『スター・ウォーズ エピソード1 / ファントム・メナス』あらすじ・感想 | アナキンは美少年だった

『スター・ウォーズ エピソード1 / ファントム・メナス』の詳細情報

公開年  : 1999年
上映時間 : 2時間 16分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : ジョージ・ルーカス
キャスト : リーアム・ニーソン / ユアン・マクレガー / ナタリー・ポートマン / ジェイク・ロイド / ペルニラ・オーガスト / フランク・オズ / イアン・マクダーミド / オリヴァー・フォード・デイヴィス / ヒュー・クオーシー / アーメド・ベスト / アンソニー・ダニエルズ / ケニー・ベイカー / テレンス・スタンプ / キーラ・ナイトレイ / レイ・パーク / サミュエル・L・ジャクソン 他

『スター・ウォーズ エピソード1 / ファントム・メナス』登場人物(キャスト)

クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)
オビ=ワン・ケノービの師匠であるジェダイマスター。
ジェダイ評議会の意思を度々無視する困った人物。

オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)
クワイ=ガン・ジンの弟子。
一人前のジェダイ騎士として卒業間近。

アナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)
クワイ=ガン・ジンに素質を見出された元奴隷の少年。
フォースを生み出すミディ・クロリアン測定で、最強のジェダイ・ヨーダを超える値を記録。

アミダラ女王 / パドメ(ナタリー・ポートマン)
惑星ナブーの女王。
平民出身だが、惑星ナブーは選挙で国家元首を選ぶ伝統があるため14歳で即位。

パルパティーン議員(イアン・マクダーミド)
元老院最高議長。

メイス・ウィンドゥ(サミュエル・L・ジャクソン)
ヨーダに次ぐ地位にあるマスター・オブ・ジ・オーダー(ジェダイ評議会の長)。

ヨーダ
マスター・オブ・ジ・オーダー(ジェダイ評議会の長)とジェダイ・オーダーの指導者であるグランド・マスターを兼任している、ジェダイの騎士たちのトップ。

ダース・モール(レイ・パーク)
幼少期にその素質に目を付けたダース・シディアスに拉致され、以来弟子として育てられた男。

シミ・スカイウォーカー(ペルニラ・アウグスト)
アナキンの母親。
息子をクワイ=ガン・ジンに預けた後も奴隷としてタトゥイーンに残った。

ジャー・ジャー・ビンクス
惑星ナブーの原住民であるグンガン人。
トラブルメーカーのため水底都市オート・グンガから追放され、現在は地上で自給自足の生活をして暮らしている。

C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)
アナキンが廃品を収集して作ったドロイド。
まだ未完成の状態でアナキンが母の元を離れたため、外装は未装着。

R2-D2
ナブー王室専用機のオペレート目的で作られた高性能ドロイド。
※ドロイドとはこの世界のロボットの事。

あらすじ | ジェダイ騎士への道

共和国の平和な惑星ナブーが銀河通商連合の襲撃を受け、両者の仲裁役を担っていたジェダイの騎士クワイ=ガン・ジンは惑星タイトゥイーンに不時着し、そこで高いフォースの力を秘めるアナキンという少年に出会う。

アナキンのジェダイ騎士団への入団を願い出るクワイ=ガン・ジンに対し、ジェダイ評議会は入団申請を却下する決断を下す。

感想(ネタバレ含む) | 元奴隷だったダース・ベイダー

銀河共和国の政治は腐敗が進み元老院が機能不全に陥る中、通商連合との間で関税をめぐる争いが勃発し、元老院最高議長は事態打開のため共和国の守護者ジェダイに助力を求める。

様々な国で構成される銀河共和国がグダグダな状況になっている事に付け込んだ銀河最大の商人たちの連合組織が攻撃を仕掛けてきた。

銀河共和国と商人たちの争いなんだけど、実際は後の銀河皇帝となるダース・シディアスが暗躍している訳ですよ。
つまりこの人物が商人たちをけしかけて操っているという事。

『エピソード4』では皇帝の立場になっているという事を考えると、共和国を乗っ取ろうと画策しているのでしょうね。

ジョージ・ルーカス監督は本当はパート1から作りたかったとかではなくて、後付けの設定でダース・ベイダーの過去編を製作したというのが真実。

そもそもスター・ウォーズが世界的に大ヒットすると思っていなかった監督は、第1作目『スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソード4)』の公開後に全部で9作品になるという構想を膨らませていったそうな。

今でこそエピソード〇〇と付けられているけれど、当時は付いていなかった。
当初は単発映画の予定だったという話。

監督自身も映画会社の関係者もヒットするなんて思っていなかったらしく、連日映画館に人々が詰めかける様子を見てビビったそうですよ!?

そういう事情を経て「エピソード4・5・6」が制作された後に、「エピソード1・2・3」が制作される事になり、後のダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの過去編がスタート。

という訳で今回はシリーズとしては4作目だけど、エピソードとしては最初の物語。

ダース・ベイダーの子供時代は美少年

アナキン・スカイウォーカーがジェダイ騎士団に入団するきっかけになったのは、クワイ=ガン・ジンというジェダイの騎士にその才能を見出されたから。
当時アナキン少年は9歳。

最初は二人のジェダイの騎士が登場して師匠と弟子の関係なのは分かったけど、観始めて約1時間経過後にようやく名前が判明。
吹替え版で視聴したので聞き逃していただけかもしれないけど。
そしてどちらがオビ=ワン・ケノービなのかと思ったら、若いほうかい!

私は当初、リーアム・ニーソンが演じている騎士の方をオビ=ワン師匠なのかと思っていた。
エピソード4』でアナキンの息子ルークと出会った時は老人だったので、冷静に考えてみると若手じゃないとオカシイですね。

若手時代のオビ=ワンの師匠が、リーアム・ニーソン演じるクワイ=ガン・ジン。
この時代のジェダイ・マスターとして、かなりのヤリ手みたいです。

マスターに命じられてオビ=ワンがアナキン少年の能力値を測定したところ、あの大師匠ヨーダをも凌ぐフォースの力を秘めている事が判明。

でもクワイ=ガン・ジンがジェダイ騎士たちで構成されるの評議会でアナキンの入団を希望するも、心に問題があるとして却下されてしまう。

ヨーダ曰く、アナキンの心には恐怖心が宿っていて、それが怒りに変わり、次に憎しみに発展して今度は苦痛になり、最終的に暗黒面に落ちてしまうとの事。

未来のベイダー卿の誕生を予見するとは・・・さすがは大師匠と思ったら、単にどうなるか分からないから不確定要素がある者の入団は認められないというだけの事。
なんじゃそりゃ!?
ジェダイ騎士って案外慎重派なんですね。

謎の男ダース・モール

銀河共和国と通商連合との争いの裏にいるのは、惑星ナブー選出の共和国議員パルパティーン。

この男は銀河共和国の議員になり元老院の最高議長に上りつめた野心家。
表向きは政治家だけど、実はシスの暗黒卿ダース・シディアス。

シスとはジェダイと同様にフォースの力を操る存在。

ジェダイがライトサイド(光明面)の信奉者なのに対し、シスはダークサイド(暗黒面)を信奉。

今回シディアスは表に出てこなくて、対ジェダイに弟子のダース・モールを派遣。
そしてこの男が強いんですよ。
マスターとオビ=ワンの二人がかりでちょうど良いバランス。

暫く戦闘が続いてからオビ=ワンが後れを取った隙に・・・

たごやま
たごやま

師匠!!

運命とは過酷なものですよ。
しかし人間誰しも、悲しい出来事を乗り越えて成長していくのです。

最期はオビ=ワンの怒りの一撃が炸裂!

オビ=ワンの弟子となったアナキン

パドメ・アミダラ女王との関係も気になるアナキン少年は、ジェダイ評議会から独り立ちを認められたオビ=ワン・ケノービの弟子として「エピソード2」に向かいます。

この作品は過去編なのでアナキンが最終的にダース・ベイダーになる事は分かっているのだけど、この無垢な少年が一体どうやってベイダー卿に変貌していくのか興味深い。
そして彼が元奴隷だったという事も判明。

それにしてもマスターは残念でした。
破天荒だけど柔軟な考えを持つ良い人だったのに。

この作品を観た他の人の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想が閲覧できます。
※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

次回はエピソード2 クローンの攻撃

新三部作「エピソード1・2・3」は三作品で一つの物語なので、今回はアナキンがジェダイの騎士として歩み始めたばかりで終了。

考えてみるとアナキンが暗黒面に落ちてダース・ベイダーになるまでが描かれるので、新三部作はハッピーエンドではないという事なんですよね。

旧三部作「エピソード4・5・6」を観た後にするか、エピソードの順番通りに観るかは人それぞれ。
どちらから観始めても良いのではないでしょうか。
と言いつつ、なんとなく時系列(エピソード)順の方がいいような気がします。

ちなみに、C-3POやR2-D2の誕生秘話は『エピソード1』で判明。

『スター・ウォーズ』シリーズまとめ
タイトルとURLをコピーしました