この記事はプロモーションを含みます。

映画のサブスクは【U-NEXT・Hulu・アマプラ】の中から選べば間違いない!

本記事で紹介しているサブスク(定額制)動画配信サービスは、私自身すべてのサービスに入会した経験があります。

実際に利用経験があるサブスク
  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • Hulu(フールー)
  • Amazonプライムビデオ
  • Disney+(ディズニープラス)
  • Netflix(ネットフリックス)
  • TELASA(テラサ)
  • FODプレミアム

実際にすべてのサービスを利用(入会)してみた結果、映画メインでサブスクに入会したい場合は次の3つ動画配信サービスの中から選んでおけば間違いないという結論に至りました。

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • Hulu(フールー)
  • Amazonプライムビデオ
個人的に合わなかった動画配信サービス
  • Disney+(ディズニープラス)
    ディズニー傘下スタジオの作品がほとんどなので、幅広い作品を楽しめない。
  • Netflix(ネットフリックス)
    海外ドラマやオリジナル作品は素晴らしいけど、全体のラインナップが好みに合わなかった。
  • TELASA(テラサ)
    テレビ朝日系のテレビドラマやアニメがメインで、映画が少ない。
  • FODプレミアム
    フジテレビ系のドラマやアニメがメインで、映画が少ない。

私は幅広いジャンルの映画をメインに楽しみたかったので上記のサービスは合わないと感じただけで、リストに挙げたサービスが悪いという訳ではありません。

ここからは私がオススメするサブスク動画配信サービスのベスト3選「U-NEXT・Hulu・Amazonプライムビデオ」を比較・解説していきます。

「U-NEXT」・「Hulu」・「Amazonプライムビデオ」の特徴

「U-NEXT(ユーネクスト)」・「Hulu(フールー)」・「Amazonプライムビデオ(アマプラ)」が私がオススメするベスト3のサービスであり、映画の感想記事には基本的に3つのサービスの解説記事に移動するリンクしか貼っていません。

正直、この3つのどれかに入会しておけば間違いと思っているからです。

サービス名月額料金(税込)同時視聴できる端末数一人当たりのコスパ
U-NEXT2,189円4台
※同じ動画は不可
約547円
Hulu1,026円4台
※同一作品は2台まで(例外アリ)
約257円
Amazonプライム600円3台
※同一作品は2台まで
200円
各サービスの詳細は別途解説記事を参考にしてください。
主な特徴
  • U-NEXT(ユーネクスト)
    見放題対象作品の数が国内最大級、アダルト動画も見放題!
  • Hulu(フールー)
    邦画・日テレ系ドラマやアニメ・海外ドラマに強い!
  • Amazonプライムビデオ(アマプラ)
    見放題対象外の作品が多い。
    動画見放題以外の特典も自動的についてくる(通販送料無料・音楽聴き放題など)

同時視聴できる端末数とは同じタイミングで動画を鑑賞できる上限数の事。

例えば「U-NEXT」・「Hulu」なら同じ時間にお父さんが映画、お母さんが海外ドラマ、娘が国内ドラマ、息子がアニメといった感じで異なる端末(スマホやテレビ)で4人が同時に視聴できます。

「Amazonプライムビデオ」の場合は2端末まで同じ動画を同時視聴可能です。

一人が契約するだけで複数のアカウントを作成して利用でき、家族での利用に向いています。
コストパフォーマンスで考えると一人当たり数百円なので非常にお得!

初めてサブスクを利用してみたいと考えている人は「Amazonプライムビデオ」、サブスクに慣れてきたら「Hulu(フールー)」や「U-NEXT(ユーネクスト)」に入会すると良いと思います。

U-NEXT(ユーネクスト)の特徴を解説

「U-NEXT(ユーネクスト)」はUSEN-NEXT HOLDINGS子会社の株式会社U-NEXTが運営しています。

他の二つ(アマプラ・フールー)と比較して月額料金が高いのが特徴ですが、私は十分に価値があると思っています。

見放題対象の動画が多い事や他の二つのサービスにはない大きな特徴として、アダルト作品(AV)が見放題となっています。

2023年にTBSとテレビ東京の作品を配信していた動画配信サービス「Paravi(パラビ)」と統合したので、「U-NEXT」はテレビ局系のサブスクという側面もあります。
※Paravi関連の作品を鑑賞するのに追加料金は不要。

U-NEXT(ユーネクスト)に入会するメリット
  • アマプラやフールーと比較して配信されている作品数が圧倒的に多い!
  • 会員には毎月1,200円相当のポイントが付与されるので、実質月額989円。
    ※ポイントは電子書籍やレンタル作品の購入に利用できる。
  • TBS・テレビ東京系列の動画コンテンツも楽しめる。
  • 成人向け動画(正真正銘のAV)も追加料金なしで見放題!
  • 「雑誌読み放題」の特典が自動的についてくる。
U-NEXTのデメリット
  • 月額料金が高い!
  • 毎月付与されるポイント(1,200円相当)は月額会費に充当できない。
  • レンタル対象外の作品を観るには追加料金が必要。
    ※毎月付与されるポイントを上手く活用すると実質無料で鑑賞できます。
  • 同時視聴は4つの端末で可能だけど、同じ動画は視聴できない。
    ※異なる動画の同時視聴は可能。
  • アダルト動画(AV)は「親アカウント」かつ「ブラウザ(Safari・Chromeなど)」からしか視聴できない。
    アプリからは視聴できないので子供がいる家庭で利用する場合は逆にメリットになるかも!?
  • ダウンロードした作品の視聴期限が短い。
    ※作品により違いがありますが最大48時間。

ポイントを消費して購入した電子書籍や動画はサービスの利用を停止(解約)しても、アカウントを残しておけばいつでも鑑賞可能です。
アカウントの削除(完全退会)をしてしまうと履歴データが削除されるので注意してください。

関連記事 『U-NEXT(ユーネクスト)』の特徴と入会登録の方法

\ 初回利用の場合は31日間のお試し期間があります /

>> U-NEXT(ユーネクスト)公式サイト

無料期間中に解約手続きを行わなかった場合は、自動的に有料会員に移行します。

Hulu(フールー)の特徴を解説

「Hulu(フールー)」を運営しているのは日本テレビのグループ会社のHJホールディングス株式会社です。

アマプラやユーネクストと比較すると映画の見放題作品は少ないですが、日本テレビ系のドラマやアニメを楽しみつつ暇つぶし程度に映画を楽しみたいという人には十分だと思います。

見放題対象外の映画はレンタルDVDのように追加料金を支払ってレンタルする仕組みです。

Hulu(フールー)に入会するメリット
  • 決済に一部デビットカードを利用できる。
  • 日本テレビ系列のドラマやアニメなどを楽しめる。
  • Disney+(ディズニープラス)もお得に利用できるセットプランがある。
    ※Disney+からはセットプランに入会できません。
    ※最初はHuluだけ単独入会して、後からセットプランにアップグレードも可能。
  • 海外ドラマも色々な作品が揃っている。
  • 読売ジャイアンツの主催(ホーム)の公式試合を生中継で楽しめる。
Hulu(フールー)のデメリット
  • 最新作の映画が少ない。
  • シリーズ物に関して、1作目が見放題・2作目がレンタル作品に分かれている事がある。

「Disney+」とのセットプランは両方のサービスを制限なく楽しめるので非常にお得。
ドラマやアニメを「Hulu」で楽しんで、映画を「Disney+」で楽しむといった使い方もできます。

月額料金(税込)
Hulu(フールー)単独1,026円
Disney+(ディズニープラス)単独【スタンダードプラン】990円
【プレミアムプラン】1,320円
「Hulu&Disney+」のセットプラ1,490円
HuluとDisney+の料金

「Hulu&Disney+」のセットプランに加入すると、それぞれ4台まで同時視聴が出来ます。

関連記事 『Hulu(フールー)』の特徴と入会登録の方法

「Hulu」と「Disney+」のセットプランは途中からアップグレードが可能なので、まずは「Hulu」に単独入会してからでも大丈夫です。

>> Hulu(フールー)公式サイト

Amazonプライムビデオ(アマプラ)の特徴を解説

「Amazonプライム(アマプラ)」は名前の通り、Amazonが運営しています。

アマプラは少し特殊で、動画見放題(プライムビデオ)は「Amazonプライム会員」に入会すると自動的に利用できるようになる特典の一つとなっていて、単独でプライムビデオに入会する事は出できません。

プライム会員になると通販の送料が無料になる等の他の特典とセットになっていてプライムビデオと切り離す事ができないので、動画見放題を楽しみたい場合は「Amazonプライム会員」に入会してください。

何だか変なシステムですが、プライムビデオを利用するだけの目的でプライム会員になっても特に問題はありません。
自動的に使えるようになる他の特典を利用するかしないかは入会した人の自由です。

Amazonプライムに入会するメリット
  • とにかく月額料金が安い!
    ※年間会員になるとさらに安くなる。
    ※決済にデビットカードを利用できる。
  • 動画見放題(プライムビデオ)以外の特典も使える。
    ※通販送料無料・音楽聴き放題・書籍読み放題など。
  • 映画以外にも色々と動画コンテンツが豊富。
  • 同時視聴数は3台で、その内2台で同じ動画を視聴できる。
    ※例えば異なる動画1本、同じ動画を2本という形で視聴可能。
Amazonプライムのデメリット
  • 解約すると全ての特典が利用できなくなる。
  • 映画のラインナップは豊富だけど、追加料金が必要なレンタル作品が多い。
    ※関連作が公開されると、レンタル作品が見放題になることがあります。

関連記事 『Amazonプライム』の特徴と入会登録の方法

Amazon通販サイトからでも、プライムビデオの申込み画面からでも、どこから申し込んでも同じプライム会員となります。

>> Amazonプライムビデオの公式サイト

無料期間中に解約手続きを行わなかった場合は、自動的に有料会員に移行します。

「U-NEXT・Hulu・Amazojnプライムビデオ」支払い方法を比較

動画配信サービスの料金支払い方法で代表的なのは、クレジットカード決済と携帯キャリア決済。

「ユーネクスト」・「フールー」・「アマプラ」は各種決済にしっかり対応しています。

サービス名利用できるブランドデビットカード
U-NEXT・VISA
・Master Card
・JCB
・American Express
・Diners Club
明記されていません
Hulu・VISA
・Master Card
・JCB
・American Express
・Diners Club
一部のVISAデビットカードのみ利用可
Amazonプライム・VISA
・Master Card
・JCB
・American Express
・Diners Club
・銀聯
利用可能なクレジットカードと同じブランド
クレジットカード決済の対応表

「携帯キャリア決済」とは携帯電話(スマホ)の利用料金に合算して支払いができる決済方法。

キャリア決済を利用して動画配信サービスに入会したい場合は、決済に使用するスマホを利用して申し込み手続きを行ってください。
※PCから手続きを行うと、キャリア決済の選択肢が出ないと思います。

サービス名NTTドコモauソフトバンク
U-NEXT
Hulu
※Y!mobileも対応
Amazonプライム
※Y!mobileも対応
携帯キャリア決済の対応表

この項目ではクレジットカード・携帯キャリア決済だけを取り上げていますが他にも支払い方法が複数ありますので、ご自身に合った支払い方法を選択してください。

詳しい支払い方法については、個別の解説記事を参考にして頂けると幸いです。

サブスク動画配信サービスは「マルチデバイス」対応

「ユーネクスト」・「フールー」・「アマプラ」はマルチデバイス対応のサービスです。

具体的にはスマホ・タブレット・パソコン・ゲーム機・テレビなどの端末で視聴が可能という事。

スマホで入会手続きをして、テレビで視聴する事も当然できます。

入会手続きは、あくまでサービスを利用する為のアカウントパスワードを設定する手続きなので、入会登録が済んだ後は好きな端末(スマホ・テレビなど)でログインして視聴を開始する仕組みです。

スマホ・タブレット・パソコンはアプリをインストールするか、ブラウザで公式サイトを開いてログインすれば視聴できます。

スマートテレビは動画配信サービスを利用する為の機器が内蔵されているのでスマホと同様に何も追加しなくても利用できますが、古いテレビの場合は専用のアイテムを購入する必要があるので注意してください。

といっても「Amazon Fire TV Stick」を購入してテレビのUSBポートに差し込むだけ。
たったこれだけで、古いテレビがスマートテレビに進化します。
※利用には家庭内でWi-Fi環境が整備されている事が必須。

いくつかバージョンがあるので、無理に高いモデルを購入する必要はありません。

動画をダウンロードしてオフライン視聴も可能

「ユーネクスト」・「フールー」・「アマプラ」は動画のダウンロードに対応しているので、ネットに接続せずにオフラインで動画を鑑賞する事も可能なので、外出先での利用もできて通信量の節約にもなります。

サービス毎にダウンロードできる上限数や保存期間が設定されていますが、この機能は非常に便利です。

サービス名ダウンロードできる端末上限数視聴期限
U-NEXT(ユーネクスト)・「iOS」スマホまたはタブレット
・「Android」スマホまたはタブレット
25本最大48時間
※作品により異なる
Hulu(フールー)・「iOS」スマホまたはタブレット
・「Android」スマホまたはタブレット
25本期限なし
Amazonプライムビデオ・「Amazon Fire」 タブレット
・「iOS」スマホまたはタブレット
・「Android」スマホまたはタブレット
・「Windows 10版」タブレット
25本30日
ダウンロードに関する比較表

サブスク動画配信サービスの解約はスムーズにできる?

「動画配信サービスの特徴は分かったけど、解約時はちゃんとスムーズに手続きが出来るの?」

と不安を抱く方は多いと思いますが、解約は特に難しくはありません。

ただし注意点として、解約(サービスの利用停止)と退会(アカウントの削除)の違いは事前に把握しておいてください。

解約・・・月額サービスの利用を停止するだけで、アカウントは残す。
この場合は再入会する際に余計な情報を入力する手間が省けます。
アカウント情報が残っているので、購入したコンテンツは引き続き楽しむ事ができます。

退会・・・登録した氏名や決済方法など全ての情報を削除する。
購入したコンテンツ情報も消去されて、再入会しても復活しない。

基本的に登録した情報の維持は無料なので、個人情報を残したくないとか再入会は絶対にないといった事情がない限りは、退会ではなく解約に留めておいた方が良いと思います。

解約手続きに関しては個別の詳しい解説記事があるので、ぜひ参考にしてください。

「U-NEXT・Hulu・Amazonプライムビデオ」解説まとめ

サブスク動画配信サービスに入会するならオススメ3つのどれかにしておけば間違いないという私の解説はいかがだったでしょうか?

私の場合は映画をメインに考えているのでこのような感じになりましたが、本記事で解説した動画配信サービスは一人が契約するだけで「U-NEXT(ユーネクスト)」・「Hulu(フールー)」は最大4人まで、「Amazonプライムビデオ」は最大3人まで同時に楽しめる仕様なので本当にお得だと思います。

入会の大きな決め手となるのは無料お試し期間ですが、「Hulu」は無料期間が2023年に廃止されました。

サービス名無料お試し期間無料期間中に解約後すると・・・
U-NEXT(ユーネクスト)31日間即視聴不可になる
Hulu(フールー)
Amazonプライムビデオ30日間30日が満了するまで引き続き利用可能
無料お試し期間について

上記の表を確認して頂くとお分かりになると思いますが、「U-NEXT」は無料期間中に解約手続きを行うとその場で視聴不可になるのに対して、「Amazonプライムビデオ」は無料期間中に解約手続きを行っても30日間の無料体験が終了するまで引き続き利用できるのが特徴であり、私が初心者向けにアマプラをオススメする大きな理由でもあります。

サービス名月額料金(税込)同時視聴できる端末数無料お試し期間
U-NEXT2,189円4台31日間
Hulu1,026円4台
Amazonプライム600円3台30日間
各サービスの詳細は別途解説記事を参考にしてください。
U-NEXT(ユーネクスト)の特徴
デメリット
  • 月額料金が他のサブスクに比べて2,189円と高い!
    しかし毎月自動付与される1,200円分のポイントを活用すると、実質の月額会費が989円となるので考えようによってはお得だと思います。
メリット
  • 取り扱っている作品が豊富で見放題作品が多い。
  • 電子書籍も配信しているので原作と一緒に楽しめる。
  • 1人が契約するだけで、4端末で同時に利用できる。
  • 無料お試し期間が31日間あるので、じっくり試せる。

関連記事 U-NEXT(ユーネクスト)の詳しい解説記事

Hulu(フールー)の特徴
デメリット
  • アマプラやU-NEXTと比較すると映画の取り扱いが少ない。
  • 無料お試し期間がないのが残念。
メリット
  • 1人が契約するだけで、4端末で同時に利用できる。
  • 日本テレビ系列の過去のドラマ・アニメ・バラエティ番組等を楽しめる。
  • 日テレ系動画コンテンツのスピンオフ作品が独占配信されている。
  • 読売巨人軍の公式戦主催(ホーム)試合をリアルタイムで楽しめる。
  • 「ディズニープラス」とのセットプランがお得。

関連記事 Hulu(フールー)の詳しい解説記事

Amazonプライムビデオ(アマプラ)の特徴
デメリット
  • 「プライムビデオ」は見放題対象外のレンタル作品が結構多い。
  • プライム会員を退会すると、全ての特典を利用できなくなる。
    ※プライムビデオの単独入会は不可。
メリット
  • 月額料金が他のサブスクに比べて600円と安い。
  • 1人が契約するだけで、3端末で同時に利用できる。
  • プライム会員になると「動画見放題」の他に「音楽聴き放題」など様々な特典を同時に利用できるようになる。
  • 無料お試し期間が30日間と長く、時間をかけて検討できる。

関連記事 Amazonプライムの入会手順と解約方法の解説