『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あらすじ・感想 | マルチバースは一歩間違えると何でもアリになる!?

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の詳細情報

公開年  : 2021年
上映時間 : 2時間 28分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : ジョン・ワッツ
キャスト : トム・ホランド / ゼンデイヤ / ベネディクト・カンバーバッチ / ジェイコブ・バタロン / ジョン・ファヴロー / ジェイミー・フォックス / ウィレム・デフォー / アルフレッド・モリーナ / トーマス・ヘイデン・チャーチ / リス・エヴァンス / ベネディクト・ウォン / トニー・レヴォロリ / マリサ・トメイ / アンドリュー・ガーフィールド / トビー・マグワイア 他

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』登場人物(キャスト)

ピーター・パーカー(トム・ホランド)
放射能を浴びたクモに噛まれた影響で特殊体質になり、スパイダーマンとして活動する事になった高校生。

ミシェル・ジョーンズ / MJ(ゼンデイヤ)
ピーターのクラスメイトであり、交際中の彼女。

ネッド・リーズ(ジェイコブ・バタロン)
ピーターのクラスメイトであり、親友。

スティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
ニューヨークのサンクタムに所属する魔術師。
ピーターの依頼でマルチバースに接続して人々の記憶を操作する呪文を唱えるが、ピーターが度々口を挟んだために失敗してしまう。

メイ・パーカー(マリサ・トメイ)
ピーターの伯母で、両親のいない彼の母親代わりの存在。

マルチバースによって別の次元からやってきたヴィラン(悪役)

ノーマン・オズボーン(ウィレム・デフォー)
実験中に服用した薬の影響で悪の別人格が生まれ、意識を支配されるようになった科学者。

オットー・オクタビアス(アルフレッド・モリーナ)
実験中の事故で取り外せなくなった背中のアームに搭載された人工知能に支配されて、悪の思考を持つようになってしまった科学者。

マックス・ディロン(ジェイミー・フォックス)
電気ウナギの水槽に落下した影響で電気を操れるようになった男。

フリント・マルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)
素粒子実験場の装置に入り込んでしまい、体の分子が砂になってしまった男。

カート・コナーズ(リス・エヴァンス)
不完全な薬により体が爬虫類のようになってしまった科学者。

あらすじ | 別次元からヤバイ奴らがやって来た

ミステリオの策略によって、スパイダーマンとしての正体を明かされてしまったピーター・パーカー。

世間が擁護派と否定派の真っ二つに分かれる中、不当な理由で受験した大学を不合格にされてしまい、かつて共に戦った魔術師のドクター・ストレンジに助けを求める。

しかし、ストレンジが呪文を唱えている最中にピーターが邪魔をした事で失敗に終わり、マルチバースを通じてピーターがスパイダーマンだと知る人物たちが別次元から出現する。

感想(ネタバレ含む) | スパイダーマンが3人!?

ドクター・ストレンジが世間の人々の記憶から不都合な事を消そうと呪文を唱えている最中に、何度もピーターが口を挟んだせいで呪文が失敗してしまう。

元々は時間を戻して欲しいとピーターから依頼されたのだけど、残念ながら現在はタイムストーンを失くしてしまっているので不可能な状態。

もしタイムストーンがあれば出来たという事ですよね。

タイムストーンはインフィニティ・ストーンという特殊な力を持つ石の一つで、宇宙の帝王サノスとの戦いで全て消滅したはずだけど、今後マルチバースが様々な作品に影響してくる可能性があるので、またどこか別の次元から持ち込まれたりするのかな!?

関連記事 『アベンジャーズ / エンドゲーム』あらすじ・感想

関連記事 MCUのフェーズ3までの23作品を詳しく解説

ピーターに関する記憶を人々から消し去る魔術を使えたりする時点で、ストレンジはもはや神の数歩手前まで来ていますな。

関連記事 『ドクター・ストレンジ』あらすじ・感想

たごやま
たごやま

といってもピーターが邪魔をしたせいで、呪文は失敗したけどね。

マルチバース」はいわゆるパラレルワールドの事で、現在の次元とは別次元に存在する世界があるという概念。
この概念を作品に取り入れたという事はフェーズ4に入って以降、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に紐付けられていなかったマーベルのキャラクターを登場させるための布石にしようとしていると考えられます。

別の世界からやって来る事ができるのなら、ある意味何でもありですからね。

今回はドクター・ストレンジがマルチバースに干渉して呪文を唱えた影響で、別次元のスパイダーマン関連のキャラクターたちが登場しました。

厳密には過去に製作された「トビー・マグワイア主演のスパイダーマン」、「アンドリュー・ガーフィールド主演のアメイジング・スパイダーマン」とのコラボ作品となっています。

私はMCU版のスパイダーマンしか観た事が無いと自分で思っていたのだけど、今回登場したグリーン・ゴブリンには見覚えがあった。
このキャラは油断していると不意に爆弾を投げてくるから面倒なんですよね(笑)
ちなみに爆弾の名称は「パンプキンボム」。

たごやま
たごやま

ナウシカと同じような乗り物に乗っている変な奴、なんか見覚えがある。

さらに背中に触手が生えているオッサンもなんだか知っている気が・・・。

どうやら私は過去に「トビー・マグワイア版のスパイダーマン」を鑑賞していたようです(笑)

「アメイジング・スパイダーマン」のキャラクターは全く知らないので未鑑賞で間違いない。

へなちょこピーターが成長した

前作で(ニック・フューリーを含む)悪い大人たちに騙されまくっていた世間知らずなへなちょこ高校生のピーターだけど、今回は一皮むけて精神的に成長していた。

前作 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ・感想

今回は彼の人生観を大きく変えるような出来事が立て続けに発生したので、まあ成長しますよね。
様々な出来事を乗り越えて、少年少女は大人になっていくのですな。

前作があまりにもチョロすぎて心配していたのだけど、へなちょこピーターは卒業かな。

ところで、MCU版の『スパイダーマン』は今回が完結編だと思っていたら、どうやらまだ続編が製作される模様で今後は大学生になったピーター達が描かれると思われます。

ピーターだけ大学生にならないという噂も、ネット記事で読んだような・・・。
どのような設定になるかは正式発表を待つしかありません。

マルチーバースの影響力を使えば、どこかでタイムストーンが見つかって時間を戻せるようになるかもしれない。
そうなれば命を落としたはずの人物が復活する可能性もある。

ストレンジが協力してくれたらの話だけど・・・。

でも時間を戻せるようになったとしても、今度はピーターが断るような気がする。
今作で彼は大きく成長したので、精神的に強くなったはず。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を視聴する方法

『スパイダーマン』関連の権利はSPE(ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント)が保有しているので、マーベルスタジオを傘下に持つ「ディズニー・プラス」といえども視聴する事ができません。

関連記事 『MCU(アベンジャーズ)』関連シリーズ作品を詳しく解説

大人の事情というやつですね。

とはいえ、いずれ配信されるようになると予想しています。

現在は「Amazonプライムビデオ」・「U-NEXT(ユーネクスト)」で視聴が可能。
ついでにトビー・マグワイア版、アンドリュー・ガーフィールド版のスパイダーマンも一緒に視聴してみては如何でしょうか、
※最新の配信状況は公式サイトでご確認ください。

関連記事 『Amazonプライム』の特徴とデメリット

関連記事 『U-NEXT(ユーネクスト)』の特徴とデメリット

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を観る方法としてレンタルDVDという手もあります。

タイトルとURLをコピーしました