『スター・ウォーズ エピソード7 / フォースの覚醒』あらすじ・感想 | ハン・ソロが大変な事に!

『スター・ウォーズ エピソード7 / フォースの覚醒』の詳細情報

公開年  : 2015年
上映時間 : 2時間 15分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : J・J・エイブラムス
キャスト : ハリソン・フォード / キャリー・フィッシャー / アダム・ドライバー / デイジー・リドリー / ジョン・ボイエガ / オスカー・アイザック / ルピタ・ニョンゴ / アンディ・サーキス / ドーナル・グリーソン / グウェンドリン・クリスティ / アンソニー・ダニエルズ / ケニー・ベイカー / ピーター・メイヒュー / マーク・ハミル / マックス・フォン・シドー 他

『スター・ウォーズ エピソード7 / フォースの覚醒』登場人物(キャスト)

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)
密輸業者だったが、反乱同盟軍に加わり最後は将軍になった英雄。
その後レイアと結ばれ息子をもうけるが、その息子がダークサイドに堕ちてしまう。

この事にショックを受けたハンはレイアの元を去り、チューバッカと共に密輸業を再開。
ミレニアム・ファルコン号船長。

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)
ルーク・スカイウォーカーの双子の妹で、ダース・ベイダーの娘。

ハン・ソロとの間に生まれた息子ベンがダークサイドに惹かれている事に危機感を覚えた二人は、ルークに息子を預ける。

レイ(デイジー・リドリー)
惑星ジャクーで幼少期に別れた家族を孤独に待つ女性。
彼女の中にはフォースが眠っている。

カイロ・レン(アダム・ドライバー)
ハン・ソロとレイア・オーガナの息子で、本名はベン・ソロ。
帝国軍の残党が結成した組織「ファースト・オーダー」の幹部。

祖父であるダース・ベイダーを崇拝している。

チューバッカ(ピーター・メイヒュー)
長年ハン・ソロの相棒をしているウーキー族の戦士。
ミレニアム・ファルコン号の副操縦士

フィン(ジョン・ボイエガ)
幼い頃に誘拐されてファースト・オーダーのストームトルーパー(歩兵)として育てられたが、心に宿る正義に従いレジスタンスに加入。

ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)
レイア・オーガナによって組織された私設軍隊(レジスタンス)所属のパイロット。

マズ・カナタ(ルピタ・ニョンゴ)
1000年以上の時を生きている、フォース感応能力を持つ女性。

数世紀にわたる旅で収集した骨董品が彼女の城に保管されており、アナキン・スカイウォーカーが作成し息子のルークに受け継がれたライトセーバーも保管されている。

スノーク(アンディ・サーキス)
銀河帝国の復活を掲げるファースト・オーダーの最高指導者。
暗黒面のフォースを操り、カイロ・レンをダークサイドに引き込んだ人物。

アーミテイジ・ハックス(ドーナル・グリーソ)
ファーストオーダー軍の将軍。
超兵器スターキラー基地の指揮官。

C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)
ダース・ベイダーになる前のアナキン・スカイウォーカーによって組み立てられた翻訳ドロイド。
膨大な数の言語をプログラムされている。

R2-D2
C-3POと共にレイアに仕えている高性能ドロイド。
ルークの失踪直後からスリープモードになっている。

BB-8
ポーの相棒のドロイド。

キャプテン・ファズマ(グェンドリン・クリスティー)
ストームトルーパー時代のフィンの上官。

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)
銀河内戦を終結させた伝説のジェダイにして、ダース・ベイダーの息子。
ハンとレイアから預かり弟子とした甥のベンがダークサイドに堕ちた事に責任を感じ、失踪。

あらすじ | ルークが行方不明

エンドアの戦いから約30年後、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーが失踪。

その間に旧帝国軍の残党が組織したファースト・オーダーが台頭しレイア・オーガナ将軍が率いるレジスタンスとの熾烈な戦いが繰り広げられていた。

果たしてルークの行方は・・・

感想(ネタバレ含む) | なんだか既視感がある話

『スター・ウォーズ』シリーズ最終章・続三部作(エピソード7~9)の始まり。

時代はエンドアの戦いから30年後。
・・・いつの時代やねん!
とツッコまれそうなので解説します。

銀河帝国と反乱同盟軍による大決戦により帝国の超兵器第2デス・スターが破壊され、銀河皇帝シーヴ・パルパティーン(ダース・シディアス)とダース・ベイダー(ベイダー卿)が退場した戦い。

早い話がエピソード6 で描かれた戦い。

その後、銀河皇帝を失った帝国は内紛状態に陥り反乱同盟軍を中心とする新共和国へと再編され、帝国の残党たちはファースト・オーダーという組織を結成。

現在はレイア・オーガナが結成したレジスタンスが、ファースト・オーダーと戦っているという構図。

そもそもレイアが私設軍隊のレジスタンスを創設したのは、新共和国が帝国の残存勢力と平和条約を結んで大幅に軍備を縮小してしまったため。

この時レイアは帝国の残党は約束を守らないと見抜いていた。
案の定、残存勢力がファースト・オーダーを結成して侵攻を開始してしまった。
新共和国軍はというと、あっという間に壊滅状態になったそうな。

間抜けな話ですね。
新共和国の元老院はレイアが軍備縮小の危険性を訴えても耳を貸さなかったそうです。

・・・といった部分までをネットで調べなければ分からなかった。
映画内でもう少し説明が欲しかった。

エピソード6から7までの30年間に起こった出来事は、こんな感じです。

祖父ダース・ベイダーに憧れるカイロ・レン

あれから30年の月日が経過しているので、中心となるのはベイダー卿の孫世代。

ファースト・オーダー側にはベイダー卿の孫カイロ・レンがいます。
この人物はハン・ソロとレイアの実の息子。
ちなみに本名はベン・ソロ。

登場時にどうして敵側なのか分からなかったけど、どうやら伯父のルークに弟子入りした後に暗黒面に堕ちてファースト・オーダーに寝返った模様。

裏で暗躍していたのがファースト・オーダーの最高指導者・スノーク。
銀河皇帝と同じような雰囲気のヤバそうな人物。
この男に言いくるめられて寝返ったわけですよ。

・・・ベン、なに裏切ってんねん!

レジスタンス側に寝返った男

カイロとは逆にレジスタンスに寝返った男も登場。
名前はFN-2187。

ファースト・オーダーの兵士ストーム・トルーパーだったけれど、心に宿る正義に従い脱走兵となった。

もうこの時代になるとクローン兵の生産はしていないのかも知れない。
現在は志願兵の他に各地で誘拐した幼い子を洗脳してトルーパーにしている。
FN-2187も幼い頃に誘拐されたクチで、ある日、突如として洗脳が解けて戦場を離脱。

ファースト・オーダーって完全に悪の軍団ですね。

脱走後に出会ったレジスタンスのポーに、フィンと名付けられて本人もご満悦♪

孤独な女性・レイ

エピソード7の主人公はレイ。

レイが中心となって失踪したルークを探し始めるのだけど、一体何者なのかという話。
惑星ジャクーで幼い頃に生き別れた両親を待ち続けている孤独な女性。

フィンとの出会いによってジャクーを離れる事になるのだけど、両親が気になりますね。
親はルークなのだろうと思っていたら、どうやら違うみたいです。

後のエピソードで出自は明らかになりますが、そんな事よりもですよ、カイロとレンがライトセーバーで戦うシーンに非常に違和感が・・・。

伝説のジェダイであるルークの弟子だったカイロと、戦闘訓練を受けたことが無かったであろう女性が互角にやりあって最終的にレンの方が優勢で戦いは中断。

これはどういう事なのかという話。
誰だか知らないけど先祖の血がレイに力を与えたのか、カイロが実はそんなに強くないのか。

そういえばカイロはフィンにも一撃喰らっていたような・・・。

カイロはレイとの戦いの前にチューバッカに一撃を喰らって負傷していたという事情があるので、それが影響しているのかも。

レイア・ルーク・ハンの役者が続投

『エピソード7』は1983年のエピソード6公開から32年後に公開されたので、作品内の設定(30年後)とほぼ同じ。

レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャー、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、ハン・ソロ役のハリソン・フォードの3人がエピソード4 から変わらず続投。

レイアとルークはイイ感じにオバサンとオジサンになっているのに、ハン・ソロは年齢を重ねた感じはあるけど現役感バリバリで密輸業に精を出しています。
さすがハリソン・フォードですな。

ハン・ソロは息子がダークサイドに堕ちた事にショックを受けレイアの元を去り、チューバッカと共に密輸業者に逆戻り。

同じくルークも弟子のベンがダークサイドへ堕ちた事に責任を感じて失踪してしまった。

父親と伯父さんの心に負担を与えて、何をやっているんだという話ですよ。
レイに負けそうになるし、この時点のカイロ・レン(ベン・ソロ)には小物臭しか感じない。
彼はベイダー卿の遺品である焼け焦げた仮面を大切に保管している。

ダース・ベイダーの仮面が映し出されたシーンで一瞬だけ「ファンファンファン、ファ~ファファ~」と気の抜けた例のテーマ曲が流れる。
次回作以降で彼が成長して、ベイダー卿のテーマ曲を受け継ぐ日は来るのでしょうか!?

続三部作で気合の入った「ダーダーダーダーダダーダーダダー♪」が聞きたい。

この作品を観た他の人の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想が閲覧できます。
※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

エピソード4とエピソード7がダブって見える

『エピソード(EP)4』は帝国が誇る超兵器デス・スターの設計図を入手して破壊するまでが描かれて、同時にルーク・スカイウォーカーがジェダイとして歩みだすまでの物語。

今回の『エピソード(EP)7』もファースト・オーダーの超兵器スターキラーを破壊する事が目的で、レイのフォースが覚醒するまでが描かれている。

なんだか似ている気がする。

EP4ではベイダー卿と彼の師匠オビ=ワンが戦って、オビ=ワンが退場。
EP7ではカイロ・レンの手によって残念な事が起こってしまった。

重要人物があっさり退場・・・やっぱり似ている気がする。

エピソード1~6まではジョージ・ルーカスが製作総指揮をしていたけど、7以降は権利関係がディズニーに移った事でルーカス監督は作品と距離を置いたそうです。

後のインタビューでルーカス監督は自分なら全く違った内容のものを制作していたと語ったそうな。

まあ、それはそれとして次回は『スター・ウォーズ エピソード8/ 最後のジェダイ

『スター・ウォーズ』シリーズまとめ
タイトルとURLをコピーしました