『ナッシング・トゥ・ルーズ』あらすじ・感想 | キレた男の車に乗ってしまった哀れな強盗

『ナッシング・トゥ・ルーズ』の詳細情報

公開年  : 1997年
上映時間 : 1時間 38分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : スティーヴ・オーデカーク
キャスト : ティム・ロビンス / マーティン・ローレンス 他

『ナッシング・トゥ・ルーズ』登場人物(キャスト)

ニック・ビーム(ティム・ロビンス)
大手広告会社の重役、妻の浮気現場を目撃して自暴自棄になり家を飛び出す。

テレンス・ポール・デヴィッドソン(マーティン・ローレンス)
小物の強盗、自暴自棄になったニックが運転する車を襲ってしまう。

フィリップ・”P.B”・バーロー(マイケル・マッキーン)
ニックの上司。

アン・ビーム(ケリー・プレストン)
ニックの妻。

あらすじ | 暴走エリートと間抜けな強盗

ロサンゼルスで大手広告会社の重役として働いているニック。
公私ともに順風満帆の充実した生活を送っていたが、ある日、上司に頼まれていた予定がキャンセルになり、妻に連絡せずに帰宅してみると部屋から物音が・・・

静かにその場を後にしたニックは、放心状態で行く当てもなく車を走らせる。
やがて治安の悪い地区にある交差点の赤信号で止まったニックの車に、銃を持った強盗が乗り込んでくる。
自暴自棄になっていたニックは、強盗・ポールを乗せたまま大暴走を始める!

感想(ネタバレ含む) | おばちゃんにシバかれるニックとポール

帰宅して寝室で見てしまったのが妻の浮気現場というのはショッキングですね。
こういう場合は2つの選択肢が考えられます。
1.怒りにまかせて現場に乱入する。
2.気付かれないようにその場を去る。

彼が選んだのは後者。

死のドライブの道連れにされた小物強盗

もはや人生どうでも良い状態のニックは、助手席にいるポールに金を出せと言われると暴走中の車の窓から財布を放り投げる。
自分が狙ったリッチそうな白人が実はとんでもない男だと分かり、もはや強盗どころではなくなったポール。

気が付けばアリゾナの砂漠地帯まで来てしまった彼らは、一旦落ち着こうとカフェへ。
しかし代金を支払おうとした時に財布が無いことを思い出すニック。

代わりにお金を払ったのはポールだけど、一悶着あってつかみ合いの喧嘩に発展。
そんな時に車に隠していた予備のクレジットカードを思い出したニックだけど有効期限が切れていた。

最終的に二人ともカフェのおばちゃんにフライパンでシバかれる。

指名手配された二人

その後、ガソリンを入れる為に立ち寄ったコンビニでニックが目を離した隙にポールが店主に銃を突き付けて金を強奪。
それが原因で二人とも指名手配されてしまうけど、何故か別の白人と黒人の二人組の名前と顔写真が使用された手配書が作成される。

彼らは現地周辺を縄張りにしている本物の強盗犯。
同じ白人と黒人のコンビという事で間違われてしまった二人。

ある意味、九死に一生を得ましたね。
しかし結局、そのヤバイ奴らとの出会いが訪れてしまうのですが。

ちなみに本物の強盗はニックとポールと違って堂々とした仕事ぶり。
店に入るなり商品をポケットに入れて、レジにいた店員の顔面にパンチ!
そして何事もなかったかのように去って行く。

必要なものだけを盗っていくという、まさに店を自分たちの倉庫代わりに利用していて全く悪びれる様子もない完全な悪党。

白人と黒人の二人組が事件を起こしたという情報だけで、どうせアイツらだろうと警察から手配されるくらいの札付き。

上司の金庫から金を盗もうと計画

ロサンゼルスに戻ったニックとポールは、ニックの上司を相手に大胆な計画を立てる。
復讐する気満々のニック。

途中でポールの家に一泊した時に、妻は温かく迎えてくれたのにポールの母親にシバかれる二人。

このオカンが大人になった今でも息子を全力でビンタする強烈なキャラ。
息子の友達なんだからワルに決まっている!
と決めつけ、とりあえずニックにもビンタ。
カフェのおばちゃんと良い勝負。

終盤は、衝撃の事実が判明。
そして追ってきた例の二人組との対決の行方は、面白い結末に。
さらにポールとニックのその後の関係は・・・

といった感じなんですが、この作品は日本語吹き替え版で見る方が面白いかも。
コメディ作品は、全体的に吹き替え版で見た方が笑える気がします。

字幕の文字を読んでもあまり笑えないのに、日本語で会話を聞くと笑ってしまったりする事が多々有るのがコメディ作品。
ある意味では声優さんの技量が最も試されるジャンルかも知れない。

そして、この作品の監督が面白い役で出演しています。
確かに見事なライト捌きとダンスだったけど・・・

たごやま
たごやま

何やってんねん、この人(笑)

ティム・ロビンスとマーティン・ローレンスが共演

『ショー・シャンクの空に』のティム・ロビンスが妻の浮気で自暴自棄になったエリートビジネスマン、『バッド・ボーイズ』シリーズのマーティン・ローレンスがとんでもない男をターゲットにしてしまった間抜けな強盗という役柄で共演。

ニックが目を離した隙にポールが強盗したと思ったら、今度はポールが家に電話をしている最中にニックが店主に銃を突き付けていたり・・・

収録時間も約100分程度なので、気軽に楽しめるコメディ作品。

この作品を観た他の人の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想を閲覧できます。
※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました