『マン・オブ・スティール』あらすじ・感想 | スーパーマンの正体は宇宙人

爆発寸前のクリプトン星から両親によって地球に逃がされた赤ん坊が、後にスーパーマンとなる話。

星そのものが爆発寸前なのにお気楽な上層部に対して我慢の限界を迎えた軍部のゾッド将軍は、クーデターを起こしたけど時すでに遅し。
星の崩壊を止める事はもはや誰にもできない状況になり、クリプトン星は爆発してしまった。

権力者が無能だと、部下たちは本当に苦労しますよね。

『マン・オブ・スティール』の詳細情報
  • 公開年  : 2013年
  • 上映時間 : 2時間 23分
  • 製作国  : アメリカ合衆国
  • 監督   : ザック・スナイダー
  • キャスト : ヘンリー・カヴィル / エイミー・アダムス / マイケル・シャノン / ケビン・コスナー / ダイアン・レイン / ローレンス・フィッシュバーン / アンチュ・トラウェ / アイェレット・ゾラー / クリストファー・メローニ / ラッセル・クロウ 他

『マン・オブ・スティール』あらすじ

惑星クリプトンは資源の過剰採掘が原因で爆発寸前。
数百年ぶりに自然出産で誕生した直後のカル=エルは、両親によって他の惑星に送り出される。

地球で発見された彼は子供のいなかったケント夫妻によって愛情深く育てられ、やがて優しくたくましい青年に成長し、彼を追ってきたクリプトン星人と地球を守るために戦う事を決断する。

【見どころ】スーパーマンの正体は宇宙人

  • スーパーマンはクリプトン星で誕生した宇宙人
  • クリプトン星人は目からビームを照射できる
  • ゾッド将軍は上層部から「300サイクルの刑」という謎の刑罰に処された

【登場人物 / キャスト】ゾッド将軍の思想は危うい

  • クラーク・ケント(ヘンリー・カヴィル)
    クリプトン星で誕生した直後に地球に送られた宇宙人。
  • ロイス・レイン(エイミー・アダムス)
    デイリー・プラネット新聞の記者。
  • ゾッド将軍(マイケル・シャノン)
    クリプトン星の軍最高司令官。
  • ジョナサン・ケント(ケビン・コスナー)
    クラークを拾い育てた地球の父。
  • マーサ・ケント(ダイアン・レイン)
    クラークの地球での育ての母。
  • ジョー=エル(ラッセル・クロウ)
    クリプトン星の科学者だった、クラークの実父。

感想(ネタバレ含む)地球を守る赤いマントの男

資源の採掘のし過ぎで、星そのものが爆発してしまったクリプトン。
科学者が指導者層の元老院に対して再三忠告をしていたのに、結局どうにもならなかった。

資源を取り過ぎて爆発するって、どれだけ奥深くまで穴を掘ったのか。
もしかすると星のコアまで到達してしまったのでしょうか。

程なくしてクリプトン星は爆発してしまいます。

将軍もクーデターとかを起こしている場合ではないでしょうに。
他の国に人間を送る技術があるのなら、みんなで脱出も出来たはず。

さっさと宇宙船に乗って逃げなさいよ。

後にスーパーマンとなる赤ちゃんが地球に送られて33年。
結構経ちましたね。

最近の映画の主人公って30代以上という年齢設定が増えた気がする。
20代だと人生経験とか深みが足りないイメージなんですかね?

クリプトン星から来た赤ちゃんはケント夫妻に発見されて大切に育てられ、クラークと名付けられて筋肉ムキムキのマッチョな青年に成長していた。

ちなみにケント夫妻はクラークが普通の人間ではない事を知った上で育てている。
化け物扱いされずに、良い人たちに拾われてよかった。

彼らなら肌の色が緑色でも角や尻尾が生えていても、優しく受け入れていたでしょう。
爬虫類系のエイリアンなら、さすがに躊躇したでしょうけど。

クラークが乗ってきた宇宙船はケント家の物置小屋に保管されている。
少年時代にそれを見せられた彼は大人になったら自分のルーツを探すのが仕事だと父に言われ、現在は様々な職業を転々としながら旅を続けている。

自分の正体を知るスーパーマン

ある日、北極で氷漬けになっている巨大な謎の物体が発見されたとのニュース映像を目にしたクラークは作業員になりすまし早速現地へ向かう。
夜になりコッソリ現場に侵入。

そしてクラークを追って秘かに侵入していたデイリー・プラネット社の新聞記者ロイス・レインが彼女を新たな侵入者として検知したセキュリティロボに襲われて腹部を負傷。
そこに駆け付けたクラークは、腹部の傷を見て応急処置として目からビーム光線を照射して傷口を焼いて止血。

たごやま
たごやま

え・・・目からビーム?

その後、ロイスを置いて宇宙船で飛び去ってしまったクラーク。

この時点で能力的には覚醒しているという事ですね。
クリプトン星人が全員ビームを出せるのかは分からないけど、力はある程度自分で制御できる様子。

こういう設定の主人公って、自分の力の使い方が分からなくて同じ能力を持つ敵と戦っている内に覚醒するようなイメージだけど、もはやそういう考えは古いのかも知れない。

本人の肉体的レベルが最強なだけではなく、最強装備も序盤で手に入るのが今風です。

という訳で巨大な物体の中で色々と自分に関する事柄が判明し、特殊なスーツを入手し間からビームを出せるだけでなく飛行能力も追加されました。
どうやら太古の昔に地球にやって来たクリプトン星の船だった模様。

・・・赤いマントをはためかせ地球中を飛び回るクラーク。
どこかの国の軍事レーダーに引っかかったりしないのかな(笑)

クラークは地球の母マーサに自分の正体が分かった事を報告する為に久々に実家に戻るのですが、そのすぐ後にゾッド将軍が地球に襲来します。

ゾッド将軍はクリプトン星が爆発する前に逮捕されて、別の場所に収容されていたので惑星爆発の難を逃れていました。

罪名は300サイクルの刑
人の一生を1サイクルとしてそれを300回とかだったら恐ろしいけど、真相はよく分かりません。

ゾッド将軍はクリプトン星を再興する為なら他の惑星を亡ぼしても構わないという自分勝手な思想を持っているので、さすがにクラークとは対立しています。

地球側から見たらただの侵略者ですからね。

それにしてもクリプトン星人は全員クラーク並みに強い。
副官の女戦士も手強いし、将軍に至ってはクラーク同様に目からビームを出すし。

某漫画と同様に戦闘民族なのでしょうか!?

『マン・オブ・スティール』を鑑賞できる動画配信サービス

「Amazonプライムビデオ」・「U-NEXT」など他の動画配信サービスは新作映画が見放題対象に含まれるには一定期間待たないといけません。
※新作を視聴したい場合は追加料金を支払う必要がある場合が多いです。

しかもDCEUの作品は見放題作品になかなか含まれずに、ずっとレンタル作品のままな印象が強いです。
古い作品から順に徐々に見放題になってきているのですが、なんか他の映画と比較するとスピードが遅い気がする。

動画配信サービス比較・解説
サービス名月額料金(税込)同時視聴できる端末数無料お試し期間
U-NEXT2,189円4台31日間
Hulu1,026円4台
Amazonプライム600円3台30日間
各サービスの詳細は別途解説記事を参考にしてください。

無料期間中に退会手続きをしなかった場合は自動的に有料会員に移行します。
※Huluは無料期間がありません。

関連記事 『U-NEXT(ユーネクスト)』の特徴と入会方法の解説

関連記事 『Hulu(フールー)』の特徴と入会方法の解説

関連記事 『Amazonプライム(アマプラ)』の特徴と入会方法の解説

『マン・オブ・スティール』は、DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)の1作目。

2作目 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』あらすじ・感想

関連記事 『DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)』シリーズの記事一覧

DCEU作品の順番
  • マン・オブ・スティール
  • バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
  • スーサイド・スクワッド
  • ワンダーウーマン
  • ジャスティス・リーグ
  • アクアマン
  • シャザム!
  • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
  • ワンダーウーマン 1984
  • ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット
  • ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結
  • ブラックアダム
  • 続く・・・・