『台風家族』あらすじ・感想 | 草彅剛が訳アリのクズ男を熱演!

『台風家族』の詳細情報

公開年  : 2019年
上映時間 : 1時間 48分
監督   : 市井昌秀
キャスト : 草彅剛 / 新井浩文 / MEGUMI / 中村倫也 / 尾野真千子 / 甲田まひる / 若葉竜也 / 榊原るみ / 藤竜也 ほか

『台風家族』登場人物(キャスト)

鈴木小鉄(草彅剛)
鈴木家長男、とにかく金に汚いクズな性格。

鈴木美代子(尾野真千子)
小鉄の妻、控えめな性格で夫を見守る。

鈴木ユズキ(甲田まひる)
小鉄・美代子の娘、非常に高いピアノの才能を持つ。

鈴木京介(新井浩文)
鈴木家次男、IT企業の経営者で唯一の常識人!?

鈴木麗奈(MEGUMI)
鈴木家長女、男を見る目が無いおバカ。

佐藤登志雄(若葉竜也)
麗奈の彼氏、何かと騒がしいおバカ。

鈴木千尋(中村倫也)
鈴木家三男、ある意味で今風の感覚を持つブッ飛んだ末っ子。

鈴木一鉄(藤竜也)
鈴木家の父、過去に銀行強盗事件を起こして現在失踪中。

鈴木光子(榊原るみ)
鈴木家の母、一鉄と共に失踪中。

あらすじ | 犯罪者の両親とその子供達

銀行強盗をした末に行方不明になった両親の形だけの葬儀を行う為に、10年ぶりに集まった兄弟たちの長い一日。

全員で遺産相続について協議するはずが、事件当時の関係者が登場して話は思わぬ方向に流れていく。

感想(ネタバレ含む) | 遺産相続争いが思わぬ方向に

事件当時は子供たちは全員実家を出て独立していたので無関係。
しかし当時は世間から冷たい視線や声を浴びて辛い思いをしてきた四人の子供達。

自分のあずかり知らぬところで親が強盗事件を起こしてニュースになるなんて、シャレにならない位にキツイ話ですよ。
強盗犯の子供というだけでマスコミに追われ、一般人からも暴言を浴びせられる日々。

両親が銀行で2000万円の強盗事件を起こした後に行方不明になったまま10年が過ぎた。

人の噂も七十五日といいますが、もう10年も経てば誰も当時の話なんてしないし、街ですれ違っても、職場の同僚も、誰も強盗犯の子供だなんて知らない。

熱しやすくて冷めやすい、世間とは所詮そんなものですよ。

今回鈴木家の子供たちが実家に集まった理由は、両親の葬儀をするため。
といっても両親は二人とも行方不明なので、形だけのもの。
実家の家業は皮肉にも葬儀店。

行方不明になってから一定期間が経過しても依然として生死が不明な場合は、法律上死亡したとみなすことができる制度が失踪宣告。
厳密には7年間音沙汰がなければ、この制度を利用して相続手続きを開始することができる。

集まったのは長男の小鉄と妻の美代子、そして娘のユズキ。
続いて長女の麗奈が到着。
そこに萬福寺の住職がやって来たので、とりあえず葬儀が始まる。
式の途中で次男の京介が到着するが、末っ子の千尋の姿はない。

住職を見送る小鉄は、丁寧にお辞儀。

この時点で怪しい人物が二人。

住職の胡散臭さはもちろんだけど、頭を下げている小鉄の首にはコルセット。
つい先日、追突事故に巻き込まれたという話だけど、その割には柔軟に体が動いているように見える。
普通ムチ打ちになったら、深々とお辞儀なんてできませんよね。

とりあえず小鉄への疑惑は置いておいて、なかなか現れない三男の千尋。
代わりにやって来たのは金髪のチャラチャラしたバカっぽい男。
正体は麗奈の恋人・登志雄。
兄弟への挨拶も兼ねて顔を出したらしい。
見た目とは違って律儀な男ですね、バカ丸出しだけど。

次男の京介はIT系の会社を経営していて、時々携帯で部下とやり取り。
なかなかのヤリ手っぽい感じ。

麗奈と登志雄は物置で×××。
この二人はタイプが違うだけで共通しておバカ。

ゲスな長男と現代っ子三男

結局千尋不在のまま、遺産相続の話が始まる。
ここで小鉄が意地汚さを発揮。

京介と麗奈は進学したので、高卒の自分は一番多く取り分を頂く権利があると主張。

たごやま
たごやま

・・・こいつ、クズやな。

京介や麗奈の話を聞く限りでは家業を継ぐ継がないは別として、進学しようと思えばさせて貰えたんじゃないでしょうかね。
勝手に家を飛び出して好き勝手に生きて、遺産は一番多く貰うって、それはちょっと。

弟と妹の態度に開き直った小鉄は、首のコルセットを外して放り投げる。

たごやま
たごやま

やっぱりか、とことんクズやなこの男。

そして小鉄ほどじゃないけど、京介と麗奈にも同じ血が流れていると思われる一面がある。
この兄妹・・・醜い、非常に醜い。

そんな父と叔父・叔母の姿を冷めた目で見つめる娘のユズキ。
完全に軽蔑の眼差し。

ふと小鉄は、誰が葬儀を手配したのかと疑問を呈す。

京介と麗奈は葬儀の手配をしたのは小鉄だと思っていて、案内ハガキも差出人は小鉄。
小鉄への案内は京介からとなっていた。

なんだか変な空気になってきたところで、ユズキが視線を感じると発言。
その直後に現れたのは三男の千尋。

今回の葬儀を手配したのは千尋。
そしてその目的は遺産ではなく、とんでもない理由。

今までの一連の鈴木家のやり取りは全て見ていたとの事。

また危険な香りのする男が出て来ました。

しかしこれに対して怒るどころか、ゲス長男はある要求を突きつける。
ぶっ飛んだ長男と末っ子、あきれる中間子二人という構図。

厳密に見ると、長女もぶっ飛び系ですかね。

唯一まともなのが次男の京介。
演じている役者が問題児だったのが皮肉だけど。

そんな中、納屋で何やらモゾモゾしている登志雄の姿を発見。

おいも
おいも

そういえば忘れてたけど何をしてるんや、コイツは。

隠されていた秘密が発覚

おバカが何をしていたかはともかく、小鉄たちは、両親の衝撃的な秘密を知る。

メチャクチャ衝撃的。
何でこの事を隠していたのか。

子供達に迷惑をかけたくなかったのか、色々と事情はあるだろうけど難しい問題ですよね。

家族全員が集まったので、千尋が両親がどこに行ったのかもう一度改めて検証してみようと発言するけど、基本的に父親に憎しみしか抱いていない小鉄は遺産にしか興味が無い。

気持ちイイ程のゲスっぷり。

何とか冷静に話し合える状況に落ち着いた鈴木家に、突然の来訪者。

それぞれ別個に二人の人物がやってくるのだけど、一方の訪問者からはパンチの利いた話、もう一方からはパンチどころか金属バットで殴られたような衝撃的な話。

親の心子知らずというやつですよ。
小鉄の本心を知る直前までのユズキとの関係にも当てはまりますね。

不器用な部分は父からしっかり受け継いでいる小鉄。

クズなのに勘のいい男・小鉄

家族会議中にある事をひらめく小鉄。
クズのくせに勘のイイ男。

ここから先はツッコミどころが連発。

強盗をした時に霊柩車で逃亡した一鉄だけど、本当に今まで誰にも気づかれなかったのか。

様々な車がある中でトップクラスに目立つ霊柩車なんだから誰かしらが目撃しているはず。

作中で描写は無かったけど金もそのままだったんでしょうかね。
そもそも車が発見されたかどうかも分からないままだけど。

後悔先に立たず、元気なうちに親孝行をしないといけませんね。
それが出来たら誰も苦労はしないんですけど。

この作品を観た他の人の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想を閲覧できます。
※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

小鉄はただのクズではない

この作品の『台風家族』というタイトルの意味は、本物の台風が直撃している気象状況での騒動と台風のように騒がしい曲者揃いの家族、という二つをかけているのかなと思います。

他にも何か意味が込められているのかも知れないですけど。

気持ち良いクズっぷりを見せた草彅剛扮する小鉄だけど、後半からイメージが変化。
あえて言うなら、愛すべきクズ。

草彅剛と同じ元SMAPで稲垣吾郎主演の『半世界』も見応えがあるヒューマンドラマ。
人生について考えたい人にオススメ。

タイトルとURLをコピーしました