『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』あらすじ・感想 | 二人は何も悪くないのに・・・

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』の詳細情報

公開年  : 2010年
上映時間 : 1時間 29分
製作国  : カナダ・アメリカ合衆国
監督   : イーライ・クレイグ
キャスト : タイラー・ラビン / アラン・テュディック / カトリーナ・ボウデン / ジェシー・モス / フィリップ・グレンジャー 他

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』登場人物(キャスト)

デイル(タイラー・ラビン)
気の優しい巨漢、自分に自信が無いため女の子に対して臆病。

タッカー(アラン・テュディック)
デイルの幼馴染みで、一緒に仕事をしている彼をいつも励ます親友。

アリソン(カトリーナ・ボウデン)
タッカーとデイルに救出された、湖に転落した女子大生。

チャド(ジェシー・モス)
大学生グループのリーダー。

あらすじ | 勘違いが勘違いを呼ぶカオスな展開に

幼なじみの親友同士で一緒に仕事をしている二人組の男達が、とんでもない事件に巻き込まれるコメディ。
コツコツと貯めたお金で念願の別荘を購入した彼らは休暇を過ごす為にその別荘の建つ森へ。

その日の夜、同じく森にキャンプをする為に訪れていた大学生グループの中の一人の女の子を善意で助けた事をきっかけに、勘違いが勘違いを呼ぶとんでもない展開に。

感想(ネタバレ含む) | お互いを殺人鬼、自殺サークルと勘違い

怪しい巨漢二人組の事を殺人鬼と勘違いした大学生達。
ある事がきっかけでグループ内の女の子の一人が彼らに誘拐されたと勘違いして救助する為に行動を起こすのだけど、一人また一人と勝手に自ら命を落としていく。

タッカーとデイルにしてみたら自分たちは何もしていない、それどころか人命救助までしたのにどうしてこんな事に、といった感じ。
そしてタッカー&デイルは、大学生達が自殺願望を持った集団だと勘違い。

女子大生を救助しただけなのに・・・

別荘に到着した二人は夜釣りをしようと小舟で湖にいると、どうやら大学生達も湖で泳いでいる様子。
その中の一人が岩場から足を滑らせて水中に転落してしまった。

二人は慌てて救助に向かい自分達の小舟に引き上げる。
そして近くにいた大学生の集団に、
「キミたちの仲間が溺れたのを助けたから引き取りに来て欲しい」
と言おうとしただけなのに、仲間が殺人鬼に攫われたと思い込んでみんな全速力で逃走。

二人は仕方なく自分達の別荘に連れ帰り、ベッドに寝かせたまま朝を迎えた。
そして目覚めた女子大学生・アリソンは、初めは取り乱していたものの、二人が殺人鬼ではなく心優しい人達だと知り一安心。

仲間を救出する為に作戦を練る大学生達

一方、大学生たちはアリソンを救出する為に別荘の近くで様子を窺う。
リーダー格のチャドはアリソンに思いを寄せているみたいで、一刻も早く救出したいが良い作戦が思い浮かばない。

そんな時、タッカーがチェーンソーを振り回しながら大学生達に迫って来た。
散り散りになって逃げる大学生達。

そりゃそんな状況になったら誰でも逃げますよ。

タッカー側の視点で見ると古木をチェーンソーで切ったら中にスズメバチの巣があって、蜂に追われて逃げていただけ。

大学生達はそんな事情を知る由もなく、いきなり大男がチェーンソーを振り回しながら迫って来たものだから大パニック!
その中の一人が、槍状に尖っている枯れ木に自分から突っ込んで事故死。
ずっとタッカーを見て走っていたので、目の前の枯れ木に気付かなかったらしい。

そんな事件が起こっていた事など知らないタッカーは、蜂に刺されて顔中が腫れた状態で別荘に戻ってくる。

どうやら刺されてみたいですね。

途中で大学生と遭遇したが、彼らは蜂が怖くて逃げたのだと勘違いしているタッカー。

アンタがチェーンソーを振り回して同じ方向に進んでたからや!

アリソンの話では、大学生達は二人の事を殺人鬼と勘違いしているので直接話しかけようにも向こうが警戒して近付いて来ないとの事。
仕方なく大学生達に向けて「友達を預かっている」 という木に彫ったメッセージを残してみる。

単に早く彼女を迎えに来て欲しいという意味なのに、大学生達はアリソンが殺人鬼の人質になったと勘違いし、さらに恐怖心を抱いてしまう。

まあ、これは仕方がない。
少し言葉が足りなかったですね。

もはやこうなっては攻撃に転じるしかないと、大学生達は殺人鬼に立ち向かう決意を固め、次々とタッカーとデイルに襲い掛かるが、その度に勝手に二人の目の前で事故死していく。

今度はタッカーとデイルが大学生達の事を勘違い

この光景を見た二人は、大学生達の正体は自殺協定を結んでいる集団で自分達が巻き込まれたと勘違い。

警察官に職務質問をされた二人は言い訳が出来ない状況だったけど、別荘の中にアリソンがいる事を伝えると、中を確認しに行ったお巡りさん。
だけど、修繕前の別荘には色々と不具合があって運悪く・・・

もはや何人もの仲間が命を落としているので、タッカーとデイルがどれだけ説明しても彼らには届かない状況。

タッカーたちが説明をしようと思ったら大学生の誰かが事故死するの繰り返し。

目の前で勝手に死んでいくものだから、二人にしてみると自殺願望を持った人たちとしか思えない。
この負のループ(笑)

映画のタイトルに「史上最悪にツイてないヤツら」とあるけど、ツイていないとかそういう次元の話ではなくて完全に呪われているレベル。

人間は結局、見た目で9割のイメージが決まる!?

主人公のタッカーとデイル。
二人とも大柄でデイルに至ってはさらにおデブで髭面。
タッカーも髭を生やしているけど、デイルはドワーフ系。

傍から見たら怪しい事この上ない強面コンビ。
実際には気の優しい男達で、特にデイルは自己評価が低くて女の子に声をかける事も出来ないシャイな男。
外見と性格が正反対の親友に対して、もっと自信を持つようにアドバイスするタッカー。

タッカーの助言を聞いて、森に行く前の商店で出会った大学生グループの女の子達に声をかけてみたデイルだけど、妙な笑い方をしたせいで余計に不気味な印象を持たれてしまい、彼らは逃げるようにその場を去って行く。

あのシーンはさすがに他の人でも逃げ出してしまいますよ。
死神の鎌みたいなのを持っていたし(笑)

そして私の勘違いでなければ、劇中のデイルの年齢設定は26歳。
中年の怪しい髭面のデブキャラだと思っていたら、意外にも若かった。

悪気はないのに外見で損をしてしまう男・デイル。
話してみると良いやつなんだけど、みんな話す前に逃げてしまう。
しかし湖で救助したアリソンは話している内に彼の人柄を理解してくれたので、やはり大切なのは見た目ですな。

まずは髭を剃ってみてはどうだろうか。
やはり巨漢の髭面は警戒心を持たれても仕方がありませんよ。
ただでさえ怪しいのでね。

■ Amazon プライムビデオで他の人の感想を読む >>

※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました