『ドライブ・マイ・カー』あらすじ・感想 | 家福さんが臆病すぎる気がする

『ドライブ・マイ・カー』の詳細情報

公開年  : 2021年
上映時間 : 2時間 59分
監督   : 濱口竜介
キャスト : 西島秀俊 / 三浦透子 / 霧島れいか / 岡田将生 ほか

『ドライブ・マイ・カー』登場人物(キャスト)

家福かふく悠介(西島秀俊)
俳優・舞台演出家。
愛車「サーブ900ターボ」を運転中に妻が吹き込んだテープを流して自分のセリフを覚える事を習慣としている。

家福音(霧島れいか)
夫・悠介との間に娘がいたが幼い頃に肺炎で亡くなっており、それ以降は女優業を引退して脚本家となった。

高槻耕史(岡田将生)
音の作品に出演した事がある若手俳優。

渡利みさき(三浦透子)
悠介が広島に滞在している間、愛車の運転手を務める事になった女性。

あらすじ | 悩んでいるのはみんな同じ

舞台俳優で演出家の家福は脚本家の妻と幸せに暮らしていたが、ある日突然、妻が若くして他界。

2年後、広島で舞台演出の仕事を引き受けた家福は愛車で現地に向かった。

演劇祭の主催者側のルールに従い愛車の運転を専属ドライバーに任せる事になった彼は、後部座席からいつもと違う景色を眺めながらこれまでの人生を振り返り、今まで目を背けてきた事実と向き合い始める。

感想(ネタバレ含む) | 村上春樹作品が原作の大人の映画

村上春樹氏の短編小説集に収録されている「ドライブ・マイ・カー」が原作なのですが、短編小説がネタ元なのに映画は約3時間という長丁場。

3時間の内、2時間は小説を読んでいるみたいな感覚でスローテンポなのだけど、残りの1時間で物語が急に進んでいきます。

観終えた感想として、2時間に収めようと思えばできなくもなさそうだけど、時間を短縮すると普通の映画になってしまって世界中の映画祭で高い評価を得る事もなかった気がする。
人間の心理を丁寧に描くには3時間という長尺が必要だったのかも知れないとも思う。

村上春樹氏の小説は読んだ事が無いですが、毎年のようにノーベル文学賞の候補に挙がる凄い人という事は知っています。

この映画は、子供が観ても何が面白いのか理解できない作品だと思います。
大人が観ても好き嫌いが分かれそうな印象を持ちました。

ちなみにこの作品は『ドライブ・マイ・カー インターナショナル版』となっていますが、他にオリジナル版があるという事ではなく単に世界中で劇場公開された作品であるという意味らしく、このバージョン1つしか種類は無いみたいです。

実は音の秘密を知っていた家福

海外の仕事に出発した家福が天候トラブルでフライトが1日延期となり、妻に連絡せずに帰宅した時に衝撃の光景が目に飛び込んでくる。

妻の秘密を目の当たりにしてしまった家福は、彼女に気付かれないようにそっと玄関のドアを閉めて退散。

文字通り目を背けたというか、早い話が目の前の問題から逃げてしまった訳ですよ。

音は夫にはバレていないと思っている。

妻の秘密を知ってしまった時の家福さんは、どのような行動をとるのが正解だったのでしょうね。

その後は何事も無かったかのように夫婦は日常生活を続けるのだけど、ある日突然、音がくも膜下出血で他界してしまう。

前半のポイントはココです。
音が亡くなってしまった事により、夫婦間の問題が永遠に解消できないままになってしまった。

人生を見つめ直す家福

音が他界してから2年後に舞台演出の仕事で広島に滞在する事になった家福。

その時に愛車の運転を主催者側に禁じられて専属ドライバーが付くことになるのだけど、いつもは自分で運転していた愛車の後部座席に座る事になった家福が色々と人生を振り返るようになるのが後半のポイント。

音が他界するまでは夫婦間の問題に対して見て見ぬふりをしていた家福だけど、一人になって人生を見つめ直した時に、自分は逃げていただけで問題に正面から向き合っていなかったことを強く意識し始める。

私は、あの時に彼がそっとドアを閉めて見なかった事にしたのも、ある意味では1つの正解のような気がする。

音には夫と話し合いたい気持ちがあって引け目を感じているような描写があったし、少し時間を置けば問題を解決できて新たな夫婦関係のスタートを切れたかもしれない。

大きな誤算は、音が他界してしまったという事。
時間を置くどころか、時間が永遠にストップしてしまった訳ですからね。

自分で折り合いを付けて納得するしかない

音と怪しい関係だった若手俳優の高槻に対しての家福の接し方も印象的。

自分が演出する舞台に出演する高槻に対して仕事人として向き合い、妻との事は何も追求しない。

これは家福さんが大人なのか、それともただ臆病なだけなのか・・・。
彼の中では色々と葛藤があるのだろうけど、自分の感情だけを相手にストレートぶつけるのではなくて様々な事を加味した上での高槻への対応は、私は大人なのだと思います。

そんな家福さんに対して高槻ですよ。
音への思いを家福の横で真剣に語っていたけど、車の後部座席で話し合うシーンは単なる独りよがりの青二才といった感じで彼の人間的な未熟さがヒシヒシと伝わってきます。

家福さんの気持ちを考えずに、自分の言いたい事を言っただけの自己満足野郎という印象。

おいも
おいも

人としての修業が足らんな、高槻クンよ。

家福さんからも「役者としてはともかく、社会人としては失格」と評価されていた高槻。

青二才の高槻に対して、専属ドライバーのみさきは23歳にして壮絶な人生を乗り越えてきた精神的にタフで大人な女性。

みさきは家福の背中を押して負の感情を吐き出させて前を向くきっかけを作った人物。

彼女が家福を変える事になったのは間違いないけど、ラストシーンはなぜあの場所?

「故郷」というキーワードを考えると、彼女の本当の故郷はあの場所だったのかも知れない。
色々と想像できる終わり方だったけど、前向きな展開なのは間違いなさそうで良かった。

人生における悩みというのは、最終的には自分の気持ちと向き合って無理やりにでも納得するしかない気がするけど、誰かにそのキッカケを作ってもらうと気持ちを切り替えやすいというか、行動しやすくなりますよね。

背中を押してくれる存在って大切ですな。

家福さんだけではなく、みさきも、心に抱えていた想いを吐き出した事で体が軽くなって前向きになれたのだと思います。

そして青二才・高槻も、あんな事になったけど納得してスッキリした表情に見えた。
とはいえ、彼の行動は絶対にダメですけどね。

動画配信サービスで『ドライブ・マイ・カー』を楽しむ

「U-NEXT」や「Amazonプライムビデオ」で配信されている映画は、新作の期間だけ見放題対象に含まれずに追加料金を支払わないと視聴できない事が多いです。

数ヶ月経過すると見放題に含まれることが多いのですがタイミングはまちまちです。

一刻も早く視聴したい場合は数百円の追加料金を支払って動画をレンタルするしかありませんが、話題になった作品ほどレンタル料金が高くなる傾向にあります。

観たい作品が特定の1本だけの場合は定額会員にならなくても動画をレンタルできる「Amazonプライムビデオ」の利用が便利ですし、見放題サービスを利用したい場合は目当ての作品が見放題対象になるまで定期的に公式サイトをチェックしてから入会してください。

関連記事 迷っている方必見!動画配信サービスの適切な選び方

タイトルとURLをコピーしました