『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』あらすじ・感想 | 西部開拓時代でドクが運命の人と出会う

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』の詳細情報

公開年  : 1990年
上映時間 : 1時間 58分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : ロバート・ゼメキス
キャスト : マイケル・J・フォックス / クリストファー・ロイド / トーマス・F・ウィルソン / リー・トンプソン / メアリー・スティーンバージェン / エリザベス・シュー / ジェームズ・トールカン 他

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』登場人物(キャスト)

マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)
ドクを救出する為に1885年にタイムスリップする高校生。

エメット・ブラウン博士 / ドク(クリストファー・ロイド)
タイムマシンの不具合で西部開拓時代に時間移動してしまった科学者。

ビュフォード・“マッド・ドッグ”・タネン(トーマス・F・ウィルソン)
ビフの先祖の早撃ちガンマン。
マッド・ドッグの異名を嫌っている。

クララ・クレイトン(メアリー・スティーンバージェン)
教師として町に赴任してきた女性。

ストリックランド保安官(ジェームズ・トールカン)
町の平和を守る保安官。
マーティが通っている高校の教頭先生の先祖で、ビュフォード逮捕の機会を待つ。

あらすじ | ドクを救出するため西部開拓時代へタイムスリップ

1885年のドクから届いた手紙を持って、1955年のドクに再び助けを求めるマーティ。
困惑しながらも手紙を読んだドクは、過去に飛ばされた未来の自分が書いた手紙の指示通りにデロリアンを修復。

大急ぎで必要なものを用意してドクを迎えに西部開拓時代へ行く事に。

感想(ネタバレ含む) | ドクに恋人ができちゃった

前作『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で落雷によって誤作動を起こしたデロリアンは、どうやら1885年にタイムスリップしたらしい。
マーティが今いるのはドクが飛ばされた時代から70年後の1955年、裁判所の時計台に落雷があった直後の時間。

もう一人の自分を未来に送り届けた直後のドクに駆け寄るマーティ。
戻ってきたマーティを見てショックの余り気絶したドクを家に運んで手紙を見せる。

手紙によるとドクは現地で鍛冶屋を営みながら生計を立てているとの事。
デロリアンは炭坑跡に保管しているという。
無事に発見したまでは良かったんですが、そこであるものを発見して絶句。

これはかなりショッキング。

100年前からタネン一族と因縁のあるマクフライ家

図書館で過去の歴史を調べてみると、またしてもタネンという男が絡んでいることが判明。
今回はパート2でタネン家の歴史を紹介するミュージアムで出てきたガンマン、ビュフォード・タネンが関係しています。

何処までも絡んで来る因縁のタネン一族。
パート1ではビフ・タネン、パート2ではグリフ・タネン、そして今回はタネン家の始祖とされるビュフォード・タネン。
凶暴な性格からマッド・ドッグという通り名で呼ばれていたと新聞に載っていました。

まずは酒場で情報収集

何としても過去に飛ばされたドクを救出に行かなければならないマーティは、若いドクの協力を得てタイムスリップ。

まず町に入ったら人が集まる場所に行き情報収集をするのがRPGの鉄則。
そこで酒場に入るマーティ。

気を付けなければならないのが前々作ではビフと、前作ではグリフと揉め事が起きました。
さて今回は・・・店員に鍛冶屋の事を聞こうとするマーティの前に、やはりヤツが登場。

手下を引き連れて入店して来た、いかにも悪そうな男。

おい、マクフライ!
どうやら後姿がマーティの先祖に似ていた模様。

シリーズを通して毎度同じように声を掛けられるマーティ。

店員の口から男の名を聞いたマーティは思わず、
タネン・・・マッド・ドッグ・タネンか?
どうやら本人はその通り名が嫌いらしくて乱闘騒ぎに。

それにしてもタネン一族、面倒な奴らですな。
ビュフォードがタネン家の始祖という事は、この男を今のうちに始末しておけば、後々面倒事が起こらなくなるのでは?

でもこの感じだと、正式な奥さんがいなくても、プロのお姉さんの中の一人がいつの間にかビュフォードの子供を身ごもっていた可能性も否めませんね。
もう既に、面倒な遺伝子は次の世代に受け継がれてしまった後かもしれない。

恋に落ちたドク

マッド・ドッグ・タネンとひと騒動の後にようやくドクと再会。

ドクの現在の住居で元の時代に戻る相談をしていると、ある女性が訪ねてくる。
その後、ドクはその女性にゾッコン。
天才科学者にようやく春が訪れました。

とはいえ、ドクとマーティは元の時代に戻らなくてはいけない。
断腸の思いで別れを告げに行き、

ドク?
ドク?

実は私は未来から来たんですよ。

と本当の事を言っているにもかかわらず、

クララ?
クララ?

ナメとんか、もっとマシな嘘つかんかい!

と激怒され、ビンタをお見舞いされる。

まあ、普通はそうですよね(笑)

でもドクは彼女に未練タラタラ。

一方のマーティは、タネンに喧嘩を売られて決闘をする事になってしまう。
この決闘シーンについては、絶妙にパート2に伏線が張られている。

未来に戻らないといけないのに、面倒事が立て続けに発生。
まあドクの場合は、酒場でただウジウジしているだけだけど。

この作品を観た他の人の感想(レビュー)を見てみる

※登録は一切不要で自由に感想を閲覧できます。
※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

三部作を見終えて(シリーズ全作がうまくリンクしている)

何度も見ている作品なんだけど、何度見ても面白い!
未だにどこかしらのチャンネルで毎年のように再放送されているのも納得です。

パート1でビフの子分だった3D眼鏡の男は、ビフが大富豪になった1985年にMr.マリックのような容姿に(笑)

マーティは未来では日系企業に勤めている感じですね。
それにしても経営者の名前は、どうにかならなかったのか。
この映画の製作・公開当時は日本がバブルの絶頂の頃だと思いますが、もしかしてヨイショ的な!?
まあマリックさんは関係ないでしょうけど。

ところでドクはクララと年齢差がある感じだけど、未来の若返りクリニックで血液や臓器を入れ替えて寿命が30年ほど伸びたと言っていました。
となれば、子供が生まれても大人になるまで十分に時間がありますね。

結局ドクがどうなったかというと、ある意味で大変な事になっています。

タイトルとURLをコピーしました