『ライ麦畑で出会ったら』あらすじ・感想 | 悩める若者が大物小説家の家を探し回る青春映画

ジェームズ・サドウィズ監督の自伝的映画。
主人公は演劇サークルに所属している冴えない高校生。

学校では孤立していて、運動部の連中にからかわれる日々を送っている。
いじめられっ子とは少し違う感じに見えるけど、自分の周囲の者の事を体制派と表現する変わり者。

ジェイミーの心の支えは『ライ麦畑でつかまえて』という小説。

この映画の事を調べてみると、思春期の少年が周囲の物事に嫌気がさして、何処にぶつけて良いか分からないモヤモヤした気持ちを抱えながら様々な経験を通じて答えを導き出す物語・・・と個人的に解釈しました。

原作は若者たちの共感を呼び、世界中で読み継がれているそうです。
私は読んだ事がありませんけど、若者特有の自分でも分からない心の中の変な気持ちについて考えるきっかけになる内容の小説でしょうか。

『ライ麦畑で出会ったら』の詳細情報
  • 公開年  : 2015年
  • 上映時間 : 1時間 37分
  • 製作国  : アメリカ合衆国
  • 監督   : ジェームス・スティーブン・サッドウィス
  • キャスト : アレックス・ウルフ / ステファニア・ラヴィー・オーウェン / クリス・クーパー / ジェイコブ・ラインバック 他

『ライ麦畑で出会ったら』あらすじ

全寮制の私立男子校に在籍中のジェイミーは、J・D・サリンジャーの小説『ライ麦畑でつかまえて』に感銘を受け、自ら書いた脚本で舞台化しようと教師に相談する。

舞台化の為にはサリンジャー本人から許可を貰う必要があると言われ、ジェイミーはサリンジャーに直接会って許可を得ると意気込むが、世間との接触を断って静かに暮らしている彼の居場所を探し出すのは容易ではなかった。

【見どころ】監督の実体験に基づく物語

  • 監督自身の実体験を基にして構成されている
  • ディーディーがめちゃくちゃ良い娘
  • ラストのサリンジャーのジェイミーに対する言葉も良い

登場人物(キャスト)頼りなさげな役が似合うアレックス・ウルフ

  • ジェイミー・シュワルツ(アレックス・ウルフ)
    作品上演の許可を得る為にサリンジャーの家を探す高校生。
  • ディーディー(ステファニア・ラヴィー・オーウェン)
    ジェイミーに同行する他校の女子生徒。
  • J・D・サリンジャー(クリス・クーパー)
    「ライ麦畑でつかまえて」の原作者。

感想(ネタバレ含む)悩める思春期少年と心優しい彼女

小説を読んで感銘を受けたジェイミーは学校の先生の部屋を訪ね、この作品の脚本を書いて舞台化したいと訴える。
しかも自分が主人公のホールデンを演じたいという野望まで持っています。
どうやら小説の登場人物と自分を重ね合わせ、演じるのは自分しかいないという結論に至ったようです。

誰がどの役を演じるかはともかく、舞台化するには原作者のサリンジャーに許可を貰わなければならない。
いわゆる著作権問題ですな。

高校生が学校で演劇をするだけでもこういう事が問題になるのかと思って考えてみると、観客はおそらく入場料を払って見に来るので営利目的となり権利関係も発生するという事なんでしょうかね。

そこで出版関係者などに当たってみるのだけど、居場所の特定には至らない。
ジェイミーはどうしてもやり遂げたいという気持ちが抑えきれずに普段から嫌気がさしている学校を飛び出して、サリンジャー探しの旅に出るという行動に。

一人で行動するのかと思ったら、演劇サークルで交流のある公立学校に通う女子生徒のディーディーが同行します。
彼女は何かとジェイミーに興味を持ち話しかけてくれる優しい女の子。

ジェイミーは全く相手にされていない事を気にせずに金髪娘に目を奪われていたけど、ディーディーの方が結婚するなら絶対良いですよ。

うんどん
うんどん

悪い事言わんから、顔が良くて胸が大きいだけの金髪娘よりもディーディーにしておきなさいって。

という事でディーディーの運転する車でサリンジャー探しの旅に出発。
運転手役までしてくれるって、本当に良い娘ですな。

日が落ち、旅の途中でホテルに宿泊する事になった二人。
そのホテルでベッドが一つしかない部屋を取ったジェイミー。

二人は自然とそういう関係になりかけるけど、途中でなんか違うといった感じで部屋を出ていく少年。
色々と気持ちがモヤモヤしている思春期なので女に恥をかかせたとか言わずに大目に見てあげてください。

誰もが通る道ですよね。

サリンジャー氏に会うことができたけど・・・

翌朝からサリンジャーの家探しを再開する二人ですが、隠遁生活を送っているベストセラー作家の家を探す行為はある意味本人にしてみると嫌がらせをされているようにも思えます。

どうして静かに暮らしているところを邪魔するのかという感じですが、これは有名税というやつですね。
最終的に会う事は会えたのだけど、色よい返事はもらえなかった。

もし私の作品を勝手に舞台化すれば、どうなるか分かってるやろな?

それにしても、自分が書いた脚本を舞台化すれば喝采を浴びる事請け合いと自信満々のジェイミー。
何処からそんな自信が湧いてくるのか分かりませんが、これも思春期特有の根拠のない自信という現象なのでしょうか。

たごやま
たごやま

・・・サリンジャー怖すぎるやろ。

ジェイミーが学校に戻ると作者本人の承諾は得られなかったのに、どういう訳か先生から舞台化の許可を貰えます。
もしかして教育者ともあろう者が、やった者勝ちという考え!?

それとも裏でサリンジャー氏が口添えしてくれたのかな?

その辺は不明ですが、舞台化の準備をしていく内に学校内の人間関係にも変化が起こり、ジェイミーはイジメッ子達とも和解します。

ジェイミーがいじめを受けていたのを知っていた先生だけに、みんなで力を合わせることで仲間意識を育む事が狙いなのだったとしたら素晴らしい教育者と言わざるを得ない。

まさにジェイミーにとっての恩師です。

たごやま
たごやま

作家の許可もなく生徒に舞台化させて何してんねん。
サリンジャー氏はカボチャのお化けみたいで怖いんやで!

と思った私が間違っていました。
時にはこういう勇気ある強硬決断も必要なんですね。

サリンジャー氏も含めて、少年達の成長を見守る大人たちの対応にも感動を覚える素晴らしい作品でした。

映画『ライ麦畑で出会ったら』を配信しているサブスク

私が『ライ麦畑で出会ったら』を視聴した時はアマプラで見放題でしたが、時間が経過するとレンタル作品になっている可能性があるのでサブスクに入会する前の事前確認は必須です。

アマプラはサブスク(定額制)会員にならなくても動画をレンタル出来ますが、目的の作品が見放題対象に含まれている場合は、1ヶ月だけでも入会した方が色々と動画コンテンツを楽しめるのでオススメです。
※レンタル対象外の作品もあります。

初めて利用する場合は30日間の無料体験期間があるので有効に活用して下さい。

関連記事 『Amazonプライム』の特徴と入会登録の方法を具体的に解説

主演のアレックス・ウルフは、『ジュマンジ』シリーズのスペンサー役の俳優。
ジュマンジでもそうだったけど、悩み多き若者役が似合う人ですね。

関連記事 『ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングル』あらすじ・感想

関連記事 『ジュマンジ / ネクスト・レベル』あらすじ・感想