『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』あらすじ・感想 | ワンダがまさかのラスボス化

『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』詳細情報

公開年  : 2022年
上映時間 : 2時間 6分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : サム・ライミ
キャスト : ベネディクト・カンバーバッチ / エリザベス・オルセン / キウェテル・イジョフォー / ベネディクト・ウォン / ソーチー・ゴメス / マイケル・スタールバーグ / レイチェル・マクアダムス 他

『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』あらすじ

スパイダーマンとの一件で禁断のマルチバースへの接続の呪文を使ってしまったドクター・ストレンジは、奇妙な夢を見た。

翌日、街に現れた怪物に襲われていた少女を救うと、彼女は夢で見た人物だった。

少女の話によるとストレンジが見た夢は現実であり、多次元宇宙(マルチバース)での出来事であるとの事。

ストレンジはマルチバースの知識に精通していると思われるワンダ・マキシモフの元を訪ね、協力を依頼する。

主要登場人物(キャスト)

スティーヴン・ストレンジ / ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
交通事故により外科医を引退し、魔術師に転身した男。

ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)
強力な力を持つ魔女にしてアベンジャーズのメンバー。
とある理由により闇落ちしてしまい、異次元間移動能力を求めてストレンジと対立する。

うんどん
うんどん

もしかしてワンダって、ヘラ様より強いかも!?

関連記事 『マイティー・ソー バトルロイヤル』あらすじ・感想

ウォン(ベネディクト・ウォン)
ストレンジの盟友の魔術師。
現在は至高の魔術師としてストレンジよりも高い地位にある。

クリスティーン・パーマー(レイチェル・マクアダムス)
ストレンジの元恋人。

アメリカ・チャベス(ソーチー・ゴメス)
異次元間移動能力を持つ少女。
本人は力を制御できていない。

感想(ネタバレ含む)フェーズ4はマルチバースが物語の中心

ドクター・ストレンジの単体作品では2作目だけど、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4に属するシリーズなので、この作品を観る前にいくつかの作品を事前に観ておいた方がスムーズに物語に入り込めます。

観ておくべき作品1 『ドクター・ストレンジ』あらすじ・感想

マルチバース(多次元宇宙)とは、平行世界とも呼ばれている異世界の事。
この概念が出てきたのは、スパイダーマンがストレンジに助けを求めた作品。

観ておくべき作品2 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あらすじ・感想

次に観ておいた方が良い作品が、動画配信サービス「ディズニープラス」で独占配信されているマーベル作品のスピンオフドラマ『ワンダヴィジョン』。

この作品でワンダは子供との悲しい別れを経験して、闇落ち寸前のヤバい状況になってしまった。

そういう背景を知った上で観ないといけないので、少々面倒です。

『ワンダビジョン』に関しては観ていなくても、上記の通りワンダが現在置かれている状況を知っておくだけでも大丈夫ですけどね。

最強の魔女 ワンダがラスボス化

夫を失い、子供達までも失った彼女はただでさえ危険な精神状態なのに、
そこにストレンジが

「多次元宇宙(マルチバース)を自由に移動できる能力を持つ少女がいるのだけど、ちょっと協力してくれない?」

と話を持ち掛けた訳です。

その話を聞いたワンダは、少女の力を利用してマルチバースに移動すれば失った子供達に会えると考えてしまい完全に黒い魔女に変貌しラスボス化!

最初に登場した時はただの超能力少女といった感じだったのに。

関連記事 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』あらすじ・感想

最終的にストレンジ vs スカーレット・ウィッチ(アベンジャーズ加入前のワンダの名前)という構図になります。

ワンダって、こんなにヤバかったのか・・・。

うんどん
うんどん

現在に至っては、もはやキャプテン・マーベルより強いのでは・・・

関連記事 『キャプテン・マーベル』あらすじ・感想

ストレンジはいつの間にか世界を救うヒーローになっていますが、人間的によく成長したものですな。

魔術師になる前は唯我独尊のどうしようもない男だったのに。

関連記事 『ドクター・ストレンジ』あらすじ・感想

それにしても、ドクター・ストレンジは禁断の扉を色々と開きすぎ(笑)

マルチバースの設定は一歩間違えるとつまらなくなる

この作品は平行世界を移動しながら問題の解決策を探っていくのだけど、自分の世界と別次元の世界は姿形が同じ人物でも立場や考え方が違っているので、必ずしも仲間ではないし敵対する訳でもない。

設定は面白いんですけどね。

2025年にアベンジャーズが集合する作品が制作されるみたいだけど、マルチバースと絡めてどのような感じになるのでしょうか。

でも過去に退場したキャラクターが再登場するとかは、やめておいた方が良い気がします。

例えばアイアンマンが異世界では生きていて再登場したところで、なんか違う気がする。

そもそもMCUを知らないと世界観について行けない

今回の作品や『ワンダヴィジョン』は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェーズ4に分類されます。

フェーズ3までは宇宙の帝王サノスの野望を打ち砕くための戦い「インフィニティ・サーガ」だったけど、フェーズ4に入ってからは一体何が目的となっているのでしょう?

もしかしてMCUが方向性を見失って迷走を始めたかな?
と思いきや、フェーズ4~6までを「マルチバース・サーガ」という名称に決定。

うんどん
うんどん

「フェーズ6」まであるんかい!

マルチバースの概念は一歩間違えると何でもアリになってしまう危険な設定なので、やり過ぎないようにして頂きたいですが、フェーズ4に分類される作品は映画から派生したスピンオフドラマと関連があったりするので、ある程度MCU作品に関する全体的な知識を持っていないとついて行けない部分があります。

フェーズ4に入った直後は「MCU」は迷走の挙句にいつの間にか終わってしまうのかと危機感を抱いていたけど、これからハイペースで新作が公開されるみたいで楽しみです。

設定や目的が分かると、急に作品の面白味が増すというのが興味深い。
人間の心理って不思議ですな。

『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』を視聴できるサブスクサービス

『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』は、
「ディズニープラス」以外に「Amazonプライムビデオ」や「U-NEXT(ユーネクスト)」などの動画配信サービスで視聴する事が可能ですが、レンタルDVDの取り扱いはありません。

ディズニー系(マーベルスタジオ等)の作品は今後もネット配信が中心となるようです。

さらに『ワンダヴィジョン』のようなドラマに至っては「ディズニープラス」でしか視聴できません。

関連記事 「Disney+ ディズニープラス」の特徴とデメリット

映画はディズニー作品であっても他の動画配信サービスで視聴できますが、オリジナルドラマに関しては「ディズニープラス」の独占配信という形態となっています。

これは「Amazonプライムビデオ」や「Netflix(ネットフリックス)」がオリジナル作品を独占配信しているのと同じなので特に違和感はないですが、DVDレンタルが無いのは地味に痛いですね。

スピンオフドラマに興味がなくて映画を観たいだけなら、無料お試し期間があるサブスクサービスを利用するとお得です。

無料お試し期間が長い動画配信サービス

関連記事 『Amazonプライム』の特徴とデメリット
※無料お試し期間30日
※無料期間初日に解約しても期間満了日(30日後)まで利用可能

関連記事 『U-NEXT(ユーネクスト)』の特徴とデメリット
※無料お試し期間31日
※解約手続きをした時点で即日利用不可になるので注意が必要!

残念ながら「ディズニープラス」、「Netflix(ネットフリックス)」には無料お試しの設定がありません。

タイトルとURLをコピーしました