『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』あらすじ・感想 | キャップ派とアイアンマン派が対立!

『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』

公開年  : 2016年
上映時間 : 2時間 28分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   :ジョー・ルッソ / アンソニー・ルッソ
キャスト : クリス・エヴァンス / ロバート・ダウニー・Jr / スカーレット・ヨハンソン / セバスチャン・スタン / アンソニー・マッキー / ドン・チードル / ジェレミー・レナー / チャドウィック・ボーズマン / ポール・ベタニー / エリザベス・オルセン / ポール・ラッド / エミリー・ヴァンキャンプ / マリサ・トメイ トム・ホランド / フランク・グリロ / マーティン・フリーマン / ウィリアム・ハート / ダニエル・ブリュール 他

『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』登場人物(キャスト)

スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)
ソコヴィア協定反対派のキャプテン・アメリカ、通称キャップ。

トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)
ソコヴィア協定賛成派のアイアンマン。

ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)
元S.H.I.E.L.D.エージェントのスパイ、コードネームはブラック・ウィドウ。

ジェームズ・ブキャナン・“バッキー”・バーンズ(セバスチャン・スタン)
ヒドラによりウィンター・ソルジャーに改造されたスティーブの親友。

サム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)
ファルコンとしてアベンジャーズに一員になった元落下傘兵、スティーブの親友。

ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ドン・チードル)
ウォーマシンを操る空軍大佐、トニーの親友。

クリント・バートン(ジェレミー・レナー)
ホークアイの名で活動していた元S.H.I.E.L.D.のベテランエージェント。

ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)
超文明国家ワカンダの王子、ブラックパンサーとして参戦。

ヴィジョン(ポール・ベタニー)
元トニーのサポートAIだったJ.A.R.V.I.S.を移植された究極の人造人間。

ワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)
ソコヴィア出身の強化人間、コードネームはスカーレット・ウィッチ。

スコット・ラング(ポール・ラッド)
サムにスカウトされたアントマン。

ピーター・パーカー(トム・ホランド)
トニーがスカウトしたスパイダーマン。

あらすじ | アベンジャーズが真っ二つに分裂

ソコヴィアでのアベンジャーズとウルトロンの戦いから1年。
キャプテン・アメリカはナイジェリアでヒドラの残党によるテロを阻止する為にメンバーを率いて出動。
しかし敵の自爆攻撃を防ぎきれず、一般市民に犠牲者を出してしまった。

この件がきっかけとなり、アベンジャーズが国連の管理下に入る「ソコヴィア協定」への署名を迫られるメンバー達。

感想(ネタバレ含む) | 規律のトニーと信念のスティーブ

キャップ率いるアベンジャーズがナイジェリアでヒドラの残党によるテロ計画を阻止した際に、一般市民に犠牲者が出てしまった。

世間からの非難により、ソコヴィア協定に署名を迫られる

アベンジャーズの拠点に戻ったヒーロー達は、今回作戦に参加していないアイアンマンことトニー・スタークも交えて、アメリカ国務長官と会合。

世間ではニューヨーク、ワシントンDC、ソコヴィア、そして今回のナイジェリアでの戦いで一般人に犠牲者を出した事への非難の声が上がっており、アベンジャーズを国連の管理下に置く「ソコヴィア協定」に多くの国が賛同していると伝えられ、トニーは署名する事に賛同の意を示す。

少し前にトニーはソコヴィアでアベンジャーズとウルトロンの戦いの犠牲になった若者の母親から非難され、自責の念に駆られている様子。

傲慢で自分勝手、とにかく縛られることが大嫌いな性格だったトニー・スタークだけど、初めてアベンジャーズとして仲間たちと戦ったニューヨークでの戦いから、だんだん変わってきましたね。

しかしキャップは署名に反対。
国連が自分達を管理下に置いて上手くいっている時は良いが、間違った方向に進んだ時に誰が軌道修正をするのか、誰にも属さない中立の立場でなければ公平な判断が出来ないという信念を曲げない。

正義感の強いキャップは、常に中立の立場で自由に行動できる方が平和維持に役立つと考えている。

ヒーロー同士の会議にはローディ大佐やサムも正式なアベンジャーズの一員として参加しているのは分かるけど、ヴィジョンが普通にいる(笑)
しかも秀才キャラっぽい感じの服装。

ヴィジョンはトニーのサポートAIだったJ.A.R.V.I.S.ジャーヴィスを移植した人造人間で、額にはロキの杖に装着されていたインフィニティストーンの一つマインド・ストーンが埋め込まれている。
ウルトロンとの戦いの時に最終兵器として生まれたヴィジョンは、正式にアベンジャーズの一員になっていた。
ちなみに現在のトニーのサポートAIは、F.R.I.D.A.Y. フライデーという名前。

アベンジャーズもずいぶんと賑やかになりましたな。
ソーはアスガルドに戻っていて、ハルクは行方不明、ホークアイは引退しているので今回三人は署名には不参加。

初恋の女性・ペギーの葬儀に参列するキャップ

結論が出ないまま、ペギー・カーターが亡くなったとの知らせを受けたスティーブは途中退席しイギリスへ向かう。

葬儀に参列しているスティーブの隣にはサムの姿も。
今やすっかり相棒関係ですね。

ペギーとスティーブとの出会いは、肉体強化実験を受ける前に遡る。

そういえばフューリーは現在何をしているのでしょうか?
自らの死を装ってヒドラの残党を追ってヨーロッパに旅立って・・・
ウルトロンとの戦いの時にはアベンジャーズを激励しに登場したけど、今は???

そのうち何処かで登場するでしょう。

キャップ何度目かの指名手配

スティーブ達がイギリスにいる頃、ウィーンで国連会議が開催されアベンジャーズの代表としてナターシャが出席。
そこでアフリカのワカンダ王国の国王が演説中にテロ事件が発生。

監視カメラの映像に映っていた犯人と思しき人物は、スティーブの親友でありウィンター・ソルジャーとしてヒドラに洗脳され肉体を強化改造されたバッキー・バーンズ。

バッキー何してんねん。

彼を捕らえるために特別部隊が編成されたが、スティーブはサムと共に先んじてバッキーとの接触を試みる。

そこでバッキーとは接触できたんだけど、話しかけてみるとキャップの事は博物館で得た情報として知っているだけで、親友のスティーブとの認識はない様子。
洗脳が中途半端な状態で、自分が何者なのか分からずに混乱している感じ。
そしてウィーンでのテロの犯人は自分ではないと主張。

そうこうしている内にサムから連絡が入り、特殊部隊が迫ってきているとの事。
キャップはバーンズを逃がす決断をして、逃走をサポート。

そしてキャップはお尋ね者になってしまった。
この人も、よく追われる立場になる人ですね。

アベンジャーズ vs アベンジャーズ

キャップ達の行動を見越して待ち受けていたトニー派の面々と対峙する反対派。
こちらにはトニーがスカウトして連れてきたスパイダーマンとナターシャに声をかけられた陛下が加入。

という訳で空港で超人ヒーロー同士の内戦が始まります。

協定賛成派のアイアンマンウォーマシンブラック・ウィドウスパイダーマンブラックパンサー、少し遅れてヴィジョンも参戦。

対する反対派は、キャプテン・アメリカファルコンスカーレット・ウィッチホークアイアントマン、そしてバッキー

ブラックパンサーは執拗にバッキーを狙い、スパイダーマンは所々で子供っぽさが目立ち、アントマンはブラック・ウィドウに股間を蹴られ、ヴィジョンとワンダは魔法戦。

ソーはともかく、ここにハルクがいたらさらに大変な事になっていたのは間違いない。
彼は現在・・・変な事になっています。

最初から最後までアベンジャーズの内戦

今回は強大な敵が出現したとかではなくて、アベンジャーズメンバー同士の内紛。
次回作以降、どうなるのかが気になるところ。

キャップの新旧相棒のサム&バッキーにも今後何かありそうな予感。
バッキー:「後ろが狭いので車のシートを少し前に出してくれないか?」
サム:「断る」(笑)
この二人に関しては別の作品で色々と。

■ Amazon プライムビデオで他の人の感想を読む >>

※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

という事で、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズの第13弾『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』でした。
この作品からフェーズ3(第三期)の始まり。

第14弾は『ドクター・ストレンジ』
主人公は医師版トニー・スタークのような男。
事故により天才外科医から魔術師に転身したという話。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズをまとめて解説
タイトルとURLをコピーしました