『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』あらすじ・感想 | ジョーカーと破局した最狂女

そもそもハーレイ・クインとは何者なのか。
ゴッサム・シティの精神病院に勤務していた時に、患者としてやって来た狂気の男・ジョーカーと恋に落ちる。

その後、ジョーカーからハーレイ・クインの名を与えられ、犯罪行為に刺激を覚えてしまうようになり、現在の彼女の原型が出来上がる。

そのジョーカーとは破局を迎え、現在は何の後ろ盾もなく孤独な状態。

現在のハーレイ・クインは彼女に恨みを持つ裏社会の住人達から四六時中狙われ続けるという状況。
もちろん裏社会だけではなく、ジョーカーとの破局を知った警察からも標的にされる。

あれだけやり放題してたら自業自得ですわ。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の詳細情報
  • 上映時間 : 1時間 49分
  • 製作国  : アメリカ合衆国
  • 監督   : キャシー・ヤン
  • キャスト : マーゴット・ロビー / メアリー・エリザベス・ウィンステッド / ジャーニー・スモレット=ベル / ロージー・ペレス / クリス・メッシーナ / エラ・ジェイ・バスコ / アリ・ウォン / ユアン・マクレガー 他

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』あらすじ

ジョーカーと破局して後ろ盾を失ったハーレイ・クインは、彼女を恨む街中の犯罪者から命を狙われるようになり、ゴッサムの裏社会を牛耳るローマン・シオニスに捕まってしまう。

ハーレイは、自分を見逃す代わりにシオニスが探している物を見つけるという取引を持ち掛ける。

【見どころ】ハーレイ・クインがジョーカーと破局

  • ハーレイ・クインがジョーカーと別れて独り立ち
  • 危険な集団「BIRDS OF PREY」を結成
  • ハーレイ自身は特殊能力を持たない普通の人間

【登場人物 / キャスト】

  • ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)
    ジョーカーと破局して街中の悪党から狙われるようになった最狂女。
  • ヘレナ・バーティネリ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)
    ハントレスと名乗る謎の暗殺者。
  • ダイナ・ランス(ジャーニー・スモレット=ベル)
    シオニスが経営するバーの専属歌手。
  • レニー・モントーヤ(ロージー・ペレス)
    ゴッサム市警の刑事。
  • カサンドラ・ケイン(エラ・ジェイ・バスコ)
    ダイナと同じアパートに住む孤児。
  • ビクター・ザーズ(クリス・メッシーナ)
    シオニスの側近。
  • ローマン・シオニス(ユアン・マクレガー)
    ゴッサムの裏社会の支配者。

感想(ネタバレ含む)悪党と警察に追われるハーレイ・クイン

キャラクター設定は他の作品で何度か変更されているみたいだけど、この作品でいうジョーカーは、『スーサイド・スクワッド』に登場したあのジョーカー。

関連記事 『スーサイド・スクワッド』あらすじ・感想

それにしてもゴッサム・シティって、バットマンがいてどうしてここまで治安が悪いのか不思議ですね。
まあジョーカーが原因なのは間違いなさそうだけど。

ジョーカーにバットマンが振り回されているから、他の悪党がその隙に勢力を伸ばしているのかも知れませんね。

バックにあんな狂った男が付いていたら、ハーレイが何をしようと文句は言えない。
でも現在はジョーカーと破局したので、ただの狂った女。
そもそもの立ち位置として、ハーレイ・クインは犯罪者だという事。

そして行く先々で彼女に恨みを持つ人物が襲い掛かってくる。

散々逃げ回っていたけど、ゴッサム・シティを裏で牛耳っているローマン・シオニスの手下たちに囲まれ銃を向けられてしまい、どうにも出来ずにに捕まってしまった。

さすがのハーレイも窮地に陥ったかに見えたけどシオニスと側近のザーズの話を盗み聞きして、ある提案を持ち掛けます。

その後は色々あって、ハーレイをはじめとしたヤバい女たちが手を組まざるを得ない展開に。

中盤くらいでチームを結成するのかと思ったら割と終盤だった。
このチームを主役にして、新たな作品が出来るかもしれません。
それはそれで、ちょっと面白そう。

この作品のタイトルにBIRDS OF PREY(バーズ・オブ・プレイ)というフレーズがありますが、これは後に結成される自警団の事です。

この作品はハーレイが警察や悪者を出し抜いて最終的に好き勝手に行動するという内容が有って無いようなものなので、あまり深く考察する映画ではありません。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』を視聴できるサブスク

今回の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』はDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)8作目。

他の作品と同じ世界を共有しているという設定だけど、DCEUの場合は他の作品のキャラクターを積極的には登場させない方針との情報をどこかで見た気がします。

マーベル系のMCUは単体作品に他のヒーローが当然のように登場するので、この辺が大きな方針の違いですね。
今後はどうなるのかは分かりませんけど。

9作目 『ワンダーウーマン 1984』あらすじ・感想

DCEUの作品はディズニー系のMCU(アベンジャーズ関連)と違ってアマプラなどで見放題配信されている事がありますが、なぜかレンタル作品も多いです。

関連記事 『DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)』シリーズの記事一覧

DCEU作品の順番
  • マン・オブ・スティール
  • バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
  • スーサイド・スクワッド
  • ワンダーウーマン
  • ジャスティス・リーグ
  • アクアマン
  • シャザム!
  • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
  • ワンダーウーマン 1984
  • ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット
  • ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結
  • ブラックアダム
  • 続く・・・・
動画配信サービス比較・解説
サービス名月額料金(税込)同時視聴できる端末数無料お試し期間
U-NEXT2,189円4台
※同じ動画は不可
31日間
Hulu1,026円4台
※同じ動画は不可
Amazonプライム600円3台
※同じ動画は2台まで
30日間
各サービスの詳細は別途解説記事を参考にしてください。

無料期間中に退会手続きをしなかった場合は自動的に有料会員に移行します。
※Huluは無料期間がありません。

関連記事 『U-NEXT(ユーネクスト)』の特徴と入会方法の解説

関連記事 『Hulu(フールー)』の特徴と入会方法の解説

関連記事 『Amazonプライム(アマプラ)』の特徴と入会方法の解説