌の編集長・田島は複数の愛人との関係を清算するために友人に相談すると、愛人に別れを告げて回る際に「絶世の美女を妻に仕立て同席させる」作戦を提案される。
2022.06.22
SF / ファンタジー

実写版『魔女の宅急便』あらすじ・感想 | ジブリアニメのリメイクではなく原作小説がベースです

実写版『魔女の宅急便』はアニメ版のリメイクではなく原作小説を基に制作された映画。舞台は東洋のとある国の海辺の街コリコ。おソノさんはアニメ版と同様のイメージだけど、ご主人のフクオさんは終始「フフーン」としか言わない変人として描かれている(笑)
2022.06.22
アニメ

アニメ『魔女の宅急便』あらすじ・感想 | 大人になってから観ると印象が違う

スタジオジブリのアニメ『魔女の宅急便』あらすじ・感想。子供の頃に観た時と比較すると、着目点が変わるので作品の印象が大きく違っている事に気付いた。また10年後くらいに観てみるとさらに違う印象を持つかもしれない。
2022.05.28
ヒューマンドラマ

『あの頃。』あらすじ・感想 | 実話に基づく現実離れした物語

『あの頃。男子かしまし物語』というエッセイが原作となっている実話原作の映画。アイドル好きの面々が中学生の延長のような時間を過ごした日々が描かれる。コズミンは悲しい存在なのに仲野太賀がコミカルに演じているので暗くならずに最後まで楽しめます。
2022.06.22
ホラー / スリラー

『キャラクター』あらすじ・感想 | 実在のサイコキラーを主人公にしてしまった漫画家

偶然目撃した一家惨殺事件の犯人を主人公に作品を描いてしまった漫画家が私生活で犯人に付きまとわれるようになり、遂に隠していた秘密を警察に打ち明ける決心をする。漫画の内容に沿った行動をとるサイコキラー役Fukaseがハマり役過ぎて見応え十分。
2022.06.22
タイトルとURLをコピーしました