『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』あらすじ・感想 | 監獄の看守ディメンター(吸魂鬼)の恐ろしさよ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の詳細情報

公開年  : 2004年
上映時間 : 2時間 22分
製作国  : アメリカ合衆国・イギリス
監督   : アルフォンソ・キュアロン
原作   : J・K・ローリング
キャスト : ダニエル・ラドクリフ /ルパート・グリント / エマ・ワトソン / ジュリー・クリスティ / ロビー・コルトレーン / マイケル・ガンボン / リチャード・グリフィス / ゲイリー・オールドマン / アラン・リックマン / フィオナ・ショウ / マギー・スミス / ティモシー・スポール / デヴィッド・シューリス / エマ・トンプソン / デイビッド・ブラッドリー / トム・フェルトン / パム・フェリス / ドーン・フレンチ / ロバート・ハーディー / ジュリー・ウォルターズ / マーク・ウィリアムズ 他

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』登場人物(キャスト)

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)
ホグワーツ魔法魔術学校3年生。
グリフィンドール寮所属。
母に授けられた防御魔法によりヴォルデモートを退けた事から、魔法界では有名人。

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)
ハリーとハーマイオニーの同級生で親友。
グリフィンドール寮所属。
両親ともに純血の魔法使いだけど、なんとなくポンコツ感が漂う。

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)
ハリーとロンの同級生で親友、いつも三人で行動している。
グリフィンドール寮所属。
両親は共にマグル(魔法が使えない人間)だけど、真面目な努力家で優秀な生徒。

ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)
ハリーたちの同級生でスリザリン寮所属。
純血のマルフォイ家の息子としてプライドが高く、マグルの混血の魔法使いを見下す。
いつも偉ぶっているけど、基本的に臆病者。

シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)
魔法界の刑務所「アズカバン」に収監されていたが、少し前に脱獄。

リーマス・ルーピン(デイビッド・シューリス)
「闇の魔術に対する防衛術」の教授に就任した新任の先生。
ハリーの父ジェームズ・ポッターと親友だった。

ピーター・ペティグリュー(ティモシー・スポール)
ある事件により亡くなったとされている人物。

アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)
ホグワーツ魔法魔術学校の校長。
魔法界で偉大な功績を残し、多くの人々から尊敬される人物。

セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)
「魔法薬学」の教授。
スリザリン寮の寮監。
何故かハリーたちグリフィンドール寮生に厳しい。

ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)
「変身術」の教授。
グリフィンドールの寮監。
公平公正をモットーとする厳格な人物。

ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)
「魔法生物飼育学」の教授に就任したハリーの親友。

あらすじ | ハリーの命を狙う脱獄犯!?

アズカバン刑務所からシリウス・ブラックという凶悪犯が脱走。
噂ではハリー・ポッターの命を狙っているという。

警備の為にホグワーツに派遣されたディメンター(吸魂鬼)に興味を持たれたハリーは、新任のルーピン教授から彼らに対抗するための魔法を伝授される。

感想(ネタバレ含む) | なぜかあの科目の先生は変わり者ばかり

未だかつて誰も脱獄した事が無いアズカバン刑務所から、シリウス・ブラックという囚人が脱走したそうです。
魔法界ではその話題で持ち切り。
その男は決して名前を出してはいけないあの人物と通じていて、ハリーの命を狙っているというではありませんか。

3年生に学年が上がって、またまた命を狙われるハリー。
有名人は辛いですね。
あの人物の肉体を消滅させた原因がハリーだから、仕方ない面もありますけど。

シリウス・ブラックを警戒して、各地にアズカバンの看守をしているディメンターと呼ばれる死神のような連中が送り込まれ、ホグワーツ魔法魔術学校もその対象。

彼らは吸魂鬼であり、文字通り相手の魂を吸い取ってしまう存在。
希望や幸福といったプラスの感情を吸い取って廃人のような状態にしてしまうのだそうな。
つまりディメンターに感情を吸われると、夢も希望もなくなり脱獄する意欲もなくなるという訳ですよ。

そんな中でシリウス・ブラックはどうやって脱獄することが出来たのでしょうか?
刑務所を脱獄する位だから、もしかすると気合だけで何とか出来る強靭な精神の持ち主かも!?
私なら何もかもを吸い取られて、すぐにポックリ逝く自信がありますけどね。

ハリーがホグワーツに向かう列車の中で運悪くディメンターに興味を持たれてしまって感情を吸い取られた時に、たまたま同じ席に乗り合わせていた新任のルーピン先生からチョコを貰っていました。
チョコレートを食べると憂鬱な気分が晴れるとの事。
甘いものを食べると少し幸せな気分になるとか、そんな感じでしょうか。

「闇の魔術に対する防衛術」の新たな先生

しかし「闇の魔術に対する防衛術」という科目は鬼門ですな。
1年生の時はとんでもない秘密を持った先生、2年生の時はポンコツな先生。
今回のリーマス・ルーピン先生はまともに見えるけど、どうなんでしょうか。

生徒からも人気があるし、ハリーの相談に親身になって答えてくれるし、さらにディメンターに対抗するための守護霊の呪文まで教えてくれるというサービスっぷり。
ようやく良い先生が来てくれたじゃないですか。

ホグズミード村に行くための便利アイテムを入手!

ホグワーツ魔法魔術学校では3年生になると、保護者の許可証があれば近隣のホグズミード村を訪れることが出来るようになる。
この村はイギリスで唯一、住民の全員が魔法族なので何かと都合の良い場所。
学生の他に教職員もよく出入りしているという話。

ただ、ハリーの保護者は母の妹だけど意地悪な叔母夫妻なので当然許可証にサインはしてもらえない。
血縁者と一緒に暮らさないと母から授かった防御魔法が弱まるのが悔しいところですね。
学校が長期休暇の時は、一人前になるまで我慢して叔母夫妻の家で過ごさないといけません。

血縁者と一緒にいないといけないというのは小説版で描かれている裏設定だそうで映画版では描かれていないけど、第一作目の冒頭のシーンでダンブルドア達が叔母夫妻の家の前に赤ちゃんのハリーを置いて行った時にそれらしい描写がありました。

マクゴナガル:「ホンマにこの家にハリーを預けるんか?」
ダンブルドア:「他にアテは無いし、ハリーの血縁者はこの家族だけなんやで。」

マクゴナガル:「でも、あいつら人間の中でも最低レベルのクズやで?」
えなり:「そんなこと言ったってしょうがないじゃないか。」

ダンブルドア・ハグリット:「誰やアイツ!?」

私の記憶が確かならば、こんなやり取りがあったような気がします。

このシーンが小説に描かれている「血縁者と一緒に過ごさないといけない」という事を表現しているのだと思うけど、もう少し説明が欲しかった。
結局自分で調べて理由が分かったけど。

しかしこの程度の事で諦めるハリー・ポッターではない。
ある親しい関係者から便利なアイテムを譲られ、透明マントを駆使して村への潜入に成功。
なんだかRPGのクエストみたいですね。

ハリーは透明マントで身を隠しながら村を散策して様々な情報を収集。
そしてシリウス・ブラックについての衝撃的な事実を知る。
偶然大人たちの会話を聞いてしまった訳ですよ。

ハリー少年は深く傷つき、マントに隠れて一人でメソメソしていたところをロンとハーマイオニーにあっさり見つかってしまう。
姿を隠せても雪の上の足跡は隠せなかったみたい。
これは盲点ですね、雪の中での潜入捜査を行う際には特に気を付けないと。

ロンとハーマイオニーよりも先に、ロンの兄にも同様にバレていましたけどね。

魔法道具の店が並ぶダイアゴン横丁で、足音を鳴らさず足跡を付けない魔法の靴とか売ってないですかね?
ハリーは両親から莫大な遺産を相続しているので、多少高くても買えると思うのですが。

ハリーはまだ未熟なので魔法は失敗とか副作用が怖いけど、魔法道具なら安全な気がします。

でも、もしかすると学生や未成年の魔法使いがそういう道具を持つことは禁止されているのかも知れませんけどね。
所持が見つかると、アズカバン送りになるとかだったら最悪ですよ。
またディメンターの餌食になってしまう。
そうなるとまたショワーッと魂を吸い取られて・・・これが怖いんですよ。

■ Amazon プライムビデオで他の人の感想を読む >>

※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

脱獄犯シリウス・ブラックと遂に対面

村から戻ったハリーは、ロンとハーマイオニーと共にシリウス・ブラックと対面。
そこにルーピン先生やスネイプ先生まで乱入して、現場は大混乱。

前回はハーマイオニーがハプニングに見舞われてロンと二人だけの頼りなさげなコンビだったけど、今回はずっと彼女がいるので非常に心強い。

ハーマイオニーはマクゴナガル先生からあるアイテムを貰っていて、それが今回のキーアイテムとなる。
陰で色々と優遇されているのはハリーだけじゃなかったんですね。

それにしても軍師ハーマイオニーがいるというだけで、この安心感。
ちなみにロンは足を負傷して医務室送りになって退場。

あらゆる金属を純金に変化させられる賢者の石も欲しいけど、ハーマイオニーが貰ったアイテムはもっと欲しい。
これさえ入手できれば世の中思い通りに・・・と思ったら調べてみるといくつか制約があるみたいで、そう上手くはいかないみたいですな。

もし悪用したのがバレてアズカバンに収監されるような事にでもなったら、私なんかディメンターにシュコーッとやられて一発アウトですよ。
私はこの記事で何回ディメンターにやられているんだ(笑)
悪い事はするものじゃないですね。

今回は大きな戦いがあった訳でもなく、ハリー・ポッターの両親と周囲の人間関係を知ることが出来たという話。
そして相変わらずマルフォイはヘタレだったという事。

次回は、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
4年生になったハリーは、三大魔法学校対抗試合の選手に選ばれる。

タイトルとURLをコピーしました