日本の映画(邦画)を集めたカテゴリー

ヒューマンドラマ

『あの頃。』あらすじ・感想 | 実話に基づく現実離れした物語

『あの頃。男子かしまし物語』というエッセイが原作となっている実話原作の映画。アイドル好きの面々が中学生の延長のような時間を過ごした日々が描かれる。コズミンは悲しい存在なのに仲野太賀がコミカルに演じているので暗くならずに最後まで楽しめます。
ホラー / スリラー

『キャラクター』あらすじ・感想 | 実在のサイコキラーを主人公にしてしまった漫画家

偶然目撃した一家惨殺事件の犯人を主人公に作品を描いてしまった漫画家が私生活で犯人に付きまとわれるようになり、遂に隠していた秘密を警察に打ち明ける決心をする。漫画の内容に沿った行動をとるサイコキラー役Fukaseがハマり役過ぎて見応え十分。
コメディ

『地獄の花園』あらすじ・感想 | バカリズム脚本・ヤンキーOL達の頂上決戦

バカリズム脚本のハチャメチャな設定の映画。直子は日々で繰り広げられるヤンキーOL達の覇権争いを尻目に普通のOLライフを送っていた。ある日、中途採用の元カリスマヤンキー・蘭が社内のヤンキーOL達の頂点に立ち、全国のヤンキーOL達が動き出す。
ヒューマンドラマ

『ドライブ・マイ・カー』あらすじ・感想 | 西島秀俊が演じる家福さんは臆病すぎる気がする

西島秀俊主演。妻を亡くした喪失感を拭えない演出家の男性が、新たな仕事先で専属ドライバーに自分の車の運転を任せて後部座席でいつもと違う景色を眺めながら、見て見ぬふりをしてきた生前の妻の秘密に正面から向き合い人生を見つめ直すさまが描かれる映画。
関連作品 まとめ

キャストが豪華!本広克行監督の香川県(さぬき)三部作のまとめ解説

本広克行監督による香川県を舞台にした三部作『サマータイムマシン・ブルース』・『UDON』・『曲がれ!スプーン』を解説。全部10年以上前の作品ですが、キャストが豪華で今観ても十分に楽しめる作品ばかりです。三部作は微妙に繋がっている!?
サスペンス / ミステリー

『騙し絵の牙』あらすじ・感想 | 大泉洋を主人公のモデルにした前代未聞の小説が原作

『騙し絵の牙』は最初から俳優の大泉洋を主人公のモデルとして「当て書き」された小説が原作となっている映画。速水という人物は掴みどころが無く飄々とした雰囲気で、まさに大泉洋そのもののキャラクターでした。
関連作品 まとめ

実写版とアニメ版の両方を楽しめる映画まとめ

同じタイトルで実写版とアニメ版が制作された映画をご紹介。全体的に実写版は生々しくて、アニメ版はマイルドな印象です。『君の膵臓をたべたい』・『時をかける少女』・『ジョゼと虎と魚たち』・『シティーハンター』・『魔女の宅急便』
関連作品 まとめ

映画『探偵はBARにいる』シリーズをまとめて解説

映画『探偵はBARにいる』シリーズ全作品のあらすじ・主要な登場人物を解説しています。このシリーズは札幌を拠点に活動している探偵(大泉洋)が相棒の高田(松田龍平)と共に様々な依頼を受けて事件解決に奔走するコメディ系のミステリー作品です。
タイトルとURLをコピーしました