『アベンジャーズ / エンドゲーム』あらすじ・感想 | カギを握るのは量子世界から生還してきたあの男

『アベンジャーズ / エンドゲーム』の詳細情報

公開年  : 2019年
上映時間 : 3時間 2分
製作国  : アメリカ合衆国
監督   : ジョー・ルッソ / アンソニー・ルッソ
キャスト : ロバート・ダウニー・Jr / クリス・エヴァンス / マーク・ラファロ / クリス・ヘムズワース / スカーレット・ヨハンソン / ジェレミー・レナー / ドン・チードル / ポール・ラッド / カレン・ギラン / ブラッドリー・クーパー / ブリー・ラーソン / ダナイ・グリラ / ベネディクト・カンバーバッチ / チャドウィック・ボーズマン / トム・ホランド / ゾーイ・サルダナ / エヴァンジェリン・リリー / テッサ・トンプソン / レネ・ルッソ / エリザベス・オルセン / アンソニー・マッキー / セバスチャン・スタン / トム・ヒドルストン / ベネディクト・ウォン / ポム・クレメンティエフ / デイヴ・バウティスタ / レティーシャ・ライト / ジョン・スラッテリー / ティルダ・スウィントン / ジョン・ファヴロー / ヘイリー・アトウェル / ナタリー・ポートマン / マリサ・トメイ / タイカ・ワイティティ / アンジェラ・バセット / マイケル・ダグラス / ミシェル・ファイファー / ウィリアム・ハート / コビー・スマルダーズ / ヴィン・ディーゼル / グウィネス・パルトロー / ロバート・レッドフォード / クリス・プラット / サミュエル・L・ジャクソン / ジョシュ・ブローリン 他

『アベンジャーズ / エンドゲーム』登場人物(キャスト)

トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)
ネビュラと共に惑星タイタンを脱出し地球に帰還したアイアンマン。

スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)
周囲の人々を励ましながら今後を模索するキャプテン・アメリカ。
通称キャップ。

ブルース・バナー(マーク・ラファロ)
バナー博士の人格のままハルクとの融合に成功。
体がハルクで顔がバナーという変な感じになっている。

ソー(クリス・ヘムズワース)
アスガルドの王、現在地球で酒浸りの引きこもり生活中。
お腹がボヨンボヨンの中年体型に変貌。

ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)
コードネームはブラック・ウィドウ。
アベンジャーズを家族のように大切にしている。

クリント・バートン(ジェレミー・レナー)
ホークアイの名でアベンジャーズに在籍していたが引退。
現在、ある事がきっかけで必殺仕置き人に変貌。

ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ドン・チードル)
トニー・スタークの親友。
アイアン・パトリオットとしてアベンジャーズに在籍。

スコット・ラング(ポール・ラッド)
デシメーション後に量子世界から脱出したアントマン。
アベンジャーズ本部を訪ねて、ある事を提案。

ロケット【ブラッドリー・クーパー(声)】
アライグマの姿をした元人間で、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの一員。

ネビュラ(カレン・ギラン)
トニー・スタークと共に惑星タイタンを脱出したサノスの義理の娘。

キャロル・ダンヴァース(ブリー・ラーソン)
ニック・フューリーの要請で地球に帰還したキャプテン・マーベル。
もしかすると、もっと早くに現れていたら一人でサノスをどうにか出来たかも!?

サノス(ジョシュ・ブローリン)
6つのインフィニティ・ストーンを集めデシメーションを発動、全宇宙の生命体の半分を消し去った張本人。

あらすじ | 宿敵サノスにリベンジ

サノスにより全宇宙の生命体の半分が消滅してから3週間、宇宙を漂っていたトニー・スタークとネビュラは、キャロル・ダンヴァースにより救助され地球に到着。

生き残ったヒーロー達は決着をつけるべくサノスを急襲するが、消滅した者達が戻る事はなかった。

感想(ネタバレ含む) | 時間泥棒作戦

トニー・スタークはネビュラと共に宇宙を漂っていた時にキャプテン・マーベルが助けに来てくれた。

宇宙空間で普通に生身の状態で活動できるほどの規格外の力を持つ彼女が、サノス襲来時にいてくれたらこんな事にはならなかったはずだけど、地球にはヒーローが存在するけど、ヒーローがいない何千という星の平和を自分が守っているので、多忙だから地球にばかり構っていられないとの事。

随分と忙しそうですね。

キャロル・ダンヴァース(通称キャプテン・マーベル)は地球人だけど訳あってクリー星人に誘拐されて、その後は紆余曲折を経て地球に戻り超パワーが覚醒。
下手すりゃ目からビーム光線でも出せるんじゃないかという位のスーパーウーマン。

ネビュラはもう完全にアベンジャーズ側ですね。
トニーと二人で宇宙を漂流中に、子供の遊びを本気で楽しんでいた様子。
どんだけ不遇な子供時代を過ごしてたんや。

サノスは目的を果たした後は引退して農作業をして残りの人生を過ごしたいとの夢をよくネビュラに語っていたらしく、本当に農作物を育てて生活しているサノス。
リタイアしたサラリーマンか!

そしてあっさりと倒してしまった。

でも消滅した人々は戻ってこない。
周囲は絶望感が漂う重い雰囲気。
それから5年の月日が経過。
この間、良いアイデアが全く浮かばなかったわけです。

最悪ですよ、有効な手段が思いつかないまま時間だけが過ぎていく・・・

キャップはグループセラピーで人々の心に寄り添う活動、他の面々はナターシャを中心に地球各地の平和維持活動に従事、キャロルも定期的に報告会に出席している。
ロケットとネビュラも宇宙で活動をしているらしい。

噂によるとキャップのセラピーに、この作品の監督が参加しているとの事。
これだけの豪華キャストが出演する作品なのでプレッシャーは相当だったでしょうね。
キャップの言葉で多少は心が和らいだでしょうか(笑)

そしてトニー・スタークは、田舎の一軒家でサノスのようなリタイヤ生活!?
驚くことにペッパーとの間に娘が誕生し、一家三人で静かに暮らしていた。

トニーもサノスのような抜け殻に近い状態になっていて、娘と妻の存在だけが心の拠り所。
ちなみに娘の名前はモーガン。
今後の動向が気になります。

アントマンが量子世界から生還

生き残ったヒーロー達がそれぞれの活動に従事している頃、量子世界に閉じ込められていたアントマンことスコット・ラングが元の世界に戻ってきた。

そういえばスコットが量子世界に行ったままどうなったのか気になっていたけど、運よく戻ってこられたようです。

『アントマン&ワスプ』のラストシーンの真相は、サノスの仕業。
外でスコットを見守っていた三人が消滅してしまい、機器を操作できる人がいなくなり戻れなくなってしまった。
その後、実験機材を積んでいた車はサンフランシスコの倉庫に保管されたまま。
偶然にしても、戻って来られて良かったですね。

スコットの話によると、上手くやれば時間移動が出来る可能性がある。

そうなればサノスがインフィニティ・ストーンを手に入れる前に戻って、悲劇を食い止められるのではないかという事。

早い話がタイムマシンを製作する事を提案。

一体誰がそんなものを作れるんや。
あ、一人いた。

早速この話をトニーに持ちかけに言ったら、なんと拒絶。

完全に守りに入ってしまっている天才発明家。
やはり家族を持つという事は、そういう事なんですかね。
サノス関連のトラウマが大きいのだとは思いますが。

諦める事が出来ないキャップ達が次に訪ねたのはもう一人の天才ブルース・バナー。
生物学者なので専門外ではあるがなんとかバナー博士の協力を得て、タイムトラベル装置を試作してみたものの、実験は何度やってもうまくいかない。

そんな時、サポートAIのF.R.I.D.A.Yフライデーがいとも簡単にタイムトラベル理論を完成させてしまったトニーが颯爽と登場。

結局、製作に加わる事になったトニー。

タイムマシンを作っている間に、他のメンバーは各地に散らばっている仲間集めに奔走。

協議の結果、チームを三つに分けて作戦を決行する事に。

ソーとロケット組は特に大きな問題はなかったけど、他の二組で問題発生。

またしてもロキがやらかします。

そしてネビュラが大変な事なり、さらに大きな悲しい出来事も。

結果的にストーンはすべて揃ったけど、一筋縄ではいかない。
ここから色々と波乱の展開になっていくわけです。

最後は派手というか完全にカオス、関ケ原の合戦のような状況に。

そして姿を消したロキの消息は依然として不明。
何してんねん、アイツ(笑)

■ Amazon プライムビデオで他の人の感想を読む >>

※作品評価のの横の数字をタップまたはクリック。
※諸事情で配信が停止になる場合があります。

次回がフェーズ3最終作

『アベンジャーズ / エンドゲーム』は、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品の第22弾。
今回で区切りかと思いきや、次回がフェーズ3の最終作。

第23弾は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
サノスによる消滅から復活したニック・フューリーが暗躍し、ピーターは大迷惑!?

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズをまとめて解説

タイトルとURLをコピーしました