『バッドボーイズ フォー・ライフ』あらすじ・感想 | サイドカー分離シーンは爆笑必至!

『バッドボーイズ フォー・ライフ』の詳細情報

公開年  : 2020年
上映時間 : 2時間 4分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : ビラル・ファラー / アディル・エル・アルビ
キャスト : ウィル・スミス / マーティン・ローレンス / ヴァネッサ・ハジェンズ / アレクサンダー・ルドウィグ / チャールズ・メルトン / パオラ・ヌニェス / ケイト・デル・カスティーリョ / デニス・グリーン / ニッキー・ジャム / ジョー・パントリアーノ 他

『バッドボーイズ フォー・ライフ』登場人物(キャスト)

マイク・ラーリー(ウィル・スミス)
マイアミ市警察官で戦術麻薬捜査部隊「TNT」の隊員、50代にして未だに独身。

マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)
マイアミ市警察官で戦術麻薬捜査部隊「TNT」の隊員、孫が誕生しておじいちゃんになった。

リタ(パオラ・ヌニェス)
ハイテク捜査班AMMOのリーダー、マイクの元カノ。

コンラッド・ハワード警部(ジョー・パントリアーノ)
マイクとマーカスの上司で、二人の良き理解者。

イサベル・アレタス(ケイト・デル・カスティーリョ)
魔女の異名を持つ脱獄犯、何故かマイクに執着している。

アルマンド・アレタス(ジェイコブ・スキピオ)
イサベルの息子。

あらすじ | マイクが瀕死の重傷を負う

マイアミ市警の敏腕刑事コンビ・マイク&マーカスだが、家庭を第一に考えるマーカスは危険な仕事からの引退を本気で考えていた。
そんな中、マイクが何者かに銃撃される事件が発生。

感想(ネタバレ含む) | 孫が生まれ引退を決めたマーカス

高級スポーツカーを猛スピードで運転するマイクの横で、今にも車酔いで吐きそうな様子のマーカス。
大急ぎで向かった先は病院。
病室では既に出産を終えたばかりのマーカスの娘・ビアンカが男の子を抱いている。

ちなみに父親は前作でマーカス&マイクが散々に脅しまくったレジー。
ビアンカをデートに誘いに来ただけなのに、大人げない二人にめちゃくちゃビビらされていた気の毒な少年。

しかしこうして愛が実り子供まで生まれて良かったですね。
出演している俳優は当時と同じ人。
どうやらレジーは軍に入隊した模様。

もう二人ともベテランの域だけど、マーカスは程よくお腹に肉がついて年相応のお父さん体型なのに対して、マイクは体を鍛えて若々しさを保っている。
この体系の違いも既婚者と独身貴族の意識の違いが出ていますね。

孫の誕生によりいよいよ引退の意思を固めたマーカスに対してマイクはバッドボーイズの継続を望むが、おじいちゃんの意志は固い。

メキシコの刑務所から魔女が脱獄

場面は変わり、メキシコのとある女子刑務所。
女性看守が一人の女囚にメッタ刺しにされて救急車で搬送される。

途中、走行中の救急車が何者かに止められ銃撃を受ける。
どう見ても計画的な脱獄。
一体何者?

狙撃され、瀕死の重傷を負ったマイク

マーカスの初孫誕生祝を同僚たちと共に楽しんだ帰り、病院で孫のいる部屋に駆け付ける時にどちらが早かったかと言い合いになり、ハワード警部立会いの下に競争を始めた二人。
シリーズを通して二人を見守ってきたハワード警部も健在で何より。

その時、突然バイクに乗った謎の人物から銃撃を受けるマイク。
意識不明の重体で救急搬送される。

手術中にマーカスは神に対して祈りを捧げ、もしマイクを救ってくれるのならば自分はもう絶対に暴力は振るわないと誓う。

病床で白髪になった髭をココア色に塗ってあげたりして、優しく看病していたマーカス。
マイクの復活を見届けたマーカスは、刑事を引退。
これからは孫の世話をしながらのんびり暮らそうと計画。

神への祈りが通じて良かった。

地元でも有名な刑事であるマイクの復活は新聞記事になり、これを知った脱獄囚の女は不敵な笑みを浮かべる。

やはり何かありますね。

若手から年寄り扱いされるバッドボーイズ

マイクは前作で恋仲だったマーカスの妹のシドとは別れたみたいです。
個人的に少し残念。

若手メンバー中心のAMMOと共に行動しながら捜査を進めるマイクだけど、その間にも正体不明のバイクの人物により検事などが次々と狙われ命を落としていく。

そして衝撃的だったのが、マイクと一緒にいるところを狙撃されたハワード警部。

ハワード警部・・・

この件がきっかけで、引退して以降いつも家にいるので妻のテレサから煙たがられていたマーカスが電撃復帰。

どうやら理想通りのリタイア生活ではなかったようです。

コンビが復活して早々のサイドカー付きバイクでの敵の追跡シーンが面白い。

このサイドカーがとんでもない代物で、前部に機関銃が装備されている。
しかし神に暴力は振るわないと誓いを立てたマーカスは撃つ気配がない。
そこで一計を案じたマイクは、撃つ事こそが神のお告げと助言。

新たな神託を得たマーカスは、機関銃を打ちまくるがなかなか当たらない。
どうやら老眼が進んでいるみたいで、上手く照準が合わないらしい。
今やおじいちゃんですからね。

敵をなかなか捉えられないでいると、今度はヘリが現れロケットランチャーを発射!
マイクはとっさにサイドカーとバイクを切り離す。
もちろん貧乏くじ担当のマーカスはどっきり番組のような展開になり横転(笑)

ついに敵の正体が明らかに

敵の正体はマイクにとって因縁の相手。

執拗に狙われる理由も納得です。

ところで、今回から登場したAMMOがかなり使える。
若手中心だけど、みんな優秀。

さらに最終兵器ドーンのリミッターを解除。

バッドボーイズ、17年ぶりの新作

孫を持つおじいちゃんとなったマーカスと現役バリバリのマイク。
二人ともイイ年なんだけど、アクションシーンは健在。

そして、痛い目に遭うのはいつも通りマーカス。
ハワード警部は残念だったけど、リタとの今後の関係が気になるマイク。

思わせぶりな終わり方も、もしかして続編への伏線でしょうか?

調べてみると、企画は既に進行中という情報がチラホラ。

■ Amazon プライムビデオで他の人の感想を読む >>

※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました