日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー

日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー 邦画

日本の映画専門のカテゴリー。
最近の映画館は洋画よりも邦画の方が観客動員数が多いと聞きます。

書いている記事は新作から懐かしい旧作まで、様々な作品を取り上げています。

私は洋画を観る比率が高いのですが、これに関してはシリーズものを観始めると最後まで観ないと気持ち悪いじゃないですか!?
そういった理由で、シリーズ作品は全作観るようにしています。
とはいえ、ハリウッド作品は平気で10作近く続くので観る方は大変です。
しかもその後に記事を書かないといけないので、結構な覚悟が必要。

海外の映画と比較すると邦画のシリーズ作品は、『男はつらいよ』シリーズのような例外を除いて、大体3作くらいでシリーズが完結する事が多い印象。

そして邦画の大きな利点は吹替えや字幕じゃなくて、そのまま観ることが出来るという事。
何も考えずに普通に観ることが出来るのは非常に大きいですね。
洋画だと吹替え声優のせいで一気に冷めてしまう事があったりするので。
まあ邦画であっても演技が下手すぎる人がいると同様に冷めますが。

といっても私はよほどの事が無い限りは大丈夫ですけどね。
映画を観ていて多少演技が下手なくらいなら文句は言いません。
記事を書いていない映画を含めると1000本以上の作品を観ていますが、ほぼ大丈夫でした(笑)

ヒューマンドラマ

『浅田家!』あらすじ・感想 | 写真の力は偉大です

実在の写真家・浅田政志氏をモデルにした実話を基にした作品。家族をテーマに写真を撮影する中で、東日本大震災で家族を失った人々を目の当たりにした政志の心の葛藤や、そんな彼をやさしく見守る実家のユニークな家族が描かれる。
ヒューマンドラマ

『461個のおべんとう』あらすじ・感想 | 実話原作の父と子の絆の物語

妻と離婚して息子と二人暮らしになったミュージシャンの父親が、高校に入学する息子と「毎日お弁当を作る、毎日学校に通う」という男の約束を交わす。父親役の井ノ原快彦と息子役の道枝駿佑の息ピッタリで本当の親子に見えるくらいに馴染んでいた。
2021.09.01
コメディ

『俺はまだ本気出してないだけ』あらすじ・感想 | ダメ人間が放つ名言!?

40歳で会社を辞めて漫画家になると宣言した大黒シズオ。自堕落なダメ人間に見えるのだけど、周囲の人達が彼の生き様に影響を受けてしまい新たな人生を模索する事態に。この男は本当にただのダメ人間なのか・・・。
2021.09.01
アニメ

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』あらすじ・感想 | 暗くならない戦争映画としてオススメ

2016年公開の『この世界の片隅に』に約40分の追加シーンを加えたロングバージョンのアニメ映画。第二次大戦末期の広島を舞台に18歳で軍港の街・呉に嫁いだ天然キャラのすずの視点で当時の人々の日常が描かれる。当時の生活と戦争の悲惨さを両方学べる上に、前向きな気持ちで観終えることが出来る傑作。
2021.09.01
ヒューマンドラマ

『青くて痛くて脆い』あらすじ・感想 | 若さゆえの青春時代の暴走!?

同じ大学に通う、人付き合いが苦手な田端楓と理想論を振りかざして周囲から浮いている秋好寿乃は、秘密結社「モアイ」を結成。・・・3年後「モアイ」は変貌し楓は脱退、秋好はこの世界から消滅していた。大学生の“若さ”が暴走する痛い物語。
2021.09.01
ホラー / スリラー

『さんかく窓の外側は夜』あらすじ・感想 | 原作を知らないと分かりにくい

子供の時から霊が見える事で怯えて生きてきた青年と霊を祓う能力を持つ青年が出会い、心霊探偵コンビを結成。オカルトを信じない割に頻繁に仕事を持ち込む刑事から依頼されたのは連続殺人事件の調査。調べていく内に「呪い」の能力を操る少女の存在に行き当たる。
2021.08.21
サスペンス / ミステリー

『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』あらすじ・感想 | 救世主とは言い難い・・・

130人を安楽死に導いた海外の実在の医師をモデルにした小説を映画化。直情型の綾野剛と冷静沈着な北川景子の刑事コンビが良い感じで絡み合っている。ただドクター・デスの行動がなんとも中途半端な気がしてならない。
2021.08.21
アニメ

『紅の豚』あらすじ・感想 | 飛ばねぇ豚はただの豚だ!

自ら魔法をかけて豚の姿になった賞金稼ぎの飛行艇乗りがアメリカから来た腕の良いパイロットと対決。この男はなぜ豚になったのか、二人の女性・ジーナとフィオとの関係はその後どうなったのか・・・色々と謎だらけだけど、個人的にスタジオジブリで一番好きな作品。
2021.09.24
タイトルとURLをコピーしました