洋画の【サスペンス / ミステリー】カテゴリーの作品

洋画の【サスペンス / ミステリー】カテゴリーの作品 サスペンス / ミステリー

サスペンスは観ている者をハラハラドキドキさせるジャンル。
主人公と同じように緊張・不安・恐怖を感じさせて、ラストシーン次第で安心できるのかモヤモヤした気持ちのまま置いてきぼりにされてしまうのか、このへんは監督によって色々と違いが出てきそう。

中途半端で伏線を全く回収しないまま謎だらけで終了してしまう作品も中にはあるみたいだけど、逆に評価の高い作品はしっかりと納得のいく終わり方をする事が多いです。

謎を残したまま終わられると気持ち悪いですからね。
しかもそういう作品に限って続編も制作されないという、意味不明な展開だったりするし。

ミステリーは謎解き要素がメインという事ですな。
サスペンス作品との違いは、謎があるかどうかが一番のポイント。
名探偵とか名刑事なんかが推理力を働かせて犯人を追い詰めていくのは見応えがあるけど、こういう作品は激しいアクションシーンが少ない場合が多いので、大人の映画といった感じ。

映像なんだけど小説を読んでいるイメージでしょうか。
良作ミステリー映画に巡り合うとそんな感覚になるとかならないとか。

サスペンス / ミステリー

『ナイル殺人事件』あらすじ・感想 | 相関図がないと分かりにくい

『オリエント急行殺人事件』に続くケネス・ブラナー監督・主演の2作目。1937年が舞台のエジプト・ナイル川に浮かぶ豪華客船で発生した殺人事件に名探偵ポワロが挑む!
サスペンス / ミステリー

『フェイス / オフ』あらすじ・感想 | ニコラス・ケイジに凶悪犯役は似合わない

昏睡状態の凶悪犯の顔面を手術で入れ替えて潜入捜査中のFBI捜査官の前に、自分の顔を移植した凶悪犯が現れる。
サスペンス / ミステリー

『鑑定士と顔のない依頼人』あらすじ・感想 | ラストは因果応報とも思える

一流の老鑑定士が、姿を見せない若い女性に美術品鑑定の依頼を受けた事から運命の歯車が狂い始めるミステリー作品。ニコラス・ケイジ主演の『マッチスティック・メン』との共通点を感じずにはいられません。
サスペンス / ミステリー

『トレイン・ミッション』あらすじ・感想 | 電車内で権力者の陰謀に巻き込まれたリーアム・ニーソン

会社を解雇された主人公が帰宅中の電車の中で謎の女から妙な依頼を持ち掛けられる。妻子を人質に取られ依頼を受けざるを得なくなった主人公が特定の人物を探すために電車内を動き回るアクション・サスペンス作品。
サスペンス / ミステリー

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』あらすじ・感想 | 犯人の目的を知って納得

ベストセラー小説の翻訳作業で集められた9人の翻訳家たちが、原稿のネット流出事件に巻き込まれるフランスのミステリー映画。地下室で翻訳作業をするという部分は実話に基づいているそうです。
サスペンス / ミステリー

『デジャヴ』あらすじ・感想 | シンプルな一本軸のタイムリープ作品

デンゼル・ワシントン主演のSFサスペンス映画。ラストは完全に過去を改変したけど、運命という名の時間の修正力で最後は帳尻が合うようにできている気がする。
サスペンス / ミステリー

タランティーノ監督『ヘイトフルエイト』あらすじ・感想 | 誰が勝ったのか分からない結末

猛吹雪で山小屋に避難した見知らぬ者同士が腹の探り合いをしながら時を過ごす。誰が敵で誰が味方か、その場にいる全員が疑心暗鬼になり非常に居心地の悪い空間で事件が起こる。
サスペンス / ミステリー

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』あらすじ・感想 | トム・クルーズと同じ走り方の女優を発見

『アウトロー』の続編。今回はジャックの元同僚のターナー少佐が相棒となる。まさかトム・クルーズと同じ走り方をする女優がいるとは(笑)