『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』あらすじ・感想 | ガモーラとピーターの醜い争い(笑)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の詳細情報

公開年  : 2014年
上映時間 : 2時間 5分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : ジェームズ・ガン
キャスト : クリス・プラット / ゾーイ・サルダナ / デイヴ・バウティスタ / ブラッドリー・クーパー / ヴィン・ディーゼル / リー・ペイス / マイケル・ルーカー / カレン・ギラン / ジャイモン・フンスー / ジョン・C・ライリー / グレン・クローズ / ベニチオ・デル・トロ

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』登場人物(キャスト)

ピーター・ジェイソン・クイル(クリス・プラット)
幼少期に宇宙人に誘拐されて育てられた地球出身の男。

ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)
銀河最大の支配者サノスの養女にして暗殺者。

ドラックス(デイヴ・バウティスタ)
刑務所でピーター達と知り合い仲間となった戦士。

グルート【ヴィン・ディーゼル(声)】
フローラ・コロッサスという種族の木のヒューマノイド。
ロケットのボディガード兼観葉植物。

ロケット【ブラッドリー・クーパー(声)】
アライグマの姿をした元人間の賞金稼ぎ。

ヨンドゥ・ウドンタ(マイケル・ルーカー)
宇宙海賊ラヴェジャーズのリーダー。
地球からピーターを誘拐した張本人。

ネビュラ(カレン・ギラン)
サノスの養女でガモーラの義妹。

ロナン・ジ・アキューザー(リー・ペイス)
ザンダー星とクリー帝国の平和協定に反対の立場のクリー人、サノスと結託して悪事を企む。

あらすじ | 不思議なオーブを巡る争奪戦

幼い頃に故郷の地球で宇宙海賊に誘拐されたピーター・クイル。
26年後、成長したクイルは宇宙を駆け回る盗賊となっていた。

今回の獲物は不思議なオーブ。

ピーターは行きがかり上仕方なく仲間となった4人と共に、オーブ争奪戦に巻き込まれていく。

感想(ネタバレ含む) | UFOに攫われた少年が成長

1988年、病院で母の最期に立ち会ったピーター・クイル少年は一人で建物の外に飛び出して大号泣。
その時に突然UFOが現れ、眩い光と共に少年は吸い込まれてしまった。

大人になって外見はイイ感じに成長しているけど、職業はたぶんコソ泥。
自称トレジャー・ハンターだけど、まあコソ泥。
そしてどう見ても、ちょっとバカ。

廃墟で不思議なオーブを入手

クイルはある筋の依頼で、廃墟に保管されている謎のアイテムをゲット。

中身を知らずに依頼だけを遂行し金を受け取る、ある意味プロフェッショナルだけど全然そんな風に見えないところが悲しい。

途中で遭遇した男たちに何者だと聞かれて、「スター・ロード」と名乗った時も相手は「知らんがな」といった反応。
まだまだ無名の駆け出しなんでしょうか。

平和条約に反対する男・ロナン

クイルが廃墟で遭遇した謎の男たちに指示を出していたのはロナンというクリー人。

この男はサノスと協力関係にある。

サノスといえば、アベンジャーズ結成のきっかけとなったロキとチタウリ軍が地球に攻めてきた時に裏で糸を引いていた黒幕で、現時点ではまだ謎が多い人物だけど間違いなく大物。

ザンダー星でオーブを換金しようと持って行くと、ロナン関連の代物だと分かった途端に店を追い出される。

ロナン、めっちゃ恐れられてるやん。
キャプテン・マーベルを見てビビって逃げたくせに。

今回はロナンが中心的に動くので、サノスは登場しない。

みんな仲良く刑務所送り、そして脱獄

ピーターが店を出たところでガモーラ・ロケット・グルートとのオーブ争奪戦になって、地元の警察にまとめて逮捕される。

この時のオーブを巡る争いが完全にコントのようなやり取り。
この作品は基本コミカル系なんですよね。
監督の影響が大きいのでしょうか。

よく考えてみると、このオーブが一体何なのか誰一人分かっていない。

分かってないのに、あそこまで醜い争いをしてたんかい!
コイツら、アホなんか?

ある場所に行って説明を受けるんだけど、想像以上にヤバい物である事が判明。
最後までこのオーブの争奪戦が中心となる。

あとヨンドゥというキャラクターが出てくるけど、どうやらこの人物がクイルを誘拐したUFOの船長。
尚且つ育ての親のような立場であるとの事。

そして刑務所送りの際の検査によって判明したピーターの遺伝子はとても珍しいものである事が判明したそうな。

気になるのはピーターの父が何者なのかという事。
そしてヨンドゥは正体を知っているという噂。

■ Amazon プライムビデオで他の人の感想を読む >>

※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の第10弾。

第11弾は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
トニー・スタークが開発したAIがやらかしてしまい、また地球が危機的状況に。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズをまとめて解説

タイトルとURLをコピーしました