『シャーロック・ホームズ』あらすじ・感想 | 探偵というよりもスパイに近い

ロバート・ダウニー・Jrが名探偵ホームズ、ジュード・ロウが助手のワトソン君を演じています。

シャーロック・ホームズを主人公にした作品は他にいくつかありますが、この作品の特徴は二人共が武闘派だという事。

ホームズが暴走している時に冷静に制止するのがワトソンの役目というイメージがあったけど、二人揃って暴れ回るのが面白い。

しかもワトソン君はギャンブル狂です(笑)

『シャーロック・ホームズ』の詳細情報
  • 公開年  : 2009年
  • 上映時間 : 2時間 8分
  • 製作国  : 英米合作
  • 監督   : ガイ・リッチー
  • キャスト : ロバート・ダウニー・Jr / ジュード・ロウ / レイチェル・マクアダムス / マーク・ストロング 他

『シャーロック・ホームズ』あらすじ

1890年、ロンドンの某所で5人の女性を儀式と称して殺害したブラックウッドが警察に逮捕され、3ヶ月後に絞首刑が執行された。

しかし執行から数日後、墓が内部から破壊されブラックウッドが歩いている姿が目撃される。

私立探偵のホームズと助手のワトソンは、事件の真相解明に乗り出す。

【見どころ】主人公が二人とも武闘派の探偵コンビ

  • 頭が良いけど面倒臭い性格の男・ホームズ
  • 医師であり・ギャンブラーでもある相棒のワトソン
  • 敵か味方か、怪しい女・アイリーン

【登場人物 / キャスト】ワトソンは常識人に見えてギャンブル狂

  • シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)
    頭脳明晰な反面、面倒な性格の私立探偵。
  • ジョン・ワトソン(ジュード・ロウ)
    ホームズの助手であり友人でもある医師。
  • ブラックウッド卿(マーク・ストロング)
    怪しい儀式で5人の女性を殺害した罪で絞首刑になったはずが、どういう訳か復活した男。
  • アイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)
    過去にホームズを2度出し抜いた事がある魔性の女。
  • メアリー・モースタン(ケリー・ライリー)
    ワトソンの婚約者。
  • レストレード警部(エディ・マーサン)
    スコットランドヤード(ロンドン警視庁)の警察官。

感想(ネタバレ含む)ホームズとアイリーンの関係が面白い

舞台が1890年で場所はロンドン。

主人公は有名なシャーロック・ホームズですが、何ヶ月も外出せずに部屋に閉じこもっていたり、ワトソンの飼い犬を変な薬で仮死状態にする実験をしたり、何時間もかけてハエを集めてバイオリンの音色を聞かせたり・・・

知能指数は高いけど精神年齢が普通の人より大幅に低いのかな!?

私は原作小説を読んだ事が無いのでホームズの人物設定を調べてみたら、頭脳明晰で冷静沈着、拳銃の腕は弾痕でアルファベットの文字を書けるほど一流でボクシングも嗜んでいて、化学にも精通している。

しかし事件が無い日が続くと、退屈過ぎて(当時は合法)薬物に依存する傾向があった。
薬物ついてはワトソンが時間をかけてやめさせた模様。

完全に奇人変人の類ですな。

「事件・・・事件・・・ハァハァ」的な状態になるのでしょうか(笑)

うんどん
うんどん

ワトソン君がいなかったら完全に廃人やで、この人。
ちなみに原作ではワトスン。

音に出すとワトソン、文字にするとワトスンといった感じでどちらでも良いみたい。

この作品の面白いところは謎解き要素もさることながら、主人公のホームズと助手のワトソンの二人が武闘派でアクションシーンが多いという部分。

ホームズは格闘技経験があって、ワトソンも戦争に従軍していた経験がある。

原作によるとワトソンは戦争で足を負傷したみたいで、映画内では軽く片足を引きずっていて普段は杖を持っている。
ちなみにワトソンが使用している杖は、剣にもなる仕込み杖。

暴力を一切使わない紳士的な天才探偵ではなく、こういう野性的な人の方が多面性があって好きです。

怪しい女・アイリーン

今回の敵は黒魔術的な怪しい儀式で人々に恐怖心を植え付けてロンドンを支配しようと目論む、ブラックウッドという男。

しかしホームズの手にかかれば、怪しい黒魔術のカラクリは科学的に解明されてしまいます。

結局はブラックウッド卿の一連の事件にはタネも仕掛けもあったのだけど、ラストでしっかりと伏線が回収されて面白かった。

最後に気になっていた事がスッキリするので、見逃しは厳禁です。

この作品は続編があり、ブラックウッド卿は所詮は噛ませ犬的な存在に過ぎずハッキリ言ってどうでも良いのですが、気になるのはアイリーンという女ですよ。

ホームズとアイリーンは、ルパンと峰不二子のような関係にしか見えない。

この作品はただ謎解き要素だけに収まらずアクションシーンが多めで、ホームズとアイリーンの敵なのか味方なのか分からない関係が楽しい。

しかし全体的に一番の見所は、いつも散々に振り回されながらもホームズを放っておけずに手助けをしてしまうワトソン医師の優しさ。

事件現場ではワトソンがホームズに救われるシーンもあるけど、私生活ではワトソンがいるお陰でホームズは何とか生きていけているのではないでしょうか。

石川五右ェ門的なキャラはいないけど、ホームズ・ワトソン・アイリーンはルパン・次元・不二子の三人の関係に当てはめるとピッタリとハマって見えるのは私だけでしょうか!?

この映画は原作小説や他の人が演じた作品を知らなくても十分に楽しめます。

今回は、天才だけど私生活はダメ人間の探偵と彼をサポートする助手の医師、そして過去にホームズと因縁がある女の3人が、怪しい黒魔術師と対決する話。

次回作は、原作でホームズの宿敵となるモリアーティ教授が登場。

次回作 『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

映画『シャーロック・ホームズ』を視聴できるサブスク

当記事で紹介している作品以外の別の俳優が演じたシャーロック・ホームズの映画も、サブスク動画配信サービスで併せて鑑賞してみてはいかがでしょうか。

動画配信サービス比較・解説
サービス名月額料金(税込)同時視聴できる端末数無料お試し期間
U-NEXT2,189円4台31日間
Hulu1,026円4台
Amazonプライム600円3台30日間
各サービスの詳細は別途解説記事を参考にしてください。

無料期間中に退会手続きをしなかった場合は自動的に有料会員に移行します。
※Huluは無料期間がありません。

関連記事 『U-NEXT(ユーネクスト)』の特徴と入会方法の解説

関連記事 『Hulu(フールー)』の特徴と入会方法の解説

関連記事 『Amazonプライム(アマプラ)』の特徴と入会方法の解説