『アベンジャーズ』あらすじ・感想 | アイアンマン・キャップ・ソー・ハルクが一堂に集結!

『アベンジャーズ』の詳細情報

公開年  : 2012年
上映時間 : 2時間 23分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : ジョス・ウィードン
キャスト : ロバート・ダウニー・Jr / クリス・エヴァンス / マーク・ラファロ / クリス・ヘムズワース / スカーレット・ヨハンソン / ジェレミー・レナー / トム・ヒドルストン / クラーク・グレッグ / コビー・スマルダーズ / ステラン・スカルスガルド / サミュエル・L・ジャクソン 他

『アベンジャーズ』登場人物(キャスト)

トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)
アイアンマンとして世界平和に貢献している天才発明家。

スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)
抜群のリーダーシップでチームを牽引する、キャプテン・アメリカ。

ブルース・バナー(マーク・ラファロ)
感情が高ぶると緑の大男・ハルクに変身する天才物理学者。

ソー(クリス・ヘムズワース)
義弟のロキをアスガルドに連れ帰ろうと追ってきた雷神。

ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)
ブラック・ウィドウのコードネームを持つS.H.I.E.L.D.のエージェント。

クリント・バートン(ジェレミー・レナー)
弓術の名手にしてS.H.I.E.L.D.のベテランエージェント、コードネーム:ホークアイ。

ロキ(トム・ヒドルストン)
アスガルドの王位を狙うソーの義弟。
チタウリと手を組み地球に襲来してきた今回の騒動の元凶。

フィル・コールソン(クラーク・グレッグ)
長官からの信頼が厚いS.H.I.E.L.D.エージェント。

ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)
アベンジャーズをまとめるS.H.I.E.L.D.長官。

あらすじ | 怪しい杖を入手したロキが地球に襲来

1942年にキャプテン・アメリカと共に氷の海に沈んだ四次元キューブは秘かに回収され、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.によって研究が続けられていた。

ある時キューブが突然暴走を始め、雷神ソーの弟ロキが転送されてくる。
ロキにより研究所を破壊されキューブを持ち去られたS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーは、凍結されていたアベンジャーズ計画の再起動を決意。

感想(ネタバレ含む) | 四次元キューブを巡る戦い

ロキが四次元キューブの力を利用してS.H.I.E.L.D.の研究施設に転移してくる。

マイティ・ソー』で自分が何者なのかを知りソーと対立した末に敗れ、どこかに飛ばされてしまったが、その先で地球征服を目論むチタウリという勢力と手を組んだ訳です。

相変わらず悪巧みをする男ですね。

原作コミックではソーやロキは神だけど、映画版ではどうやら宇宙人扱いであると当サイトで認定したんですが、なんだか曖昧な感じになってきた。
まあ宇宙人という事にしておきましょう。

四次元キューブとロキの怪しい杖

何でこんなヤバい代物を地球に残したのでしょうか。
もしかするとオーディンは、強大なパワーを内包している四次元キューブを隠すのに地球がちょうど良いと考えたのかも知れない。

ところで、キューブはすぐに発見されたのに、キャップは氷漬けで70年間そのまま。
お陰でペギーとデートの約束をしていたのに叶わず仕舞い。
世界の平和に貢献したのに、気の毒な話ですね。

>>『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アドベンチャー』

この四次元キューブの役割は、遠くの世界へ転移する通路(ワームホール)を作り出す為のエネルギー源みたいなもの。
まだ色々と秘密がありそうですが、現時点ではこれ位しか分からない。

そういえば、キャップとの戦闘で最後にヒドラの指導者レッドスカルがキューブに触れて消滅してしまったけど、もしかしてどこかに飛ばされた!?

ロキは四次元キューブの力を利用するほかに、怪しい杖を所持している。
どうやら手を組んだ相手から貰った模様。

それにしても、S.H.I.E.L.D.の上の組織って国連?
それともアメリカ合衆国単独なのか、何だかよく分からない。
とりあえずこの問題は今は置いておきましょう。

アベンジャーズ結成にむけてスカウトを開始

S.H.I.E.L.D.は世界中の監視カメラを使い、ロキを発見して現場へ急行。

今やどこにでもカメラがあって、インターネット接続によりあらゆる映像をハッキングして見ることが出来る世の中。
便利であると同時に非常に恐ろしいですね。

ロキが人の心を操る怪しい杖を使用して「我に平伏せ」と一般民衆に向けて王様ごっこをしている時に、キャップとアイアンマンが乱入して身柄の拘束に成功。
何故かあっさりと捕まってしまうロキ。

キャップはアイアンマンとソーの二人に比べると少し劣る感じですかね。

ソーは地球人と揉めるつもりはなく、平和的な関係を維持したいという考え方を持っているので、ロキの企みを阻止する為にアベンジャーズに加わる。

ロキ&チタウリ軍 vs アベンジャーズ

今回は何と言ってもロキで始まり、ロキで終わる。
他のヒーローがチタウリ軍と戦っている最中にハルクにシバき倒されたりして、ロキ自身はそんなに戦闘力は強くないと判明。

今後、この男が様々な事件を引き起こす。
それがまた、いちいちツッコミどころ満載で面白い。

後に裏切り王子の愛称で呼ばれるこの男から目が離せない(笑)
個人的にロキが好きなもので。

この作品を観た他の人の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想を閲覧できます。
※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

MCUシリーズのフェーズ1(第一期)が終了

今回、初めて超人的な力を持つ者達で結成されたアベンジャーズの戦いが描かれた訳ですが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)としては第6弾という位置付け。

第7弾は『アイアンマン3』アイアンマン単体作品としては最後となっています。
そしてフェーズ2(第二期)の幕開け。

アベンジャーズの戦いから一年後、天才発明家はアイアンマンスーツ依存症に陥ってしまった。
スーツを着ていない時にパニック症状が出ると、ハァハァとなってしまう体に。
何だか大変な事になっています。

まだまだ続きがあるので先は長い。
そしてこのシリーズは順番通りに観ないと、関係性がよく分からなくなります。

マーベル関連作品まとめ
タイトルとURLをコピーしました