『SPY / スパイ』あらすじ・感想 | ジェイソン・ステイサムが足を引っ張りまくるスパイコメディ

『SPY / スパイ』の詳細情報

公開年  : 2015年
上映時間 : 2時間 10分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : ポール・フェイグ
キャスト : メリッサ・マッカーシー / ジェイソン・ステイサム / ローズ・バーン / ミランダ・ハー / ボビー・カナヴェイル / アリソン・ジャネイ / ジュード・ロウ 他

『SPY / スパイ』登場人物(キャスト)

スーザン・クーパー(メリッサ・マッカーシー)
CIAの内勤分析官だったけど、あるトラブルにより現場エージェントに抜擢される。

リック・フォード(ジェイソン・ステイサム)
スーザンの現場投入に反対してCIAを去ったはずが、彼女が行く先々で出没しては面倒事を引き起こす迷惑この上ない男。

レイナ・ボヤノフ(ローズ・バーン)
テロリストに小型核爆弾を売ろうと企む犯罪者。

ブラッドリー・ファイン(ジュード・ロウ)
スーザンとコンビを組んでいたCIA捜査官。
潜入捜査中に殉職。

ナンシー・B・アーティングストール(ミランダ・ハート)
スーザンの同僚で親友、陰に日向にサポートしてくれる頼れる(?)存在。

エレイン・クロッカー(アリソン・ジャネイ)
潜入捜査時になぜかオバチャン系の偽装IDばかり支給する、スーザンの上司。

あらすじ | 内勤から現場に出た機敏なおばちゃんスパイ

スーザン・クーパーはCIA局員ではあるが、内勤で現場のエージェントをサポートをするのが仕事。
ある日、作戦遂行中にパートナーのファインが射殺されてしまう。
射殺した相手はCIAエージェントの情報を把握していると発言。

そこで情報を知られていないスーザンが、現場エージェントとして小型核爆弾の取引阻止任務に就く事に。

元々現場志望だったスーザンは大喜びするが、周囲からの評価は・・・

感想(ネタバレ含む) | おばちゃんスパイ大活躍

実はポッチャリ体型から想像できない機敏な動きが出来るスーザンだが、新人当時の指導教官ファインのアドバイスで内勤に就いていたという事情がある。

彼女の任務はターゲット見つけ出して尾行するだけの任務のはずなのに、何故か毎回その先まで勝手に踏み込んでしまう。

そしてこれから行く先々で、スーザンが現場に出る事に反対していたあの男と遭遇する事になる。

初任務で尾行していた相手と戦闘になるも、なんとか倒したまでは良かったけど相手の死体を見て嘔吐&気絶するスーザン。
医療現場の新人研修では実際に手術の見学中に気分が悪くなる人が結構な割合でいるそうですが、CIAのエージェントが気絶してる場合じゃないでしょうに。

その後、新たなIDを貰ってローマに飛ぶ。
何故か上司からは、おばちゃん系の仕事や家族設定の偽装IDしか貰えない。

現地に到着するとCIAの協力組織に所属する典型的なイタリア人気質の男・アルドと合流。

うんどん
うんどん

この男、中身が完全にちょい悪オヤジのジローラモさんです。
あ、見た目もか。

ターゲットの懐に入り込む事に成功

ターゲットに取り入ったまでは良かったけど、途中で何者かから銃撃を受ける。

傍から見たら小太りのおばさんがスクーターを運転している様にしか見えないけど、巧みな運転テクニックで犯人を追跡。

最初はピザ屋のデリバリー用バイクのみたいな屋根付きタイプに乗り込んで走り出したがバランスを崩して横転。
この部分がこの映画のPVに使われていたシーン。

追跡中に建設現場で固まる前のコンクリートの上を走り作業員達にメチャクチャ文句を言われていたけどそんな事を気にしている場合じゃないし、そもそも言語的に聞き取れずチョット何を言っているのか分からない(笑)

最終的に追い詰めた銃撃犯の正体は思いもよらぬ人物。
スパイの世界というのは色々と複雑なんですね。

行く先々で足を引っ張る邪魔な男

スーザンがターゲットを追い詰めるたびに乱入して来て事態を複雑にする男・フォード。
一応はCIAの優秀なエージェントのはずなんだけど、もはや疫病神でしかない。

ある意味では陰の主役のような存在。

ジェイソン・ステイサムが三枚目の役を演じるのは珍しいけど、意外と似合っている気がする。

登場キャラクターが個性的で面白い

潜入捜査に当たり上司のエイレンから子持ちのオバサン設定のIDを貰う。
他のエージェントはカッコイイ肩書きにして貰うのに、スーザンは毎回変な肩書きばかり。
でもキャラクター設定を考えたエイレンは至って真面目。
彼女は個性的なエージェント達をまとめるヤリ手女性管理職。
しかしどう見てもS気質。

ジェイソン・ステイサムが演じるフォードというエージェントがスーザンの行く先々に出没。
優秀なはずなんだけど肝心な所でドジを踏んでしまう、厄介で迷惑な奴。

スーザンを現場エージェントにするなら自分はCIAを辞めると言って組織を去ったはずなのに、実は辞めていなくて独自に動いていた。

何種類もの毒を同時に飲んだ経験など彼女に数々の武勇伝を語るが、恐らくその時の状況は自身の間抜けなミスのせいでそうせざるを得なかった可能性大。
この男は簡単なミッションを勝手に複雑化するタイプ。
そして何故か全部うまく切り抜けて武勇伝化してしまう強運の持ち主。

この作品を観た他の人の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想を閲覧できます。
※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

ロック様ことドウェイン・ジョンソンが面白い役で出演しているスパイ映画もオススメ。
この作品も内勤の職員が初めて現場に出るスパイコメディ。
ロック様はまだスキンヘッドではない短髪で少しスリムな体系、彼は主役ではありませんけどね。

ゲット・スマート

タイトルとURLをコピーしました