日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー

日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー 邦画

日本の映画専門のカテゴリー。
最近の映画館は洋画よりも邦画の方が観客動員数が多いと聞きます。

書いている記事は新作から懐かしい旧作まで、様々な作品を取り上げています。

私は洋画を観る比率が高いのですが、これに関してはシリーズものを観始めると最後まで観ないと気持ち悪いじゃないですか!?
そういった理由で、シリーズ作品は全作観るようにしています。
とはいえ、ハリウッド作品は平気で10作近く続くので観る方は大変です。
しかもその後に記事を書かないといけないので、結構な覚悟が必要。

海外の映画と比較すると邦画のシリーズ作品は、『男はつらいよ』シリーズのような例外を除いて、大体3作くらいでシリーズが完結する事が多い印象。

そして邦画の大きな利点は吹替えや字幕じゃなくて、そのまま観ることが出来るという事。
何も考えずに普通に観ることが出来るのは非常に大きいですね。
洋画だと吹替え声優のせいで一気に冷めてしまう事があったりするので。
まあ邦画であっても演技が下手すぎる人がいると同様に冷めますが。

といっても私はよほどの事が無い限りは大丈夫ですけどね。
映画を観ていて多少演技が下手なくらいなら文句は言いません。
記事を書いていない映画を含めると1000本以上の作品を観ていますが、ほぼ大丈夫でした(笑)

コメディ

安田顕主演『私はいったい、何と闘っているのか』あらすじ・感想 | 父親はいざという時だけ頼りになれば良い

お笑い芸人つぶやきシローの小説を安田顕主演で映画化したハートフルコメディ。お人好しで不器用な為いつも空回りしている妄想狂の中年男が、職場と家庭の両方で同時に大きな転機を迎える。
ヒューマンドラマ

永野芽郁主演『そして、バトンは渡された』あらすじ・感想 | 原作小説と映画の違いを比較するのも面白い

2019年に本屋大賞を受賞した『そして、バトンは渡された』の映画版。失踪癖のある母親と複数の継父に育てられた少女の物語。原作小説と映画版では色々と設定に違いがあります。
サスペンス / ミステリー

藤原竜也・松山ケンイチW主演『ノイズ』あらすじ・感想 | なぜイノシシを有効活用しなかった・・・

映画『ノイズ』の感想。藤原竜也・松山ケンイチ・神木隆之介と豪華キャストのサスペンス作品。死体の隠し場所にイノシシを選択していれば完全犯罪が成立したような気がする(笑)
アクション / アドベンチャー

バブル期制作の傑作アクション『いつかギラギラする日』あらすじ・感想 | ロックな生き方をしようぜ!

北海道を舞台にプロの強盗団、ヤクザ、警察が入り乱れてド派手なカーチェイスを展開。今の日本映画では絶対に出来ないCGを使わない爆発しまくりのリアルなカーアクションは見応え抜群。主人公・神崎の不死身っぷりもヤバ過ぎる!
コメディ

長澤まさみ主演『コンフィデンスマンJP 英雄編』あらすじ・感想 | 3作目で小慣れ感があるけど脚本が素晴らしい

『コンフィデンスマンJP』劇場版3作目。前2作と比べて新鮮味は薄れたけど最後まで飽きずに楽しめた。ところで、赤星会長は一体どういう心境の変化があったのでしょうか!?
サスペンス / ミステリー

木村拓哉・長澤まさみ共演『マスカレード・ナイト』あらすじ・感想 | 犯人が最後まで推理できない

木村拓哉・長澤まさみ共演の映画『マスカレード・ホテル』の続編。匿名の密告により再びホテル・コルテシア東京で潜入捜査を行う事になった捜査一課。私は犯人の動機が特殊過ぎて最後まで特定する事ができなかった。
アニメ

アニメ『竜とそばかすの姫』あらすじ・感想 | 美女と野獣がモチーフとなっていて、グラフィックが素晴らしく奇麗

全世界で50億人が利用している仮想空間「U」で人気歌姫として活動しているベルは突然出現した竜の存在が気になり行方を追う。現実世界でトラウマを抱える主人公が竜との交流を通して前に踏み出し成長していく物語。周囲の人達がみんな優しいのが良い。
サスペンス / ミステリー

藤原竜也主演『鳩の撃退法』あらすじ・感想 | 秀吉と倉田は同一人物!?

藤原竜也主演のミステリー映画『鳩の撃退法』のあらすじ・感想。どの部分が事実で、どこからが創作なのか・・・天才小説家が執筆した作品の中のウソと真実の交差が面白い。そしてこの作品は考察が難しい。
タイトルとURLをコピーしました