『コンフィデンスマンJP 英雄編』あらすじ・感想 | 3作目で小慣れ感があるけど脚本が素晴らしい

『コンフィデンスマンJP 英雄編』の詳細情報

公開年  : 2022年
上映時間 : 1時間 56分
監督   : 田中亮
キャスト : 長澤まさみ / 東出昌大 / 小手伸也 / 小日向文世 / 松重豊 / 瀬戸康史 / 城田優 / 生田絵梨花 / 広末涼子 / 織田梨沙 / 関水渚 / 赤ペン瀧川 / 石黒賢 / 梶原善 / 徳永えり / 高嶋政宏 / 生瀬勝久 / 真木よう子 / 角野卓造 / 江口洋介 ほか

『コンフィデンスマンJP 英雄編』登場人物(キャスト)

ダー子(長澤まさみ)
天才的な頭脳を持ち、様々な人物になり切る事ができる。

ボクちゃん(東出昌大)
いつもダー子やリチャードに振り回されている、極度のお人好し。

リチャード(小日向文世)
ダー子、ボクちゃんと共に信用詐欺師として活動している変装の達人。

五十嵐(小手伸也)
気が付くと、いつの間にかそこにいる男。
潜入調査の達人。

おいも
おいも

いたのか、五十嵐・・・

コックリ(関水渚)
ヤマンバという詐欺師にこき使われていたところをダー子に拾われて以来、彼女を慕うようになった女性。
その後、ミシェル・フウとして大富豪フウ家の当主となった。

モナコ(織田梨沙)
ダー子の一番弟子。

波子(広末涼子)
現在はリチャードと手を組む事が多い、未亡人詐欺師。

三代目ツチノコ(角野卓造)
私腹を肥やす金持ちから奪った金品を貧しい人々に分け与えている、伝説のコンフィデンスマン。

ジェラール・ゴンザレス(城田優)
怪しいビジネスで財を成し、若くしてリタイア生活を送る元マフィア。

マルセル真梨邑(瀬戸康史)
インターポールのヤリ手捜査官。

丹波(松重豊)
日本からダー子達を逮捕するためにやってきた警視庁の刑事。

赤星栄介(江口洋介)
何度もダー子達に煮え湯を飲まされている、日本の裏社会を仕切るゴッドファーザー。

『コンフィデンスマンJP 英雄編』あらすじ

当代随一のコンフィデンスマンに受け継がれる称号「ツチノコ」をめぐり、ダー子、ボクちゃん、リチャードの三人が地中海のマルタ島を舞台に騙し合いを展開する。

しかし三人の元にはインターポール、さらに日本の警察の捜査の手が迫っていた。

感想(ネタバレ含む) | 赤星会長が心変わり!?

ダー子達にとって師匠のような存在である伝説の詐欺師「三代目ツチノコ」が亡くなり、新たなツチノコの称号をめぐり三人が敵同士となり真剣勝負を繰り広げるという内容。

劇場版3作目ともなれば、さすがに観る側としても良い意味で小慣れ感が出て来た。
既存キャラの人物紹介も無いし、ファンだけが観る作品という雰囲気。

登場キャラクターに馴染みが出て来たからでしょうかね。

1作目 『コンフィデンスマンJP ロマンス編』あらすじ・感想

2作目 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』あらすじ・感想

前回までは日本のゴッドファーザーこと赤星会長がリベンジの為に血眼になってダー子達を探していたのに、今回はインターポールや警視庁が捜査に乗り出しているのがポイント。

トーンダウンした赤星会長は何かしら悟りの境地に達したのでしょうか。

たごやま
たごやま

赤星会長、ダー子達に騙され過ぎて遂に悟ったか!?

胡散臭すぎるマルセル真梨邑

インターポール捜査官のマルセル真梨邑という人物が、優秀過ぎて逆に怪しい。

優秀じゃないと就く事ができない仕事なのかも知れないけど・・・。

もう一人、警察関係者として警視庁の丹波刑事がダー子達を追ってマルタ島にやって来るのだけど、松重豊が演じているこのキャラクターは完全に銭形警部のイメージ。

やはりこういう泥臭い感じの刑事さんの方が、安心感がありますよね(笑)

誰が本物で誰が嘘をついていて、どこでどうなっているのか分かりませんがね。

3作目は新鮮味が無いけど素晴らしかった

悪人からダー子達が金銀財宝を奪うというパターンが出来上がってしまっているので、ストーリーに新鮮味が足りない気はするのだけど観ていて飽きないのが「コンフィデンスマンJP」シリーズの素晴らしいところ。

最終的にこういう展開になるのだろうと予想がつくのに、最後まで観ないと気が済まない作品です。

もしかして続編て、あるのかな?

あるのなら是非見てみたいし、赤星会長がどういう形で登場するのか非常に気になる。
彼はもはや敵なのか味方なのか分からなくなりました。

「今度俺を騙したら、〇す」的な事を言っていたけど、実はちょっと自分が騙される事を前提にダー子達とやり取りをしている節がある。

おいも
おいも

会長はたぶん、ダー子達におもちゃにされていると思う。

個人的に「コンフィデンスマンJP」シリーズで一番好きなキャラが赤星会長なので、毎回の登場が楽しみになっています。

もしかしてダー子と会長こそが、ルパンと銭形みたいな感じなのかも。
それぞれの立場は詐欺師と裏社会のドンですが・・・。

それはそうと今回は阿部寛が写真だけ登場してダー子達のターゲットになる寸前だったけど、もしかして続編で登場!?

現時点では残念ながら阿部寛がどいういう役なのかは不明です。

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』を視聴する方法

『コンフィデンスマンJP 英雄編』は動画配信サービスや宅配DVDレンタルサービスを利用する事で視聴する事ができますが、中でもフジテレビが運営している「FODプレミアム」がオススメです。

「コンフィデンスマンJP」シリーズはフジテレビ系の作品なので、「FODプレミアム」に入会すると地上波で放送されたドラマと劇場版合わせて楽しむ事ができます。

関連記事 『FODプレミアム』の特徴とデメリット

レンタルDVDもリリースされていますが、映画に加えてテレビで放送されたドラマ版も一緒に観たい場合は動画配信サービスを利用した方がコスパが良いです。

タイトルとURLをコピーしました