『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』あらすじ・感想 | 三つの勢力に同時に命を狙われる探偵

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』の詳細情報

公開年  : 2013年
上映時間 : 1時間 59分
監督   : 橋本一
キャスト : 大泉洋 / 松田龍平 / 尾野真千子 / ゴリ / 波岡一喜 / 田口トモロヲ / 渡部篤郎 / 松重豊 ほか

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』登場人物(キャスト)

探偵(大泉洋)
ススキノを拠点に探偵業を営む男。

高田(松田龍平)
探偵の相棒、普段は北大農学部助手で空手師範代の実力者。

河島弓子(尾野真千子)
気鋭のヴァイオリニスト。

マサコちゃん(ゴリ)
探偵行きつけのゲイバーのホステス。

橡脇孝一郎(渡部篤郎)
北海道選出の大物二世議員。

相田(松重豊)
いつも探偵をオモチャにして遊んでから有力な情報をくれる、桐原組の若頭。

松尾(田口トモロヲ)
北海道日報の記者。

あらすじ | 様々な勢力に同時に狙われる探偵

共にススキノで生きる仲間であったマサコの死の真相を探るため動き始めた探偵は、同様にマサコの死因を探っていたヴァイオリニストの女性と出会い、彼女を依頼人として契約。

相棒の高田とともに調査を進めて行く内に、ある大物の名前が浮上。

皆が口を閉ざす中、それぞれ立場の違う3つの勢力に同時に命を狙われる事になった探偵。

感想(ネタバレ含む) | マサコが命を奪われた意外な理由

今回の調査案件は、探偵が行きつけのゲイバーで働くマサコちゃんが何者かに命を奪われた事件の真相を探る事。

手品が得意なマサコは仲間達に煽てられた事もあり、マジック大会に出場し見事に全国優勝。
しかし、そのわずか二日後に無残な姿で発見される。


テレビで取り上げられた事もあり注目度が高い事件なので解決は早いかと思われたが、三ヶ月経っても真相は謎。
いつしか世間から事件の事も忘れ去られつつある状況になった時点で、ようやく探偵が動き出す。

束の間の恋にうつつを抜かす探偵

この間に探偵が何をしていたのかというと、つかの間の恋に落ちていた。

相手はとにかく性欲の強い女で、昼夜問わずコトに励み、探偵はビールジョッキに何個も入れた生卵を一気飲みさせられるなど、この三ヶ月間ただただ腰を振り続ける生活を続けた挙句に惨めにフラれるという結末。
金がない男に興味がないと言い残して女は去っていき、ようやくマサコちゃん事件を追い始める探偵。

久しぶりにゲイバーを訪れてみると何故かみんな余所余所しく、マサコの事に触れるのはタブーのような雰囲気。
実は探偵が恋にうつつを抜かしている間に、マサコの事件にはある大物が関わっているとの噂が流れていた。

つまり、マサコはスキャンダルを恐れたその大物に消されたという噂。

探偵を尾行する謎の女

探偵がススキノの仲間たちに聞き込みをしていると、自分が尾行されている事に気付く。
そしてエレベーター内で尾行者と1対1になり理由を聞こうとした瞬間にスタンガンで股間をビリビリとやられ、反射的に顔にパンチをお見舞いし相手は気絶。

探偵がスタンガンを当てられた股間を確認するためにズボンを脱いだタイミングで扉が開き、高田と遭遇。
巡り合わせとは得てしてこういうものですよ。

・女性がエレベーター内で気を失っている。
・探偵はズボンを脱いだ状態。

高田は探偵がエレベーターで女性を襲おうとしていたと誤解して鉄拳制裁!
さすがにこの状況なら仕方ありません。
高田に数発殴られる探偵。

スタンガン女・河島弓子から正式に依頼を受ける

そこで正式に彼女の依頼を受けて仕事として事件を調査する事になる探偵&高田。
彼女から連絡先を聞かれると、いつものようにバーの電話番号が書かれたカードを渡す。

前回の終盤に探偵は携帯を買ったはずなんだけど、いつの間にか解約?
お金がないから強制的に止められた可能性も。

探偵が自宅に戻ると知り合いの地元ヤクザ・桐原組に拉致されてしまう。
桐原組とは友好的な関係だけど、どうやら現在の仕事の件で組長を怒らせた模様。

そして探偵は人生初のK点越えを経験する事になる。

見事な飛びっぷりでした。
しかも着地時は真顔。

前作『探偵はBARにいる』では写真のみの出演だった組長さんが今回はしっかりご出演。
相変わらず愛人に産ませた娘を溺愛している様子で、探偵からの報告に頬を緩ませる。
ヤクザとしての顔と親バカの顔が同居している組長さん。
※探偵は娘の様子を定期報告する仕事をやらされている。

この作品を観た他の人の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想を閲覧できます。
※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

三つの勢力に狙われる探偵

拉致騒動の後は、色々と面白い展開に発展。

まずは全員がマスクを着用している、みんな風邪気味疑惑の怪しい集団。

今度は大物に貸しを作ろうと探偵を狙う勢力。
その正体は桐原組とは対立関係にある花岡組。

さらに第三の謎の勢力が探偵の命を狙う。
この勢力がなぜ探偵を狙うのかはよく分かりませんが、とにかく狙われる(笑)

毎度、様々な相手に狙われる男・探偵。
今回は行く先々で複数の勢力にターゲットにされるという、ハードな展開。

という訳で『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』は、とにかく探偵が狙われまくり。

マサコちゃんの死の真相を探っているだけなのに・・・
余計な事をされると困る連中がいる訳ですよ。

次回作は『探偵はBARにいる3

原作小説の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想を閲覧できます。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました